Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
  

紀子さんが悠ちゃんを産んだことを、櫻井よし子は「皇室のなんと鮮やかな切り返しだろう!」と言った。
皇室の底力を見たと言ったのは岩井克己だったか。

つい先日、30代の男女数人とおしゃべりする機会があった。
かつてある国立大学の大学院生だった人たちで、当時の主任教授が皇室廃止論者だったと言っていた(教授はまだ健在で廃止論は変わっていないらしいw)。
鰻w殿下の総研大博士号授与のいきさつがきっかけで、上記の発言になったらしいのだが、彼らと今の皇室について話が出来たのは僥倖だった。
普通ではなかなか皇室話って出来ない。

彼らに言わせると「皇室ってすごい!!!!!」と思ったのは、なんと雅子さまが皇太子妃に決まった時だったそうである。
昭和が終わって、本当に一般庶民の紀子さんが天皇の次男坊の嫁さんになった。
皇室に入る女性は、ただニコニコして手を振ればそれで事足りるところだと思っていたので、雅子妃のような高スペックの女性が皇室という場所に自分の生きる道を見つけたことで、皇室の未来、皇室の奥深さ、皇室の底力というものを感じたのだという。
それが、今や片翼どころか満身創痍で、毎週週刊誌にひどいことを書かれている一方で、ニコニコとお手振りし男子をあげたことだけが賛美の対象になっている女性がいる、やっぱり皇室は低スペックの女性が間に合う世界なのだ、と思い知らされ、教授の今すぐ皇室廃止論もむべなるかな、と思っているようだ。
「皇太子さんGJ!」と思ったと同時に、皇室にハイレベルの世界が展開しうる未来を感じた、その時の気持ちの明るさが記憶にわずかに残っているうちに、敬宮殿下がお生まれになった。
彼らは私のように眼を皿にして皇室記事を漁っているわけではないので、細いことは知らないが、それでも敬宮殿下が自閉症だの何だのと噂されたことは何となくだけれども耳にしていたらしい。
「世の中に障害を持つ子供は生まれていますから、皇室にそういう子供が生まれても別に不思議ではない。でも雅子さんみたいな人がお母さんなんだから、不幸な子にはならないという安心感みたいなのがありましたね」
しかし、ニュースに流れる皇太子ご一家を映像で見、それは悪質なデマだと認識し、またちょっぴり安心度が増したと言う。

小泉首相による女性・女系天皇の国会審議の最中に、紀子さん懐妊のテロップが流れたのを知っているのも、リアルタイムではないのも含めて全員知っていた(案外皇室報道は記憶に残るものだね)。
しかし、この頃41年ぶりの男子が報道規制で敬宮殿下ほどニュースにも出ず、ある噂が囁かれていることを知っていたのは、彼らのうち半分以下、後は忘れていた。
「キコさんには、雅子さんほど皇室の子供の教育ということについては安心感はありませんね。あの男の子(名前を知らないらしい)も、愛ちゃんがあんな噂があったのに大丈夫だったから、それもかなり優秀らしいじゃないですか、だから大きくなるに連れて(あの男の子も)なんとかなるわ、くらいに思ってんじゃないですかね。まぁ、私は教授ほどではないですが、ニコニコお手振りだけの今の皇室が変われないのなら、皇太子さまで皇室に幕を引いていただきたい気はありますよ。」

ノーベル賞受賞者を出した国立大学で、同じように研究生活を続けて、実力で博士号を取り、現在も大学でポストドクターで働いていたり、企業の研究所で働いている人たちにとって、それまで皇室はレベルの低いところだったのだろうが、雅子さまのように高スペックの人間が実力を発揮出来るところだと認識したことは、日本人として嬉しいものがあったのだと思う。
それが、結局はその高い能力をつぶすようなことになってしまった。
失望はより大きかったのだろう。

まぁ、皇太子さまの代になれば、という私に、彼らはシニカルに笑った。
「全然若いものに任せる気がないでしょう、天皇って」
「あれは自分も皇太子を40年もやらされた恨みがあるんだよ」
「24年ではまだ早いってかw」
まだその時は両陛下のロンドン行きは決まっていなかったが、彼らは天皇が皇太子にその役を譲るなどということは信じていなかった(事実、両陛下が行かれることに決定したのだが)
「世界のVIPが集まるところへは皇太子さんを行かせるべきだよ」
「でもあと16年はガマンさせられるんだなw」
「これからのVIP人脈を作るのに絶好の機会なのにね」

正田美智子嬢が「大学の英文科を出ている→英語ができる→和歌もうまい→「ナルちゃん憲法」なんて、子育ても専門的!」ともてはやされてから50年余。
国民は自分たちも勉強し、努力して、社会の一線で活躍する実力を培ってきた。
そういう人間たちにとって、今の皇室を見る目は冷ややかだ。

--------------------------

画像は1990年7月10日発行、アサヒグラフ臨時増刊

紀子さんの父方のお祖母さんが、書が堪能で、候文で嫁ぎゆく紀子さんに皇室へ嫁ぐことの覚悟を書いて送ったということで話題になったが。

短冊は

礼宮と紀子の御目出度をよ三て参ら須(あやのみやときこのおめでたをよみてまいらす)

宮中にめされ給う紀子の君 御身も心も苔のむすまで(きゅうちゅうにめされたまうきこのきみ おんみもこころもこけのむすまで)

アーヤは呼び捨てで自分の孫には「君」をつけてるけど、いいのかしらん?
当時83歳のお祖母さん、それなりに皇室への敬意はあったんだろうと思うが、やっぱり「人間平等よ」と言う気は強かったお家なのかな?

カナダのお人形
「毛皮は本物でございます」と言わずにいられないお祖母様。






  

美智子皇后のご英断でしょうか。
噂の真相が珍しく褒めています。

こんな先進性があるなら、回りくどい一代限りの女性宮家なんて言っていないで、女系容認、すっぱり男系女性天皇の誕生を実現させてくださいませ。
  

平成元年2月24日、午後3時15分。
葬列は武蔵野陵に到着、航空自衛隊が「哀の極」を演奏、弔砲が響いた。
国の行事としての葬列は御陵到着の時点で終了。
竹下首相らは、都内に引き返した。
引き続いて皇室行事の「陵所の儀」に入り、車を降りた一行は、古式装束の楽士が「道楽」と呼ばれる葬送の雅楽を奏でる中、宮内庁の中島式部副長の先導で、玉砂利の上を徒歩で400メートル奥の祭場殿に向かった。
(中略)
天皇が「御告文」を読むなど、皇室の行事は9時頃までかかって行われたが、その間の様子はTV画面に写し出されることはなかった。


-----------------------------

なんか美智子妃がすっくと背筋を伸ばして歩いておられるようで、こんな時ですが「張り切っておられる」ように見えます。
ずっと遅れてその後ろは皇太后陛下名代の常陸宮華子妃。
悲しみで小さくなってよれよれ(失礼)皇太后様ご本人かと思ってしまうほど。
あのしゃっきりとした華子様のご様子は見られません。

ルビー様が教えて下さいましたお歌はこの時のものでしょうか。

三笠宮妃殿下の御歌 
 
葱華輦になへる人の踏む沓の 
音の悲しさわれら従ふ 
 
常陸宮妃殿下の御歌 
 
何気なく犬は元気かと問ひ給ふ 
昭和天皇今はいまさず 

 
  

月輪陵内の天皇陵って、ちょっと偉い人とか、お金持ちでお墓に凝る人のとあんまりかわんないね。
お金のかからないように、陵墓も考えるとニュースでは言っていたけど、こんな規模にまで落とすのかしらん?
でも白樺は植えると思うな。
  

ここはよく美智子さんや鯰が行くよね。
皇后主催の「お内儀祭」というのが執り行われるらしい。
702年、持統天皇から平安時代の一部を除いて、天皇は火葬で、お寺さんにご厄介になっていたらしい。
ということは、この時代の天皇は仏弟子で仏様になって阿弥陀浄土におられる?

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika