Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
  

「お決まりのピースサイン」とあったが、なんか幼いなあ。
何時でもどこでもピースって、小学生みたい。
4枚掲載されてて全部ピースサイン、好きやねんなw

男性誌が皇室のことを書き出してるような気がするけど、なぜだろう?
以前武田邦彦先生の特別講義に出た時、ちょうど環境問題で、分別の話を女性週刊誌に書いておられたことがあったので、その理由をお尋ねしたところ、専門分野で発表するより、暮らしにかかわることだから、広く一般人にも知ってもらったほうが良いと思い、わざと女性週刊誌に載せた、という話だった。

それからすると、皇室話は女性週刊誌の専門みたいなところがあったが、広く男にも知ってもらった方がいいということだろうか?
でも、もとは明らかに未成年者である時期に飲んだ顔なんだが、モノクロだと全然わかんないな。
暴露というよりは、いたって質素な素顔を今時の若者やおっさんに広く浸透させようとの秋篠宮家の戦略なのかも?

明日はポストに美智子皇后とキコさんの「雅子妃いびり」が載るらしいし、ほんと、世の中変わって来ました。
やっぱり典範改正は必要かな?
買いにくい男性写真週刊誌である。
それがデカデカと「秋篠宮の海外(オランダ)公務でのわがままぶり」を写真付きで書き立てた時は、「やるな(ニヤリ」と思ったものである。

キコさんの悪行wが出た時、FRIDAYも書くかと思ったが、なりを潜めていた。

今回の敬宮殿下の記事は、巻末のカラーグラビアの前のページ、4分の1にも満たない小さな記事である。
どうでも書かねばならないものでもあるまいに(芸能ネタには困らないはずである)あえて載せざるを得なかったのか?

ただ、今まで寄ると触ると敬宮殿下の通学問題を書いていた雑誌に比べて、あきらかに内容がちょっと違っている点がある。

・皇后が気にしているので、近く皇太子殿下が「雅子様と愛子様の関係について話をする」場を設ける予定
・批判をかわすために(敬宮殿下の)お一人での登校に踏み切られたのではないか(宮内庁担当記者)

この2点である。

まぁ、変と言えば変である。
敬宮殿下が批判をかわすために今回お一人登校をされた、と言うならば、敬宮殿下はとうにお一人で登校出来る状態だったと言うことになる。

それはいつからだったのか?
雅子妃殿下は、やらないでもいいことをしていたと言いたいのか?

特にお元気そうに夏休みなどをすごされて、新学期からはきっと大丈夫、と週刊誌がワクワク記事を勝手に載せておいて、新学期初め、記者たちは「お一人登校」の写真をとろうと、学習院正門前ではどんどんヒートアップ、あげくに「やっぱり今回もダメだった」とニュースにまで流したのは何回あったか?
週刊誌は「付き添いが出来るのに、公務が出来ない」と何回雅子妃殿下を叩いたか?

批判をかわすために、ということなら、今まででもその機会は何度もあったはずである。
今回にかぎって「批判をかわすためにやった」というのは、ちっとムリがある。

------------------------*------------------------

この小さな記事の中に「宮内庁担当記者」というのが2回も出てくる。

校外学習では「ご学友と談笑されるなど楽しげなご様子だった」(宮内庁担当記者)

隠し撮りするために「宮内庁担当記者」も警備のパトカーを必死になって追走したことがわかる。
ご苦労なことである、と同時に、今までなら大本営発表をそのまま記事にしていれば、事足りた、ある意味楽ちんな職場だったのが、駆け出しのカメラ小僧よろしく、場所取りから苦労した怨念でもあるのではないか?

そして、もう一度、その楽ちんな職場に戻すために、宮内記者は宮内記者なりに、稚拙な権謀術数をめぐらせているのではないか?

そんな風に思えてくる。


そしてもう一つ見えてくるものがある。

美智子皇后が「宮内庁担当記者」の意見を案外鵜呑みにしているのではないか、ということである。

お祖母様なら言うことはただひとつ
「一人で登校出来るようになったのですね、良かったわ、ママも本当にご苦労様でした」なのだが、皇太子殿下に雅子様と愛子様の関係について話をさせるとは・・・(ため息)

自分の息子が、そのような(批判をかわすために)姑息なことをする人間でないということが、未だ信じられない不幸なお祖母様である。


bcc84733.jpg 久々に秋篠宮公務について、批判記事(?)らしきものが出ました。
ただ、非常に苦心した跡がありありと。
宮内庁のHPから天皇皇后両陛下・皇太子ご夫妻・秋篠宮夫婦の日程をまと  めている友人がいるのですが、彼女によると今回の秋篠宮のオランダ行きは大層重要な公務であったようです。
日本・ドナウ交流年2009より前に、オランダ行きのために外務省西欧課長が説明にあがるなど、オランダ関連のご進講は東欧行きよりも回数が多いそうで、(彼女のまとめHPが出来たら、ぜひリンクさせてもらいたいと思っているのですが)オランダ公務の外務省の力の入れようがわかります。
ただ、記事を読んで思うのですが、運河めぐりというのは、オランダにとっても「運河」は国の成り立ちにもかかわることですけれども、皇太子様を想定しての公務であったと思います。
皇室外交には、当事国へ行ってご挨拶するだけでも、しっかりやろうとするならその周辺知識は膨大なものを要求されます。
秋篠宮も水公務を持っていますが、ほとんどが国内省庁関係のものですので、オランダとは大きく異なります。
もっとも、運河めぐりなどは、早くからわかっていたことで、やろうと思えば出来ることだとは思うのですが、皇太子様と比較されるのが嫌だったのでしょうか?
どちらにしてもドタキャンは良くないですね。
動物園を入れてほしいなら、早くから要望として出すべきです。
そうすれば自分の研究にも役に立ち、オランダ側にも外務省にも面目がたつ公務となったと思うのですが、あまりこのご夫婦は自分たちの公務内容について事前に勉強していないことがよくわかる記事になってしまいました。
回数だけを誇るなら内容が薄いものになるのは仕方ないですが、公務の本質がおろそかになってしまうようでは本末転倒です。

随行員との食事が嫌だったのは、彼らとの食事が楽しいものであるはずがないことがわかっていたからでしょう。
どんな苦労があっても、最後のところは、普通は「お疲れさん」「ありがとう」になると思います。
ご夫婦は一応宮様ですし、無事に日程がこなれていけば、随行員にとってはそれが一番なのですが、あまりにも普通でないことがあったのでしょうね。
彼らの視線がいたたまれなかったのかな?
案外気が小さいお人かもしれないですw

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika