Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1874]  [1873]  [1872]  [1871]  [1870]  [1869]  [1868]  [1867]  [1866]  [1827]  [1822
 

日本を代表されるただおひとりというお立場の皇后さま、そんな最高の着手に巡り合えるということは、デザイナーにとってどれほどの励みになるかわかりません。

★皇后さまは、いつでも、そしてどこから拝見しても、そのお姿にまったく隙がございません。

★私は、以前から皇后さまには、皇后さまおひとりのスタイルを持っていただきたいと思っておりました。(略)私が皇后さまに、そのように申し上げましたところ、「それがよろしいですね。私も同感です」とおっしゃられました。

★皇后さまのお洋服をおつくりするにあたって、心がけておりますことは、皇后さまというただお一人の方であるというお立場やお役目にふさわしい服をお作りするということ。

★皇后さまは、日頃は驚くほどにつつましく、贅沢をされませんが、ことある時には、皇室ならではのご立派な装いをごく自然になさいます。

★決して日本調だけにとどまらず洋装に溶け込むように作らせていただいております。(略)まさにただおひとりのお立場である皇后さまのためのスタイルであると思っております。

★皇后さまは、いつも明るく自然にこなされ、お人柄からあふれる微笑みが、何よりも、お服をより美しく引き立てているように感じております。

★私にできますことは、お忙しい公務の合間をみて頂く仮縫いのお時間をできるだけ短くして、少しでもご休息のお時間にしていただけるように努めることぐらいでしょうか。

繊細にお見受けする皇后様ですが、芯はご丈夫なのでしょう。女官さんたちのお話ですと、御気分が悪いとか、頭痛がするとかでお休みになることは、全くといっていいほどなく、日程のキャンセルもほとんどないとのことでした。

★皇后さまのお洋服を作らせていただくという大きなお役目も、皇后さまのお優しいお支えとお励ましのお言葉がなかったとうてい遂行できるものではなく、いつもこころから感謝しながら現在に至っております。




★お側にお仕えするものとして、申し上げるといたしましたら、どうぞお体を大切になさっていただきたい、ただ、そう願うだけでございます。

                     
   ※植田いつ子=美智子皇后デザイナー(別冊週刊女性・ご成婚40周年記念号より)
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 自己満足のドレス
植田いつ子さんは、本心ではどう思っていらっしゃったのでしょう? 

美智子さんは、ある程度自分でデザインした服を、プロのデザイナーに作らせているな、と子供のころからずっと思っていました。

いつもあの奇妙なケープ、マントのスーツ。
あのデザインで、数えきれないほど服を作ってます。
他の人は誰一人、真似しようとも思わないデザインですよね。

どうして、せっかくプロのデザイナーを自由に使える立場にあるのに、彼ら、彼女らに全面的に任せて、客観的な第三者の目で見て似合うものを作ってもらわないのか?

昔、二谷友里恵さんが結婚したとき、ウエディングドレスが植田いつ子さんデザインのものだったのですが、それは植田さんが、友里恵さんの母である白川由美さんのお洋服を、白川さんが映画女優のころから何十年も作ってきており、懇意であったからだと雑誌で読みました。



娘の結婚式での、白川さんの洋装での正装(帽子も着用していて、皇族がなさってもおかしくない格好でした)も植田さんが作っておられたそうですが、格調高くとても素敵でした。

それで、同じデザイナーでも、注文主、着る人が違うと、こうも違うものかと思ったのを憶えています。

もちろん、白川さんはこの年代の女優さんの中でも長身で、抜群にスタイルの良いかたですから、比較しても仕方ありませんが、容姿よりむしろデザイナーの使い方に大きな違いがあったのでは?と思います。

美智子さんは、なんでも自分で決めないと気が済まないんでしょう。
服装を見れば、大体、人となりがわかりますね。


また、この記事の写真に、佐賀錦を熨斗(のし)の形に細長く切ってドレスに縫い付けたものがありますが、これは、プロのデザイナーとしては受け入れ難いものがあったのでは、と想像してしまいます。
確かに熨斗は吉祥を意味しますが・・・。
美智子さんの思いつきというかアイデアに従ったのでしょう。

日本の文化を示すといっても、あまりにそのままというかあからさまですよね。
もう少し試行錯誤を重ねて、普遍性を帯びるまで洗練を重ねるというか、時間を待つということをしないといけないと思うのですが、思いついたものをすぐに形にしたという感じがします。
まあ、わかりやすいというか・・・。


結局のところ、同じようなオーソドックスなドレスを着ていても、欧米人には到底たちうち出来ないので、日本文化の特殊性を前面に出して、目くらまししているといった感がぬぐえません。

写真を見ても、まだお若いのに、驚くほど貧相で風格も何もあったものではありません。

それにひきかえ香淳皇后は、いつもオーソドックスなドレス姿でしたが、とても貫禄があり、ヨーロッパの王族方にも引けを取りませんでしたね。


昨年、寬仁様薨去のニュース報道で、チャールズ皇太子とダイアナ妃を迎えての宮中晩さん会の映像が流れたのですが、晩餐会場に入場なさる、秩父宮妃勢津子さまと、高松宮妃喜久子さまのあまりの立派さ、存在の豪華さ、威厳の大きさに、驚いてしまいました。
まさに燦然という言葉がぴったりでした。

ああ、このころの皇室はこんなに威厳があったのに・・・・と、つくづく考えさせられました。

しかしこの時も、美智子さんは最も着飾っているのに、萎れた花のようで、先の両妃殿下の足元にも及ばないといった感じでした。


雅子さまは、日本人には珍しく押し出しがよく、華のある方なので、早くこうした晴れやかな場所にお出ましいただきたいですね。
オランダの時のような10年前の衣装ではなく、今、新調した衣装で。

美智子さんのように、お金をかけて、いろいろ自己満足な小細工をしなくても、普通のローブデコルテとティアラだけで、びっくりするほどゴージャスです。

外国のお妃にも全く引けを取らない見栄え(もちろん中身もですが)の皇太子妃がいらっしゃるというのに、もったいないことです。

美智子さんは、本当に驚くほどコストパフォーマンスの悪いお妃でしたね。

一日も早く、美智子皇后の奇妙な衣装にかかる支出を、雅子さまの新しいドレスに振り替えていただきたいものです。





お茶のお稽古 2013/08/14(Wed)23:50:12 編集
♥ Re:自己満足のドレス
家庭画報に植田いつ子さんのドレスが載っていて、オーソドックスな、でも素敵なドレスで、この人はこういう服も作れるんだ、と妙に感心してしまったことがあります。

>美智子さんは、本当に驚くほどコストパフォーマンスの悪いお妃でしたね。

まだ現役ですよw
これからもますます、という感じです。
今はあの蝉の羽根みたいな薄ものマントがお気入りなのかしら、似たようなのいっぱい作っておられますね。
1/3管理人  【2013/08/15 00:01】
♠ キコサンと同じ
>まだお若いのに、驚くほど貧相

うんとお若いころのぽっちゃりは七難(数えたらほんとに七つありました。)を隠していたけれど、痩せて体型があらわになって以降、カバーするデザインに腐心されたのでしょうね。
しかも<ただお一人>のデザイン性も合わせて追求されるからどんどんと残念なことに。

綱渡りのような足の運びでO脚をカバーし、スターウォーズのC-3POのような所作で上品さを演出されている。
人知れず、気にしてらっしゃるんじゃないかしら、貧相に見えること。
シニカルマミー 2013/08/15(Thu)00:55:36 編集
♠ お側にお仕えするものとして、(以下略)
いつ子女史のこのおことば、その心を翻訳いたしますと

「なんも、言えねえ」

でございます。

あ、このとき「気持ちいぃー」とおっしゃっていたのは、きっと皇后さまの方なのでしょうが。
C3PO 2013/08/15(Thu)10:18:21 編集
♠ デザイナーごろし

プロジェクト・ランウェイという番組。
審査員が毛嫌いするときのセリフが「これはコスチュームだ、まるでサーカスにでもいるみたいだ。」なんです。
皇后陛下のドレスをあの番組に出してみたいな。


シニカルマミー 2013/08/15(Thu)10:45:58 編集
♠ 美智子妃vs華子妃で
あの飛行機事故で亡くなった向田邦子さんも、植田いつ子さんのデザインの服を着ていたそうです。
ある雑誌にワードローブが出ていました。
植田いつ子=美智子さまのデザイナー=奇天烈なドレスというイメージがあったので、「え、こんなオーソドックスなデザインをする方だったの」と驚きました。

昭和の頃は女性週刊誌は、とにかく美智子さま賛美オンリーでした。
そんなとき珍しく「美智子妃と華子妃の比較」みたいな記事が出て、微妙に美智子妃を下げていた。

美智子さまはデザイナーに「ここはこうしたら」と細かい注文を付ける。対して華子さまは「あなたはプロなんですから、私よりご存知でしょう」とお任せになる。華子妃はおっとりと品が良い、美智子妃は小うるさいと言わんばかりの記事でした。
美智子妃を「貴族的庶民」、華子妃を「庶民的貴族」とも。
美智子さまもこの記事を読んで、ショックを受けられたとか。
微妙な捉え方の問題で、今の雅子妃バッシングに比べたらバッシングとも言えない記事でしたが。
今読めば「さも有りなん」とうなずけると思います。

お若いころはまだしも、皇后になられてからのアメフトスーツ、蝉の羽ドレス、溜息が出ます。あ、逆の意味のね。でも人手も材料費も物凄くかかってますね。
昭和の証人 2013/08/15(Thu)11:14:23 編集
♠ こうも性格が出るものでしょうか(^ー^;)
>★私は、以前から皇后さまには、皇后さまおひとりのスタイルを持っていただきたいと思っておりました。(略)私が皇后さまに、そのように申し上げましたところ、「それがよろしいですね。私も同感です」とおっしゃられました。
(>'A`)>ウワァァ!!植田いつ子さん、罪な方。
ファンではないけれど洗脳されていた時期、子供心に何故ミテコ様だけ際物的なドレスなんだろう?と不思議でしたっけ。

先日の英国王室のDVDでは、ジョン王子が母である皇太子妃に向かって、「綺麗なドレスだね。でも、それじゃおばあ様(王妃)に勝てないよ。」というセリフがありました。皇太子妃(元公爵令嬢)は「それでいいのよ。」と穏やかに微笑んでましたわ。

★皇后さまは、日頃は驚くほどにつつましく、贅沢をされませんが、ことある時には、皇室ならではのご立派な装いをごく自然になさいます。
一度の海外渡航にドレス代3千万の事でしょうか?
植田いつ子さんが自由にデザインされた物を、同じ予算で見てみたかったです。

白文鳥 2013/08/18(Sun)10:27:14 編集
♥ Re:こうも性格が出るものでしょうか(^ー^;)
>>★私は、以前から皇后さまには、皇后さまおひとりのスタイルを持っていただきたいと思っておりました。(略)私が皇后さまに、そのように申し上げましたところ、「それがよろしいですね。私も同感です」とおっしゃられました。
>(>'A`)>ウワァァ!!植田いつ子さん、罪な方。

どうでしょうかね?
植田さんは、皇后さまのお考えを「忖度」なさったんだと思いますよ。
その前に、さんざん美智子皇后から「聞かされていた」んでしょう。
皇太子妃時代から作っておられるということだから、「デザイナーとしての立場を諦め、お仕えする者」との境地に至るのに、何年かかかったってことかしらw
1/3管理人  【2013/08/18 10:50】
♠ オンリーワンな美智子皇后さま
>★私は、以前から皇后さまには、皇后さまおひとりのスタイルを持っていただきたいと思っておりました。
>(略)私が皇后さまに、そのように申し上げましたところ、
>「それがよろしいですね。私も同感です」とおっしゃられました。




だから美智子皇后さまのお召し物を、誰も真似しないのですね。
私は真似したいとは思いませんけどね。絶対にそんな事は無いけれど、もしも下賜されても有り難迷惑になりそうなので、どこかの博物館とかに寄贈して、皆に見ていただくようにしたいです。

自分に自信が無いとか不安を持つ人は服に拘る事があるそうですが、ここまでオンリーワンなお召し物を見ていると、申し訳ないけれど邪推してしまいます。
ウォークインクローゼット 2013/08/18(Sun)16:01:33 編集
♠ ステージ衣装
佐賀錦を縫いつけたイブニングドレスですが、某女性演歌歌手が似たようなステージ衣装を着ていました。テレビ番組で「着ない和服をドレスにリフォームしたんです。」と話していましたが、このドレスを真似したのかしら? でも某女性演歌歌手のドレスのほうがステキでした。

このドレスを見ると思います。佐賀錦を縫いつけるぐらいなら、いっそ着物にすればいいのにと。
美智子さまは以前、着物にティアラを付けていらしゃったことがありますが、そんなケッタイなことなさらずに、洋装なら洋装、和服なら和服にすればよろしいのに。

中途半端に見えるのは私だけでしょうか。
明星・平凡 2013/08/18(Sun)16:18:42 編集
♠ 「ただお1人のお立場」の強調
美智子さんの珍奇なドレスの数々は、植田いつ子さんによれば皇后という「ただお1人のお立場」ゆえなんですね。なんだかへんてこドレスの言い訳のように聞こえますよ。

その証拠に、ただお美智子さん以上に「ただお1人のお立場」でいらっしゃるエリザベス女王陛下のお召し物は、色目はとても華やかですけど、デザインはオーソドックじゃありませんか。
香淳さまも、雅子様も、オーソドックスな装いのなかに品格と独自の魅力があふれています。

言葉を変えれば、美智子さんには、他の人には真似のできないドレスでなければ品格、魅力がだせないと言うわけで、決して美智子さんを手放しで褒めているわけじゃないんですね。

でも、植田さんが「美智子皇后のデザイナー」として名を残すなら、他にどんな素敵なドレスがあってもそんなものは忘れられて、「あの変なドレスをいっぱい作った変なデザイナー」として悪名が残ってしまうんじゃありませんか?

ガーネットさま
お盆大変でしたね。足はとても大事です。どうか無理をなさらず、ゆっくりなさってください。
私は都会の核家族なので、お盆といってもちょっとお供え物をしただけで、いたって気楽なものでした。

マキハハ 2013/08/19(Mon)09:17:43 編集
♠ デザイナーいたの?
…美智子皇后。私が子供の頃は、最新流行のファッションに身を包んでいらした記憶があります。
しかし、ハッと気づいたら、いつもホットケーキを頭に乗せて、肩パッド入れすぎの変な服になっていました。あの変な服をデザインした人がいると言うこと自体、驚異です。
三之丸美術館での百合子妃のお姿を拝見して、なんかこちらの方のほうが…(以下自粛)
普通の服装では、特別な立場に見えないと思っておいでかな。まぁそうなんだけど。
射手座 2013/08/19(Mon)10:29:59 編集
♥ Re:デザイナーいたの?
>普通の服装では、特別な立場に見えないと思っておいでかな。まぁそうなんだけど。

あのお姿があると、そばに天皇陛下がおられる!とすぐわかりますからね・・・って、目印かいw
1/3管理人  【2013/08/19 11:14】
♠ 美智子皇后のご本質。
>皇后さまおひとりのスタイル
>皇后さまというただお一人の方
>まさにただおひとりのお立場である皇后さまのためのスタイル
>それがよろしいですね。私も同感です



周囲との調和より、まずは美智子皇后お一人だけが重要で、また美智子皇后もそれを望んでおられます。
いつかの欧州訪問において「小さな帽子で目立って良かったわ。」と帽子デザイナーにおっしゃったそうですが、周囲から浮いて目立ち、それが良かったというのは、香淳皇后とはあまりにも違います。

香淳皇后は、皆と一緒に浮彫になるのを望まれた。
美智子皇后は、ご自分だけのスタイルを望まれて、目立って良かったとおっしゃった。

どちらの皇后が、周囲に本当に心から配慮されているのか。

管理人さま、このような資料を紹介して下さり感謝いたします。このような資料が無ければ、香淳皇后への誤解は解けないままでした。
これからもこのような資料アップをお願い致します。


ミラー 2013/08/19(Mon)16:27:16 編集
♠ 管理人様
>どうでしょうかね?
植田さんは、皇后さまのお考えを「忖度」なさったんだと思いますよ。
はい、ミテコ様が言って欲しがっている言葉を言ってしまわれたという意味で・・・。だって、「それがよろしいですね。私も同感です」って凄いセリフですよ。待ってたのよ~♪その言葉♪ウフフ~♪と微笑むミテコ様が目に浮かびました・・・。

>「デザイナーとしての立場を諦め、お仕えする者」との境地に至るのに、何年かかかったってことかしらw
ミリ単位で指示を出された時点で、作品はデザイナーの手を離れたも同然。いっそコレは別物なんです。ミテコ様企画です。としたほうが精神衛生上良かったりして?

ミラー様が仰っていますが、あの小さな白い帽子エピはチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式です。しかもドレスは裾に辛うじてブルーが入ったまっ白!!隣の席の王族の目ん玉ひん剥いたびっくり顔が目に焼きついております。究極のKYでっせ・・・。(帽子には白いベールも付いてたの♪ミャハ)
白文鳥 2013/08/20(Tue)14:28:44 編集
♥ Re:管理人様
>>どうでしょうかね?
>植田さんは、皇后さまのお考えを「忖度」なさったんだと思いますよ。

「忖度」なんて生ぬるいわね。
「こうでは?」
「ああでは?」
って、植田さんが言うたびにダメ出しされて、最後に
「どうしてわかってくださらないの?」って迫られたのかもしれないw

>はい、ミテコ様が言って欲しがっている言葉を言ってしまわれたという意味で・・・。だって、「それがよろしいですね。私も同感です」って凄いセリフですよ。待ってたのよ~♪その言葉♪ウフフ~♪と微笑むミテコ様が目に浮かびました・・・。

ほんとにね、すごいです。
こういうことが言えるんだ!
ほんと変わった人ですよね。
どういう教育したらこういう人間が出来るのか、ちょっと興味ありますね。
ま、とりあえず、天皇大権が取り上げられている時代でよござんしたよ。
でなきゃ、日本でも北洋艦隊が頤和園に化けてたw
1/3管理人  【2013/08/20 17:14】
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika