Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2755]  [2754]  [2753]  [2752]  [2751]  [2732]  [2748]  [2747]  [2746]  [2745]  [2744
 サンデー毎日 7月20日号

  

天皇陛下があえて問うた「護衛艦は救助に向かわなかったのですか?」
>「(随行するのが)護衛艦だという話をみんなが(事前に)聞いていたんですか?」
>「護衛艦は救助に向かわなかったのですか」
>「護衛艦は、そういう時には助けないという、そういう決まりになっていたんですか?

護衛艦・護衛艦としつこいなぁ、と思いつつ、天皇はいったいどういう答えが帰って来るのを期待していたのかとちょっと不思議に思った。

特に1行目の

>「(随行するのが)護衛艦だという話をみんなが(事前に)聞いていたんですか?」

なんか、意味不明に思える。
護衛艦が随行することをみんなが聞いていたのかどうか、聞いてなかったならどうだというんだろう?
なんかのっけから

>「ペンギンの個体差はありますか?」
(相手の水族館の館長「?」)
>「どうですか?」

とたたみかけた天皇の二男を思い起こさせる。

-------------

今生さんは1933年(昭和8年)生まれ、終戦の時は12歳だから、当然軍隊を知っていたはずだし、まだ初等科に入ったばかりの頃に閲兵する姿をフィルムで見たことがあるが、侍従さんに兵士の方をちゃんと向けとばかりに頭を持ってグイと正面を向かされてもいたから、将来自分が大元帥閣下になるということも吹き込まれていたろう。
というより、そのように育てられていた筈である。

終戦時、苦労というより不安が先に立つ日もあったと思うが、バイニング夫人のおかげでGHQに特別扱いをしてもらえて、中等科時代にはもう御所の中をスクーターなどを乗り回して遊んでいた映像も残っている。
アメリカから戦後どっと入ってきた「享楽的」なものをいち早く享受しているわけである。

美智子さんと結婚してそれはピークに達した。

妻はハリウッドスター並のおしゃれ着に身をやつし、その家庭生活は幸せいっぱい、国民のあこがれと模範としてもてはやされて平成に突入した。

そのうち国際的には謝罪と慰霊が売りになり、国内的には災害地めぐりがメインになっている。

70年の間に今生さんの脳内では、護衛艦は「学童を見捨てた」悪いヤツに変容していたとしか思えない。

「護衛艦は救助に向かわなかったのですか?」

なんか嫌な言い方だよね。

対馬丸の遭難で命を落とした人たちを軽視するわけではないが、戦争中でしょ、敵の潜水艦にやられたんでしょ、台風が接近していて夜だったんだよね。

どうしようもないではないか、とぶつぶつ言っていたら、娘が「アニメ見たんじゃない?そんなようなこと言ってたよ」と言った。

夏休み、子ども会で映画会がありたしかそこで見て覚えていると言う。

ようつべで確認してみると

 

やっぱり言ってる(子どもの記憶は確かだわw)

「護ってくれるはずの護衛艦も逃げるように行ってしまった。」


  

私は忘れてしまっていたが、この映画の後で、「あんな凪いだような海、ありえへんわ」と言ったそうである。「外洋へ出ると波は高いわよ」
さらに「船が沈むときは大きな渦が出来る、それに巻き込まれたら助からないから、もしこういうことになったらなるべく早く船から離れるのよ」とウンチクをたれたとw。

-----------------

しかし、仮にも天皇陛下が「アニメで言ってたから本当だ」と鵜呑みにしたというのはまずかろう。

天皇皇后両陛下を初め、皇族の方々が公務でお出かけになる際には、事前に念入りに下調べなどしていかれるそうではないか。

まぁ、入念な下調べをしたうえで、「(ライオンに餌を)やりたい!」「すごい!」の方もいらっしゃるようですがw

でまぁ、ちょっと調べてみました。

この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 船が沈没する時ーーー
>船が沈むときは大きな渦が出来る、それに巻き込まれたら助からないから、もしそういうことになったら、なるべく早く船から離れる


これが正解。
船が沈む時、その船が大きければ大きいほど、渦は大きくなる。
沈みゆく船の大きさによっては、近くを航行する船ですら回避する。
その渦に引きずり込まれるから。

しかも外洋、荒れた海、夜、対馬丸に積まれていたのは救助船ではなく極わずかな筏ーーー平時であっても乗客の生存率は極めて低い、とみていい。



それでは、護衛艦とは何ぞや、という話であるが。

護衛艦とは、船を護衛(守る)するものであり、人を護衛するものではない。
人を護衛(守る)するのは海難救助船に乗った人間だ。



ライフセーバー、というのがある。
この資格は1年毎の更新で、毎回、試験を受けねばならない。

あるライフセーバーは言う。
「溺れた人間を見たら、どうするか? 絶対に一人で助けたくない。出来るかぎり多くの人を呼び、多くの人で助ける方法を選ぶ。」
そのライフセーバーは続ける。
「溺れる者は藁をも掴むではないが、すがりついてきて、それがこちらの動きを封じるので怖い。」

そこで素人は言う。
「それではライフセーバーとして失格ではないか! どんな状況であれ助けるのがライフセーバーだろう。人だろう。」

そのライフセーバーは言う。
「そうなったら、溺れる人間の頭を押さえて沈ませて失神させる。その状態で救助する。でないと救助する側も死ぬ。」



軍の元帥になる人間であれば、軍事学はもちろん、こういう(公然とは言えないが)事実を知っていて当然のはずであるが。

国家総動員法、学童疎開、それらをリアルで知る人間であれば、疎開して寂しかったのは自分だけではないと理解できたはずであるし、理解していなければならないはずだ。
しかしそれを理解できず、ボクチン寂しかったんだ、と言い続けているのが、他ならぬ「次の元帥になる義務を負うていたはずの者。」だというのが、戦争犠牲者への慰霊が中身の無いパフォーマンスにしか見えないという現実ーーーと言えるだろう。


人でなし 2014/09/13(Sat)04:22:46 編集
♠ こんな阿呆が天皇陛下
両陛下は公務の前に公務に関することを入念に調べると聞いていましたが、そんなことはないことがわかりました。


こういう質問をまだ小学生のショーライノテンノーがするならわかります。

しかし、80になるというのにそんなことも今まで知らなかったなんて信じられません。

知ろうともしなかったのでしょうか。

どうして昭和天皇からこんなバカ息子が生まれたのか本当に不思議です。

もし昭和の天皇が裕仁親王ではなく明仁親王なら天皇の歴史は終わっていたと思います。
バラライカ 2014/09/13(Sat)20:09:58 編集
♠ ちゃぶの養育係って誰ー?
お嬢さん、流石の記憶力ですね。
当時の管理人様のウンチクも最高w

一見、美談っぽい話を鵜呑みにせず多方面から検証する練習は幼児期から始めないとアホに育つと思ってまふ(`・ω・´)
お嬢さん、母の有難み分かっているかしらん?

因みに私は管理人様のウンチク、「トッキュー」で学びました(^^;)
白文鳥 2014/09/13(Sat)23:16:48 編集
♠ 今生はいつも誰かを咎めている
東日本大震災の津波で多くの人や家が流されたことについて、今生は「なぜもっと高台に家を作らなかったのか」と言ったそうです。
後でなら何とでも言えます。
その時々の必要があって、たとえ危ないとわかっている場所でも家を作るし、そこで生きていかなければならない。それが庶民の生活というものです。
それを、最高に恵まれ、守られた環境に生活する人間が偉そうに「なぜ高台に家を作らなかったのか」

対馬丸の護衛艦だって、できれば子供たちを助けたかったに違いありません。しかし最早戦争も末期。
一つの船だって貴重だったし、沈没する船に巻き込まれて船もろとも多くの将兵を犠牲にすることはできなかったと思います。

結局今生は「いろいろ気が付くオレサマえらい」って威張りたいだけの人ではありませんか。

マキハハ 2014/09/13(Sat)23:51:57 編集
♥ Re:今生はいつも誰かを咎めている
>東日本大震災の津波で多くの人や家が流されたことについて、今生は「なぜもっと高台に家を作らなかったのか」と言ったそうです。
>後でなら何とでも言えます。
>その時々の必要があって、たとえ危ないとわかっている場所でも家を作るし、そこで生きていかなければならない。それが庶民の生活というものです。
>それを、最高に恵まれ、守られた環境に生活する人間が偉そうに「なぜ高台に家を作らなかったのか」


ええっ!
やっぱりねじを締める方向が狂ってる。
1/3管理人  【2014/09/14 18:24】
♠ 無題
初音ミクもご存じなようですし、アニメからの情報も有り得なくはなさそうwwwちょっと面白いww
NONAME 2014/09/14(Sun)00:12:41 編集
♠ 今生は自分の過ちを隠す
今生は、ブルーギルを移入したのは食糧増産のためだと言ったけれども、それは違う。

本当は、釣りやすい魚だから米国に注文した。

食糧増産のために移入されたのは、ブラックバスだ。

今生は隠している。
今生は嘘つきだ。
今生は帝の資質無し!

ブラックバス 2014/09/14(Sun)09:04:50 編集
♠ NONAMEくん
HNとタイトル書いてくれ~
いつも来るあいつと間違えたではないか!
一読者 2014/09/14(Sun)09:06:25 編集
♠ re:今生はいつも誰かを咎めている
今生()の発言

>もしこの度の被災地域の人が,奥尻島の津波災害の状況を更につまびらかに知っていたならば,

>一刻も早く避難することにもっと力を注ぎ,

>より多くの人が助かっていたのではないかと残念に思われてなりません。



でもね、どれだけ危険か知っていても、愛する家族を、愛する人を、大切な人を迎えに行きたいと思うのは、人として当然だよね。
「置いてゆけない。」「連れてゆきたい。」と思って引き返して亡くなった方が大勢いる。
そういう方々の気持ちを考えたら、「一刻も早く避難していれば。」なんて軽々しく言えないし言ってはならないのでは。

それを平気で言っちゃう、言葉にしちゃう今生()って......





今生()夫人の発言

>多くの日本人が,皆静かに現実を受けとめ,助け合い,譲り合いつつ,事態に対処したと知ったことは,

>私にとり何にも勝る慰めとなり,
>気持ちの支えとなりました。



被災者達が苦労しながらも互いに助け合う姿は、あなたの慰み(なぐさみ)になったのですか、そうですか。

まるで、被災者が増えれば増えるほど、あなたの慰み者が増えるようですね。


リアス 2014/09/14(Sun)11:09:49 編集
♠ 未確認情報だけど、エリザベス女王はスコットランド独立に関しては沈黙を守っているそう・・・・
沖縄の一部では、沖縄の日本からの独立を主張する勢力が顕在化し始めている。
これは、天皇皇后が沖縄に「心を寄せている」事と関係が無いとは言えないと思う。こんなに天皇皇后が煩雑に沖縄について言及したら、ある種の誤解が生じてくるの当然である。公然と政治介入してるの同然である。

折しも、英国ではスコットランド独立に関する住民投票が行われる。女王としては、スコットランドが連合王国内に留まって欲しいには当然の気持ちである。
が、未確認情報だけど、エリザベス女王はスコットランド独立に関して一言も言及が無いそうである。
「君臨すれども統治せず」ですから、微妙な国内問題
での発言を控えておられるのは、君主の態度として王道を歩いておられる。

エリザベス女王と今生、どちらが君主として相応しいのか明らかである。
ウィルヘルミナ 2014/09/14(Sun)11:19:33 編集
♠ 津波てんでんこ
津波が来たら、人のことは構わず自分が逃げろという言葉
でも親なら子供を見捨てられない。
自分が生き伸びても罪悪感に死ぬほど苦しんでる人がいるはず。
今更、~れば~たらを言っても仕方ない。

何なんだろう、この今生()の残酷な言葉
被災者さえ自分の慈愛をアピする道具にしてDVD出す神経
一本松 2014/09/14(Sun)12:13:19 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika