Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 無題
美智子さんは母親に見えないわw
ピアノの発表会での先生と生徒さんみたい。
Rosa wichuraiana 2011/01/10(Mon)22:54:44 編集
♠ でも残念ながら
今の、例えばVERYみたいな雑誌を読んでるセレブママにとっては雅子さまより美智子さまのほうに憧れるだろうなあという気はします。
「子供だけの人生はいや、自分らしく生きたい」という人はこの綺麗に着飾った美智子さまに共感するかも。

一方、この写真の雅子さまは「妃殿下」というより「愛子ママ」って感じですよね。
子供のことを第一に考えてデザインよりも動きやすい機能的な服を着ていらっしゃる。

香淳さまのまなざしはまさに「慈母」そのものですね。
noelle 2011/01/10(Mon)23:26:24 編集
♠ 嗚呼これでは
すいませんが心理学的に言ったら、真ん中の人は病んでいると私は思います。
きっと、カメラ位置までご配慮されていたのでしょうね。

ぼんやりとした記憶に、とある母を思い出しました。美人な方でした。娘の手書きの本を自費出版したりして話題になっていました。でも娘より派手な色遣いの服を着ている母でした。
その娘さんは、林間学校で夢遊病で歩き出し、思春期になるとイジメの加害者になりました。家庭環境が透けて見えるような気がいたしました。

私に美智子妃の姿の記憶が「全く」ないのは、もしかしたら子供心に「忘れたかった」のかも・・・。
この御方を慈愛とかご配慮とか持ち上げているだけのマスコミは、どうなっているのだろう。nollieさまのご意見になるほどって思うけど、でも現代のセレブママだって、自分が着飾るときには、娘もリボンなどで飾ると私は思う。青一色で襟まで地味なんて可哀想。

ここへたどり着く前に、大手子育てサイトで「美智子皇后の子育てには問題があると思う、ご自身がカウンセリングを受けた方が良いと思う」と投稿したら、掲載されませんでした。わりとニュートラルかつ先進的なサイトだったので、日本を支配している常識の壁に驚きました。

しかし、左右の御方は、本当に健康で暖かい母性をお持ちでいらっしゃると思う。
雅子様は、リトミックをされるためと思いますが、とても自然でラフな服装。輝く笑顔の敬宮愛子様♪ もちもちとした手足の様子もお可愛らしいです。
雅子様は、日本人にしては、はっきりとしたお顔だちであり、そして高学歴であられるために、ずいぶん損をしていると思います。「お母さん!」って呼びかけたくなるような、あったかい母なのに。

香淳皇后のお姿も素敵ですね。昭和天皇陛下とご一緒の時とはまた違う、国母ではなく一人の母としてのお姿が見えるようです。上品なのに団らんが感じられ癒されました。

やはり今は昭和86年、そう心におきながら子育てをしたいと思います。

ふと皇太子さまが「母は『いろいろな方に教えられながらやってきたのよ』というように言っています」というように、会見などでおっしゃっていたのを思い出しました。どんなお気持ちが中にあったのか。もしかしたら、息子として、周囲の考えと、母の考えの衝突を見ることもあり、それらを大きく見守り見据えていたのかも知れないと、思い巡らしたりいたします。
ルビー 2011/01/11(Tue)00:09:39 編集
♥ Re:嗚呼これでは
>すいませんが心理学的に言ったら、真ん中の人は病んでいると私は思います。
>きっと、カメラ位置までご配慮されていたのでしょうね。

紀宮さまだけぼやーっとして、心ここにあらずって感じがしますね。
ママとお稽古しようという気がないみたい。
>
1/3管理人  【2011/01/11 00:33】
♠ Re: 母と娘
>ピアノの発表会での先生と生徒さんみたい
>綺麗に着飾った美智子さま

私も同じこと思った!
この美智子妃とサーヤの写真も  撮影会でのワンシーン って感じに見えちゃう。

なんでだろう? って考えて、こうだからかなぁって思ったこと。
これは、あくまでも私個人の場合なんで、同じファッションをしてらっしゃるピアノ教師を悪く言ってるわけじゃないんで、そこんとこは理解してほしいんだけど……
この写真って、美智子妃がサーヤにピアノを教えてるってことなんだろうけど、ピアノ指導する時って長いネックレスは(私は)控えるんだよね。
だって 「ここはこうなのよ」 って教える時どうしても生徒さんに近付くんだけど、長いネックレスだと生徒さんの頭に当たるでしょ? 頭に当たって髪に引っかかったりしたら嫌でしょ?
そういうのを見て(私こそ、重箱の隅を突きまくるような姑根性だけど^^;) 撮影会って感じ がしちゃうんだと思った。



>雅子さまは「妃殿下」というより「愛子ママ」って感じじですよね。子供のことを第一に考えてデザインよりも動きやすい機能的な服を着ていらっしゃる
>香淳さまのまなざしはまさに「慈母」そのもの

全く同じ!
真ん中の写真以外は  自分よりも我が子の笑顔・母娘ともに笑顔  の写真でステキだよね(^^)

それに、ミシンをかけてらっしゃる姫宮(誰でしょう? 分からない非国民な私です、ごめんなさい!) 敬宮様に似てらっしゃるような? 

両端は本当にステキな写真だわ♪
ガーネット 2011/01/11(Tue)00:45:05 編集
♥ Re:Re: 母と娘
>
>それに、ミシンをかけてらっしゃる姫宮(誰でしょう? 分からない非国民な私です、ごめんなさい!) 敬宮様に似てらっしゃるような?

池田厚子さん、順宮さまです。
池田さんは牧場経営をしていらしたので、「動物のお世話もすることになるかもしれません。とにかくやらねばならないことは何でもやるのですよ」と香淳さまは言い聞かせられたとか。
花嫁修業でミシンがけをおしえていらっしゃるところです。
1/3管理人  【2011/01/11 01:00】
♠ ReRe:嗚呼これでは
私は皇室について、ぼやっとしか見てきていなかったのですが、紀宮さまもお気の毒な人かも知れないですね。
「美智子皇后の良き相談相手だった」などと紹介されているけれど、ご本人としてのご興味や意志がどこにあるのか良くわからない。頻繁な里帰りなどを聞くと、脇役として刷り込まれてしまったご自身の、生き方に戸惑っているような気もします。

このそっけなさすぎる服にも「将来皇室を離脱する日のためのご配慮」とかがあるのかも・・・。だとしたら、母としてなおさら危険だと思う。
山岸凉子のマンガとかになってしまいそう。
ルビー 2011/01/11(Tue)00:55:30 編集
♠ 虚構
連投すいません(^^;;

>だって 「ここはこうなのよ」 って教える時どうしても生徒さんに近付くんだけど、
>長いネックレスだと生徒さんの頭に当たるでしょ? 頭に当たって髪に引っかかった
>りしたら嫌でしょ?

ガーネットさまのご意見で、なるほどって思いました。
そして、撮影会であったとしても長いネックレスをつけてしまうのは、普段はあまり教えていないのか、あるいは娘の頭に当たっても気にしていないのか。

いつも感じる美智子妃写真のリアリティの無さですが、この写真には違和感を通り越して怒りを感じます。私自身が遅い一人っ子の幼い娘を子育て中っていうのもあるかもしれないけど。

浩宮さまが幼かった頃の美智子妃の写真からは、わざとらしさも感じるけど、母としての嬉しさも感じる。でも、紀宮さまって、本来、年の離れて出来た初めての女の子で、普通もっと親は喜んで可愛らしく着飾らせ、娘の一挙一動に注目すると思うんだけど。
ルビー 2011/01/11(Tue)01:33:21 編集
♠ Re:Re: 母と娘
池田厚子さんでしたか! ありがとうございます!

>「動物のお世話もすることになるかもしれません。とにかくやらねばならないことは何でもやるのですよ」と香淳さまは言い聞かせられたとか。
>花嫁修業でミシンがけをおしえていらっしゃるところです。

内親王なのに、江戸を遠く離れた土地へ嫁がれたのよね。
でも香淳さまの教えは  立派! さすが香淳皇后!
内親王ではなく嫁として婚家先のお役に立つようにと、娘に教えたのね。

時は流れて・・・・・
明仁天皇は嫁ぐサーヤに 「家族であることには違いないから、折々に帰ってらっしゃ」 ← 降嫁して民間人になったって娘なんだから、いつでも帰ってよか
美智子皇后は嫁ぐサーヤに 「大丈夫よ」 ← これって今でも ? な言葉だわ

「清子は民間人に嫁ぐから」ってことで、母娘で国内各地を旅行したり、地味に育てたっていうけど  どっちつかずの中途半端  って感じ。



>ご本人としてのご興味や意志がどこにあるのか良くわからない。

サーヤって鳥類研究所(だっけ?)を辞めたのかなぁ?
旦那さんとバードウォッチングはしてるようだけど、本当に鳥類研究関連の仕事が好きなら、結婚しても(まだ妊娠してないようだし)時間的余裕があれば、もう一度非常勤として再就職すればいいのに。
(本当に好きで打ち込めるから勤務してたのか アヤシイ 感じがしてきちゃうなぁ) 
両親が高齢で心配だから折々に里帰りするのは分かるけど (私も最近は、実家ヘルプに行くことが増えたから分かる) 姑さんだって同じように年老いてるんだけどなぁ。
サーヤって両親孝行は記事になってるけど、姑さん孝行は全く入ってこないよね。
ウチの母なんて 「黒田さんのお母さん、可哀想だわ。娘さんいないんでしょ? 内親王だったお嫁さんと一緒に食事とか買い物できたら、そりゃ嬉しいでしょうに。でも清子さんって天皇皇后にベッタリみたいじゃない」 って言ってる(^^;)
ガーネット 2011/01/11(Tue)01:34:15 編集
♠ さらに連投
最近、うちの娘は、幼いながら鏡の前に立つのに興味を覚えるようになってきた。髪を飾りゴムで結んであげたり、花の模様の着いた服など着ると、本当に嬉しそうにしている。
それと、自然に親しんだり、男子と共にスポーツで頑張ったりするのは両立できること。ささやかでも女の子のおしゃれへの興味は、自分自身へののびのびした自信につながるから、暖かくとらえたいと思っています。ま、親バカではありますが。
明らかに自分より美人な母に、地味な服を着せられ撮影会に出されるのって、幼心に影を落とすと思うけどなあ・・・。

市井の民の話で申し訳ないけど、私の母はそこそこ美人だったので、講談社とかの絵本のお姫様に母が似ていて、自分は全くそうじゃないと気がついた時には、幼児だったけど、私はありゃーっとショックを受けた。(そこから男児的な趣味が始まったのかな?) なので、私は娘に自由にプリンセス気分を味あわせたいな。
ルビー 2011/01/11(Tue)02:18:43 編集
♠ ルノワールか!
ルノワールの絵でも意識されたか。確かに絵にはなってるけど、なぜこんな大きなコサージュ?
サーヤの椅子、低過ぎない?
先日名前の出た森英恵さんは、仮縫いの時自分の服の色が相手の邪魔をしないように黒しか着なかったそう。この御方は常に自分が主人公でしか、いられない人なんだね。
こうやって自ら教えた娘のピアノは、譜めくりさせただけ。
「さまざまな分野の才能を伸ばそうとされた」って、結果はどうなのさ。主婦としてさえハンチク。常に美しい母の影のような存在。降嫁してからもそこから一歩も出ていない。自分が母にもなれない。

母としての私は、娘に私を越えてほしい。私の時代はまだまだ女への制約が強かったから。この方は娘にも自分を越えてほしくないのかな。

心理学テストの絵みたいに、壺が人間の横顔に見えて以来、この人についてはネガの部分しか見えなくなった。
Rosa laevigata 2011/01/11(Tue)09:02:05 編集
♥ Re:ルノワールか!
>ルノワールの絵

ほのぼのならいいけど、つい笑ってしまったわ。
それならコサージュじゃなくて、サーヤの頭に大きなリボンを結んであげなくちゃねw.

>サーヤの椅子、低過ぎない?

ああ、そう言われればそうだわ。
サーヤは小道具だわね。
美智子さん、教える気あったのかしら?
まず椅子の高さと手のポジションを教えるから、サーヤがほんとに習っていたら、この年なら自分で調整するわね。
1/3管理人  【2011/01/11 11:47】
♠ おそらく
美智子さんとサーヤの場合は、初めから2人のピアノレッスンの様子を取材することが分かっていてきっちり準備をしたからこの格好なんでしょうけど、それにしたって、“日常生活の一端”を写すことが目的なのだから、コサージュは要らないでしょう…(笑)って感じですね。
日本の皇室のことを全く知らない人に、この3枚の写真を見せて、どの写真が母と娘を写したものでしょう?と聞いたら、真ん中の1枚は選ばない人も多いのではないでしょうか。
bu 2011/01/11(Tue)09:41:40 編集
♠ この写真で見えてくるもの
母と娘の写真で母と娘を演じている写真が混ざっていると言うことでしょう。
noelleさまがおっしゃったように絵として美しいかもしれませんが、子育てしたことが有る女性から見ると違和感がありますよね。
美智子さまは女性誌の期待を裏切らない美しい写真をお考えだったんでしょうw
>美智子皇后の子育てには問題があると思う、ご自身がカウンセリングを受けた方が良いと思う
これは鋭い意見だと思います。
雅子さまが心を病みはじめられた時か、ある医師が「本当は美智子さまが治療受けるべきだった」と何処かで(そう書いてあった雑誌)見たことが有ります。
凄く引っ掛かっていたのですが、こちらでの皆さまのご意見でそれは真実のような気がします。
皇太子妃(美智子さま)としての公務の忙しさで、本当に愛情を持って育てられたのは徳仁さまだけだったのでは?とかなり確信持ってそう思います。
文仁さん、清子さんは親の、母親の愛に飢えていたように感じるのです。
サーヤに関してはアダルトチルドレン?と思う節があります。
絶えず、母親を気にして、母親に好かれようとしていたと思われます。
高校までは、模範的と言えるぐらいお洒落せずにいましたよね。
大学では、みなさんその反動で美しくなっていくのに、一人だけそのまんまだったのがサーヤではなかったでしょうか?
美智子さまの付属品、引き立て役にずーーーーっと徹していましたよね。
とどめは結婚式!
普通親なら、あんな地味な披露宴(お茶会)は無いでしょう。
親なら、例え、地味に披露宴するとしても、もう少し工夫して美しくさせるでしょう。
公には出来ないご苦労が美智子さまには有ったと思いますが、それを内に秘める人では無いことが
ご結婚に際してのサーヤへのお言葉の中で
何時も、家の中を明るくしてくれる、以外に
「うちに来てくれて有難う・・・」とのくだりで、私の中で色々な疑問の1つの答えが分かったような気がしました。
トルコ石 2011/01/11(Tue)12:33:03 編集
♠ Re: 虚構  さらに連投  ルノワールか!
そうそう、そうなんだよね!

本当にピアノ指導してて  「頭に当たったり髪に引っかかったりしたら、子どもが痛がる」 ってことを知ってたら、撮影だろうとネックレス取っちゃうと思うのね。

椅子の高さは………サーヤに合わせると美智子妃の顔がシッカリ見えないから、わざと低くしたとか? まさかねぇ?(^^;)

あの大きなコサージュも、指導する時に子どもの頭にツンツン当たりそうだし。

指導が必要無いほどサーヤが完璧に弾けてたっていうなら、これまた話は変わってくるけど、それならそれで、サーヤがピアノ弾いて美智子妃が譜めくりしてる写真とか、ピアノ2台並べてのレッスン風景でもOKなわけであって。

だって、カメラマン目線でも国民目線でも 「さぁ、今からレッスンしましょうね」 って写真よりも 「ここの小節は、こうですよ」 って写真のほうが、ステキでしょ?

それと………譜めくり係って、それなりに弾ける(最低でも奏者と同レベル)人じゃないと、奏者にとって迷惑になったりするのよね(^^;)  弾いてるってことは当然、腕も(体も)動くから、ね?

ピアノって、実はそんなにマイナーじゃないから(習ったことないって言う人でも、友だちが弾いてるの見たことあったり、学校で教師が弾いてるのを見てるから、超珍しい楽器じゃないんだよね) 皆さんもこの写真を見て  あれ?  って感じるんだと思う。

それと 「お母さんと○○ちゃん、撮るよ~!」 って言われたら、まずは娘が綺麗に写るようにするのが母親だと思うけど、美智子さん&サーヤ母娘って、たいてい母親メインだよね?
母娘の愛情より 美智子さまNo.1  紀宮清子内親王No.2 ってのが濃くて、そういうのも  これが明仁皇太子と美智子妃の愛情いっぱいの暖かい家庭なのかしらん?  って感じちゃうんだろうね。
ガーネット 2011/01/11(Tue)13:19:29 編集
♠ 専制的なコサージュ
このコサージュの存在感は、威圧的にも感じられて私はどこか怖い。
トルコ石さんのサーヤはアダルトチルドレンではと言うお話、同じように感じます。
「象徴」として生きる天皇家では、「良い評判」「注目」というものを得るという意味は、市井の民よりも大きいのかもしれない。

それを専制的に得る事を宣言しているかのような大きなコサージュ。

長兄を諌める側にまわる事で、母のお気に入りになりたいサーヤ。だとしたら彼女もまた哀れのかも。
ルビー 2011/01/11(Tue)19:01:06 編集
♥ Re:専制的なコサージュ

>長兄を諌める側にまわる事で、母のお気に入りになりたいサーヤ。だとしたら彼女もまた哀れのかも。

なるほどです。
ことの本質をそれぞれが考えるのではなく、相対的な親子関係で判断する。
皇太子様の苦境に対して、今にいたるまで弟妹の独立した人間像は全然見えてこないですね(みんないい年なのに)。
1/3管理人  【2011/01/11 19:19】
♠ 確かに!
>でも現代のセレブママだって、自分が着飾るときには、娘もリボンなどで飾ると私は思う。青一色で襟まで地味なんて可哀想。

確かにそうですね。一般のセレブママなら娘と一緒にオシャレを楽しみたいと思うのが普通ですよね。
この紀宮さまのブルーの服もきっと材質は上等なのかもしれないけど美智子さまの服と調和がとれていないしどうしても美智子さまの引き立て役になってしまっている。
皇太子一家は一緒に出かけるときはいつも全体の調和を大事にしますよね。そして愛子さまがピンクや水色のワンピースをお召しになるときは雅子さまは必ず白いスーツで愛子さまを引き立てようとしているのがわかります。
すごく愛子さまを大事にしているのが伝わってきますよね。

>長いネックレスだと生徒さんの頭に当たるでしょ? 頭に当たって髪に引っかかったりしたら嫌でしょ?
>サーヤの椅子、低過ぎない?

ああ、なぜ違和感があるのかと思ったらそれなんですね!ものすごく納得しました。
日頃娘の練習を全然見てないんだな~って思いますね。

何年か前にどこかのバラ展に皇后陛下自ら出品された薔薇のアレンジメント。
ご自分の名前の「エンプレスミチコ」「プリンセスミチコ」はたくさんのバラを使って華やかにしているのに「プリンセスサヤコ」とつけられたものはチープな器に薔薇の一輪ざしなのを見て、ああこの方は娘を自分の引き立て役としか思っていないと確信しましたね。
noelle 2011/01/11(Tue)22:01:12 編集
♠ 母と娘
週刊朝日の「お付き添いは子離れできてない雅子様のせい」という記事読みました。他人事のように「色々事情はあるでしょうけど、子離れ、云々・・・」

私も小3という年齢を考えると、一日も早い通常登校をと願いますが、学級崩壊を招き(愛子様問題)以前にも優秀児の転校という事態を引き起こしている学校関係者がマスコミに向かって言うことか、とバカバカしくなります。

学習院の今に始まったわけでない悪評の責任を全て愛子様に押し付けるつもりなのだと思います。であるならば、転校なさるべきだと思います。公立小学校でも、授業中に縄跳びを振り回すことは聞いたことはありません。でも、学習院理事長によれば、それは「たわいもない事」のようですから、公立と比べて学習院は劣悪な環境です。
まして、皇室の御子弟の校内での活動についての私見をマスコミにペラペラ話すなど心得違いも甚だしいと思います。

悠仁様がどのような幼稚園生活を送られているかお茶の水から全く漏れ伝わりません。秋篠宮家の報道規制が徹底しているという事もあるでしょうが、お茶の水のお子様を守るという教育姿勢が優れていることもあるのだと思います。

このまま、良い話題であれバッシングであれ一挙手一投足が次週の週刊誌を飾る、しかもネタ元は学校関係者となれば、愛子様は益々学校に行きにくくなられると思います。
当分、教育的見地から一切の報道を控えるということは出来ないのでしょうか。どうして秋篠宮家と同様の対応が出来ないのでしょうか?
まだ小3の愛子様の長い義務教育期間を考えれば転校を真剣に考えられるべきと思います。

愛子様がどうしても不安を感じられる学校。内部情報を週刊誌に売る学校関係者が存在する学校。授業中縄跳びを振り回しているのが当たり前の学校。
公立の方がずっとマシな気がします。転校を余儀なくされた男児も公立で元気なようですし。私立間で転校が無理なら、公立へ転校されるのも一案だと思います。国民と共に歩む皇室なら一度公立で学ばれるのも良いかと思います。


今週は講書始め、歌会始と宮中の行事が続き、お付き添いもあって出席叶わぬ妃殿下とそれを招いている愛子様ということで、母と娘ともに批判されるであろう事は容易に想像でき暗澹たる思いです。
三輪 2011/01/12(Wed)14:32:40 編集
♥ Re:母と娘
そうそうと思い出して本屋へ行ってきました。
週刊朝日や文藝春秋って、私が行くスーパー内の本屋さんでは入ってくるのが遅いのです。
ついでに1~2冊しか入れないので、立ち読みしている人のを取り上げたこともありますw

>今週は講書始め、歌会始と宮中の行事が続き、お付き添いもあって出席叶わぬ妃殿下とそれを招いている愛子様ということで、母と娘ともに批判されるであろう事は容易に想像でき暗澹たる思いです。

そうですね。
それがわかっていてどうしようもないので、マスコミの姿勢に腹が立ちます。
1/3管理人  【2011/01/12 15:48】
♠ 最初からわかってたのに
>学習院の今に始まったわけでない悪評の責任を全て愛子様に押し付けるつもりなのだと思います。であるならば、転校なさるべきだと思います。

愛子さまがまだ初等科に入る前から学習院の治安の悪さはすでに週刊誌(文春だか新潮だか)で報道されていました。

雅子さまも本当は愛子さまを別の学校に行かせたがったらしいですね。多分上の報道を見て心配されたのではないでしょうか。

でも例によって千代田方面から愛子さまは「皇太子の長女である」という理由で学習院以外の選択肢を与えられなかった。雅子さまは「それ見たことか」と憤りを感じているはず。

一方子鯰は皇位継承資格のある身でありながら伝統の学習院に進まずお茶の水幼稚園にご入園。週刊朝日は「より自由な校風の環境を選択された、柔軟な考えの秋篠宮ご夫妻」と大絶賛。
これが愛子さまだったら各メディアそろって大バッシングだったくせに。

千代田も学習院も登校問題は愛子さまご本人のせいにしたいらしいけど、愛子さま以前から学習院は終わってたっつーの。
noelle 2011/01/12(Wed)22:24:36 編集
♠ キコさんにあって美智子さんにないもの
キコさんの授乳エピはよく目にしたけど、美智子さんの方はあんまりないんだよね。(ありました?)
一時期、「人工母乳の方が栄養のかたよりがないし(頭もよくなる)衛生的」って理由で、母乳ははやいとこ切り上げるのを推奨されたことあったそうだけど(母の話)、美智子さんもこの時期なのかな?
でも私が母になった頃はもう「母乳の方が良い」という時代に入っていて、今でもそうでしょう?
美智子さんもキコさんも要するに流行に敏感なのね(ミーハーなのよ)。
流行るものが必ずしもいいものばかりとは限らない。
私の時は「頭の後ろがぺったんこにならないよう、うつぶせ寝をさせましょう」ってのがはやった。
その後うつぶせ寝で赤ちゃんに事故が多発して、これがテレビで放映された時、ほんとにぞっとした。
ただ単に運が良かっただけで、馬鹿な母親だなと今でも反省します(亭主や子供には、それみたことかと言われたくないので黙っているけどね)

Rosa wichuraiana 2011/01/13(Thu)12:38:42 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika