Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
 

皇后さまの撮影は楽である。撮られ上手というのか、自然に撮影できるので助かる。

双眼鏡で遠くの岬をご覧になっているとき、陛下が風でよろよろされたとたん、傍らの皇后さまが後ろからさっと身体を支えられた情景はほほえましく、さすがと思った。(吉岡専造 「撮影日記」より」


                           

午前10時半少し過ぎに両陛下がお出でになる。陛下は「杖を持って来ればよかったね」とおっしゃりながら、皇后さまの足元を気づかっておられる。

陛下に、「ここから写しますと両陛下は小さくしか写りませんが」と申し上げると、「木が主役だからかまわない」とおっしゃる。(吉岡専造 撮影日記より)

---------------

時は移り、「アテクシ美智子が主役でなきゃ絶対イヤ」の時代に。
とっさに陛下を支えるのは草履を履いた時、と決めておられるらしいが、まだ実行はされておられないようである。

  

美智子皇后が天蚕を育てていて、ωちゃんが特別にもらったという記事が、何年か前あったけど、香淳さまの時から「天蚕飼育場」っていうのがあったのね。


                 



   


                  香淳さまの足音が響いてくるような


 

美智子妃は、皇太子妃時代に香淳さまのお手伝いをして、養蚕の技術を受け継がれたなんて、嘘くさいよねぇ。

養蚕所を綺麗に直させて撮影室を作り、美智子流養蚕を始めたように見えるわ。
  

1971年9月27日午前9時半、良子皇后陛下は初めて海外へ出られました。
今城女官を連れて行く、連れて行かせない、で「魔女」と呼んで今城女官を嫌っていた入江侍従長は、「それならもうお上お一方で、皇后さまはいらっしゃらなくて結構」とまで強弁し、今城女官を追放することに、このご訪欧を利用したが、秩父宮妃高松宮妃、また西武にお勤めだった島津貴子さんなど、「とにかく皇后さまには一度海外へ行っていただかなくては」と走り回られ、皇后さまの海外行に尽力されたとか。

この時は、皇后さまはお胸にカトレアのコサージュをつけておられます。
紺のワンピース、紺地に白い小さな模様入りのコート、白い帽子に白のハンドバッグ、白靴の皇后さまは、胸に白と紫の大きなカトレアの花がゆれ、日頃はお見かけしないあでやかさ、と毎日グラフは書いています。

------------------

で、本題の花束なんですが、前の「ご出立の良子皇后に皇太子妃美智子が花束をプレゼント」と書いてあった記事で、ふと疑問に思ったんです。

どうして美智子さんは良子さまに花束をプレゼントしたんでしょう?

いえね、写真集をひっくり返してみたんですが、実は良子さまの時代には、エリザベス女王とか、オランダのベアトリクス女王とか、飛行機に花束を持って乗るお写真はないんですね。

到着してからもらっておられるのはたくさんあります。

また、行く先々でウェルカムの気持ちで花束を贈られたり、サプライズで小さな子どもが花束を渡すということは、もっと頻繁にあります。

  オランダ・ロッテルダムで可愛い少女が歓迎の花束を。

ユーロボート計画と称して、オランダの誇る一大臨海工業開発の一端を、ロッテルダム港のニューコマース河口近くに立つ展望台からご覧になられた時も、この花束はちゃんとお側に持っておられました。

         


  これはダイアナ妃。

--------------

でも、美智子さんはちょっと違うような気がします。
あまりたくさん美智子さんの写真を持ってるわけではないですが。

  

↑ これが一番早いですかね、昭和35年、初めてアメリカへ昭和天皇名代として。
出立の時、羽田空港でもう花束を持っておられます。
「名代よろしくね」と良子さまから贈られたとかw(まさかね)
  

↑ ’67年、南米へ。東宮御所の玄関で、もう持っておられます。
コサージュとお揃いですから、この花束はご自分で用意されたものだと思います。



’78年、南米へ。これもコサージュとお揃いですね。



↑ 東宮御所からご出立の時、アーヤが結構大きいですから’70年代後半から’80年くらい?

--------------

良子さまに花束を渡したのは、(私の妄想ですが)「前回、花束がなくて
なんか華やかさにかけたから、今度は私が用意して、当日皇后さまに持たせてあげましょう。きっとお喜びになるわ。アテクシってどうしてこんなに気が利くのかしら、キャフ♪」という善意からだったのではないでしょうか。
「アテクシはずっと花束持って、出発するけど、あれはなかなかマスコミに評判いいんですもの」とか?



ヨーロッパご訪問の時に、羽田に「新貴賓室」が出来たようなので、やっぱり、貴賓室でお見送りのご挨拶時に、美智子皇太子妃は良子皇后陛下に

「この花束をお持ちになってくださいな」

って、渡されたんでしょうか。

--------------

マナーとかしきたりは知らないけど、下位の皇太子妃から上位の皇后陛下へ「ものを持たせる」って、失礼なんじゃないかな?

「WELCOME」とは違うものね。

「出かける時に、アテクシみたく花束持った方がいいわよ」って、指図っていうか批評したことになるんとちゃう?

出がけ際だから、「いらない」とも言えないし、良子皇后陛下、面食らったまま、なんとなく釈然としなかったんじゃないでしょうか?
それで、あまりいい気がしてないのがテレビに映ってわかっちゃった、と。

(あら、私の妄想の一つなんですけどね。本当は、「少しご老人特有の症状がまれに出るようになっておられたので、アメリカ訪問を急いだ」という話があったので、うっかりされただけだと思っておりますが)

まぁ、綺麗なお花にも負けないアテクシ、ということで、花を持って写真におさまるのは、わりにお好きみたいですw

              
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika