Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2448]  [2447]  [2446]  [2445]  [2444]  [2443]  [2442]  [2441]  [2440]  [2439]  [2438
宮内庁の「宮内庁関係予算」表を見ると、「宮廷費」が昭和の末年は2,541,563千円(つまり、25億)だったのが、平成になってから跳ね上がり、平成13年には6,986,511千円に達し、現在でも5,492,841千円。昭和の末年より30億ほども膨れあがっている。 
「宮廷費」とは、 
儀式,国賓・公賓等の接遇,行幸啓,外国ご訪問など皇室の公的ご活動等に必要な経費,皇室用財産の管理に必要な経費,皇居等の施設の整備に必要な経費などで,平成25年度は,54億9,284万円です。宮廷費は,宮内庁の経理する公金です(皇室経済法第5条)。 
(宮内庁ホームページより) 
つまり、平成になってから御公務が大変増えたことが推察される。 
皇族の数は減り、また高齢化が進んでいるのに、である。 
ついでに宮内庁費も、昭和の末年は8,262,891千円なのに、平成の現在は10,263,463千円にもなっている。約20億ほど増えている計算である。 
これも、宮内庁費とは 
宮内庁の運営のために必要な人件費・事務費などが主なもので,平成25年度は,102億6,346万円です。(宮内庁ホームページより) 
ということだから、全体として、皇族の活動「御公務」が、平成に入ってから昭和の末年よりも派手に大きくなり、その結果組織としても宮内庁につく予算が大きくなったと言うことである。 
宮廷費、宮内庁費、両方併せて約50億。(年間) 
こうやって膨れあがった「御公務」「皇室の活動」を維持拡大していくために、眞子内親王は卒業後就職もせず、御公務に励まれるわけである。 
なお、今後女性宮家として皇室に残ることを視野に入れるにしても、眞子内親王のお立場としては、そもそも三笠宮家の宜仁親王や、故憲仁親王と同等である。 
三笠宮家の親王方はそれぞれに御公務以外にも職につかれ、大変忙しくなさっていた。 
卒業後、何の仕事にも就かずに公務に励むというのは、直宮の方々に近い行動にも見える。 
いや、直宮の方々だって、御公務以外の御自身のライフワークを持たれる方が大半である。 
なのに、一宮家の内親王に過ぎない眞子内親王は、今後は御公務だけとのこと。 
御公務を膨れあがらせたのはこのためだったのだろうか、とすら思えてくる。


-----------------------------


今の天皇皇后両陛下の考える「新しい皇室」ってこういうことだったのね。

徘徊公務と言われて、必ずしも皇室のイメージを高めてはいないように思えるけど、精一杯考えて、天皇としてのご活動は「これだ!」とたどりついたのが、日本全国にご公務済のピン刺しと、世界一周フルムーン皇室外交。

皇太子さまが「公務の見直し」を口にされた時、一番ビビったのは両陛下だったかも。

それで、イエスマンの二男の方に後を継がせたい、となったのかしら?

天皇は眞子どんでもかまわないよって、今上陛下は言っておられた、にも拘らず、皇太子家に敬宮さまがお生まれになったら、やっぱり天皇はω付でなくちゃ、と言い出し、何でも言うことをきいてくれる御キサマが「それなら私が!」とw

へーせーって、予算獲得ということでは、たしかにやり手だったかも。

でも、皇太子妃に12年も前の着古したドレスでオランダ国王の戴冠式へ行かせるようなお金の割り振りでは、何の役にも立っていないわね。





この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 平成のマリー・アントワネット
NONAME様、貴重な情報をありがとうございます。数字で見ると平成の世の無駄使いが良く分かります。

瑶子様は電車通勤して、職場にかかってくる取引先からの電話にも出て、職場の人と飲みニュケーションと庶民と同じように真面目にお仕事をされています。
その御父上である寛仁親王が「皇族は収入の半分は人件費にとられるし、衣装代もかかる、その上健康保険に入れないから病気になった時の医療費がバカにならない。そんなに楽な生活ではないよ」と生前仰っていました。

旧皇族復帰案について竹田恒泰氏は「旧皇族をいくつか復活させてもかかる費用は数億円です。それで宮家が養えるのだから儲けもん」と言っていましたが、このNONEME様の事実を目の当たりにすると「どうでもいい公務がほとんどの平成の時代に蘇らせては困る!せめて次の皇太子殿下の時代になってからだ」と叫びたいです。
この宮廷費はおそらく4月からの大増税でもっと増えることになるでしょう。
バラライカ 2014/03/24(Mon)13:55:40 編集
♠ NONAME様への質問
>「宮廷費」が昭和の末年は2,541,563千円(つまり、25億)だったのが、
>平成になってから跳ね上がり、平成13年には6,986,511千円に達し、
>現在でも5,492,841千円。昭和の末年より30億ほども膨れあがっている。
>「宮廷費」とは、
>儀式,国賓・公賓等の接遇,行幸啓,外国ご訪問など皇室の公的ご活動等に必要な経費,

質問させて頂きたいのですが、宮廷費というのが国賓や公賓などの接遇に当てられる費用でしたら、どうして増えるのでしょうか?
昭和時代は、エリザベス女王陛下やローマ法王なども訪日され、皇室の外交親善も活発で意義深いものでしたし、昭和の皇太子ご夫妻はしょっちゅう外遊されていた印象がありますが、平成では国賓公賓で来られる方は激減しているように感じますし、皇太子ご夫妻が海外訪問される機会は少なく(またお出掛けでも着古しのドレスをお召しですし)飛行機代についてもバッシングされる状態です。
どうして、こんなに経費が倍増しているのですか?

>つまり、平成になってから御公務が大変増えたことが推察される。
どんな公務が増えたのでしょうか?行啓の数は変わりませんよね?
つまり、天覧相撲に見られるように、昭和天皇は私的とされていたものを、平成は全て公費で鑑賞されているということですか?

>ついでに宮内庁費も、昭和の末年は8,262,891千円なのに、
>平成の現在は10,263,463千円にもなっている。約20億ほど増えている計算である。
宮家の数は減っているというのに、どうしてでしょう?

平成皇室の公的費用は、昭和時代より50億も増えているなど、国民は知りませんし納得しないと思います。
全て昭和と同じ規模にすることは出来るのではないでしょうか?それは何も、質素であって頂きたいというのではないと思います、昭和と同じなのですから。

質素を旨とされている皇后様の平成にあって、どうしてこうなってしまったのでしょう?

「宮内庁はどうでもよい公務を増やして、自分達の利権を広げている」とテレビでおっしゃっていた竹田恒泰氏に、旧皇族復帰としてはともかく、宮内庁お目付け役に就任して頂きたいです。
普通の日本人 2014/03/25(Tue)15:02:57 編集
♠ 増えた公務 → 増えた外出
平成の両陛下に関するアナウンスで(昭和天皇は、そんな事しただろうか?)というのが多々ある。

スウェーデン国王夫妻だったと思うが、翌日に日本を離日するので、お別れの挨拶をすると云うことで宿泊先のホテルを訪問した、と云うのがあった。
その後で訪日した中国の要人にも、別れの挨拶している。

賓客へ別れの挨拶をすると云うのは良き事であるので、批判はしない。
しかし昭和時代、昭和の天皇はそのような事をされていただろうか?
そもそも、それまでに別れの挨拶などあっただろうか?

他にも「両陛下が希望されて訪問実現となった。」という言葉が、国内外を問わずアナウンスされた。

このように、昭和時代には聞かなかった外出が増えれば、勢い予算と云うものは増えるのではなかろか。

両陛下が外出するとなれば、公的私的に関係なく、何かしらの金銭が動くはずである。ましてや皇后陛下におかれては、いつも違う服で外出されている。
同じ服の時もあるが、違う服を見る事も多々ある。

服装だけで予算増とは思わないが、それでも毎年のように海外訪問をしているのだから(3.11前後の海外訪問は例年になく少なかった。)やはり予算は増えて当然である。

他にも、ホテル滞在ではなく宿泊所のような場所に泊まって質素にすると云う報道があったが、その宿泊所にはリフォームが入り、大膳課の職員を同伴させたと云うのを聞けば、質素どころか結局は物入りになるのではなかろうか。

天覧相撲については、昭和時代は私費扱いだったと云うが、平成になってからは公費扱いになったと云うので、それに関しても予算増の原因になったと見て良いのではなかろうか。

など様々な事を勘案するに、平成の宮内庁予算は増額を続けて当然であろう。

算盤 2014/03/25(Tue)16:03:55 編集
♠ 御公務の形が変わったのだろうか
管理人様、記事に取り上げて下さり、有り難うございます。

普通の日本人様、当方にも、なぜどうしてこんなに増えるのか、理解できないところがあります。
間違いなく言えるのが、宮内庁が組織として大きくなっていること(20億分)
また、皇室の公的活動が大きくなったこと(30億分)
また、これらの現象は、その年に何かがあったために特別に多くなったわけではなく、平成になってからコンスタントにほぼそうだ、ということ。
平成9年~21年などは、平成13年の69億を天井に、ずっと60億代で推移しているのだから驚きです。

ご公務の回数の増加ばかりでなく、やり方や規模が変わったことが想像されます。
私的活動に含められていたものが、御公務にされたものもあると思います。
戦後には、天皇皇后両陛下の外国語訪問はほとんどありませんでしたが、平成にはほぼ毎年のようにあります。
たぶん、皇太子ご夫妻訪問よりも両陛下のご訪問の方が、随行員等が増えて、費用が大きい、大がかりなものになるのではないでしょうか。
また、公的活動のための衣装と認定されれば、この宮廷費から出費されるとも伺いました。以前は私的活動と認定されていたものが、公的活動名目で支払われているのかもしれません。

平成に入ってからはむしろデフレ気味だったのですから、貨幣価値の暴落によっての増大でもなさそうです。

予算を使い切らずに余らせると、これは一般家庭や企業なら遣り繰り上手で喜ばれるのに、国の予算では「そんなに要らないだろう」と翌年から減らされると聞きます。
このため、役人に求められるのは、予算獲得拡大のために、予算を消化しきることであり、倹約ではない。
その意味では、平成の皇室と宮内庁は実に優秀なのでしょう。これらがどの程度必要な公務なのかはわかりませんが。

少なくとも思うのは、昭和の皇室の方がギスギスしていなくて良かったと言うことです。
NONAME 2014/03/25(Tue)18:28:35 編集
♠ NONAME様へ
お返事有難うございます。

26年度予算が成立し、消費税upで駆け込み消費の最中にタイムリーな話題を有難うございます。

>予算を使い切らずに余らせると、これは一般家庭や企業なら遣り繰り上手で喜ばれるのに、
>国の予算では「そんなに要らないだろう」と翌年から減らされると聞きます。
>このため、役人に求められるのは、予算獲得拡大のために、予算を消化しきることであり、倹約ではない。

無税国家論とまでは申しませんが、かといって予算消化のための不必要な年度末工事なんて、今どき子供でも知っているというのに、知らぬは官僚・千代田ばかり、といったところでしょうか。

改革好きでいらっしゃる両陛下が、昭和時代と公的費用を同じくするための大鉈を振るわれたら、文字通り「質素で慈愛で祈りの両陛下」になられますのに。

実際には、皇太子様が「時代に即した公務」により、これをなさろうとされた(と千代田が受け取った)ため、宮内庁あげてのバッシングに遭われているのかと拝察いたしました。

週刊誌も、雅子様が独身時代から持たれていたお品や、愛子様のバッグを叩いているのではなく、平成になって公的費用が50億も増えた理由を追及してくれた方が良いですね。

ところで、
>その意味では、平成の皇室と宮内庁は実に優秀なのでしょう。
>これらがどの程度必要な公務なのかはわかりませんが。
これは微妙かと存じます。
私のName「普通の日本人」は、以前も書かせて頂きましたが、ある経験からです。
数年前、両陛下の行幸に御年輩の方々は歓喜し、日の丸を手に手にお出迎えの沿道に立ったため、村中が空っぽになったことがあります。
そんな尊王心の篤い御年輩方でしたのに、一昨年の沖縄ご訪問の映像を見て、「けっこうなことだな」と冷めた感想を。
年をとれば伴侶を失う人も増え、病気で出掛けるのがままならない人も増え、年金生活では苦しい事もあり、ドアtoドアで御付きを大勢従えてお出かけの御姿に以前のような敬意を抱けなくなられているようでした。
お出ましが多ければ敬意が増すというものでもなく、むしろ逆効果な事も多いようです。

どんなに週刊誌が太鼓持ち記事を書いても、踊らない国民が増えている、それが純朴で真面目で普通の日本のご老人に増えている、という現実を目の当たりにした経験から、このNameで数回書き込ませて頂いたことがあります。

そのような風潮は、女性宮家の支持拡大を狙ってのコウムに対しても感じられます。

公費を投入すべき公務か?適正な皇族の人数は?
まずは昭和時代を見習い、50億カットからでしょうか。
普通の日本人 2014/03/25(Tue)23:19:14 編集
♠ NONAME様へ 公務激増について
NONAME様

両陛下の公務の激増ぶりは、ずいぶん前から言われています。
福田和也氏の本によると、国事行為や関連儀式などで、おおむね4割から6割、昭和時代と比べて増えています。しかしこれも、平成のごく初めの頃の数値(平成元年から平成9年)なので、平成26年現在、昭和と比べて、ゆうに2倍ぐらいにはなっているでしょう。

また、こうした国事行為などの公的公務だけではなく、非公式の「お茶」やお食事まで増大しているそうです。これまで天皇に会わなかったはずの人まで、宮殿に呼んだり、人事官の認証などにともなう儀式のレベルを、「記帳あいさつ」から「お茶」に格上げしたり、とにかく、天皇が仕事を大幅に増やしています。

そして、誰が見ても分かるように、やたらと、公務と称するお出かけが激増しています。それに伴って交通費、人件費、残業代、飲食代など、諸々かさむのは明らかです。
以前、BSの番組で羽毛田宮内庁長官と渡辺侍従長がテレビに出たとき、陛下自ら、少しでも空いた時間があると、公務を入れてくれと望まれる、と少し困ったように話していました。

私は、天皇が公務をこれだけ増やした理由は、宮内庁職員の反発を抑え込むため、言うことをきかせるため、だったと思っています。
代替わりしたころ、昭和天皇との比較から、現天皇夫妻は側近からの批判がとても強く、有名な美智子さまバッシングなど、度々マスコミに掲載されました。
天皇夫妻は、宮内庁の職員を黙らせ、マスコミに都合の悪いことをリークされたりしないよう、どんどん外出し、公務を増やすことで、宮廷費をはじめとする宮内庁の予算を増やしたのだと思っています。
要するに、宮内庁職員が反発しないよう予算という「飴玉」を与えたのです。公務員にとって、予算は何より大事です。自分の属する組織の予算額を増やしてくれる天皇夫妻は、宮内庁にとって利権拡大を実現してくれた功労者となったのです。だれも天皇夫妻を悪く言ったり、反発したりできません。

一方、東宮ご夫妻は、明らかにこの流れを断ち切ろうとして、「公務の見直し」と言ったことが、現在の東宮バッシングの始まりだったと思われます。
また、代替わりすると、東宮家がなくなります。東宮家は職員が70人ぐらいの大所帯であり、宮内庁にとって、とても大きな部署がなくなることを意味します。
各宮家には正規の職員はごく数人です。宮内庁にとっては、東宮家がなくなることは、予算規模の大幅な縮小に直結し、大問題なのです。
こうした問題から、秋篠宮の方が、宮内庁にとっては都合がよく、現在のような明らかに異常で不公正な報道となっています。もちろん、まっとうな職員はたくさんいるだろうと思いますし、そういう人たちは、今は黙っているのでしょう。

皇后が頻繁に出かける美術展なども、新聞社、テレビ局の協賛が多く、マスコミ対策の一環として行われていると思われます。

公務はすでに大きく利権化されています。おそらくこれが一番の問題です。
詳しくは、このブログからも(右上のところに)リンクされている「皇室問題INDEX設立準備室」というブログで、「雅子さまバッシングの棍棒として使われているご公務とは」、「両陛下の三大行啓」というテーマで、みなさん、様々議論されています。
ブログのトップページの一番下の「記事一覧」から探せます。

平成になってからの公務の異常さについて、もっと、多くの人が気付いてくれるといいですね。

お茶のお稽古 2014/03/27(Thu)16:29:40 編集
♥ Re:NONAME様へ 公務激増について
>また、代替わりすると、東宮家がなくなります。東宮家は職員が70人ぐらいの大所帯であり、宮内庁にとって、とても大きな部署がなくなることを意味します。

こりゃ、ぜーーったい、「皇太后職」を作るわねw

>各宮家には正規の職員はごく数人です。宮内庁にとっては、東宮家がなくなることは、予算規模の大幅な縮小に直結し、大問題なのです。

秋篠宮は「皇太子扱い」を要求してそうね。
宮家だけど「準東宮」とかって、100人ほどの組織を考えてるかも。
御キサマが「皇位継承券2枚」を振り回しているのが見えるw
1/3管理人  【2014/03/27 17:39】
♠ 着物で水やり
>こうした問題から、秋篠宮の方が、宮内庁にとっては都合がよく、現在のような明らかに異常で不公正な報道となっています。

と お茶のお稽古様が、お書きです。

http://imperialfamilyjapan.files.wordpress.com/2014/02/1391575707272.jpg
紀子さまが、着物姿で、植樹の水やりをされています。

http://imperialfamilyjapan.wordpress.com/page/3/
ここにペルー・アルゼンチンでの写真が

そしてそこからHOMEボタンを押せば最新ニュースである眞子さまの卒業写真が出てきます。

天皇皇后と秋篠宮夫妻が中心のこのHPを作ったのはどんな人?団体?なのかはわかりませんが、宮内庁の英語のページにリンクが張ってあったので、リンクをたどって、英語で初めて宮内庁のページを見てきました。私は、皇室には全然詳しくはありませんから、そこを見るのは初めてでした。
秋篠宮家の学歴とか、博士号とか、写真とか、何も知らない人が見たら、とても誤解するかもしれません。もちろん、紀子さまのお茶の水の博士号も。

宮内庁の英語のHPは、あきれるくらい秋篠宮家寄りと言うことがはっきりわかりました。

たまたま検索したら、高価な着物で、水やりをする紀子さまの写真が出てきて違和感を覚え、嫌な気分がしました。
なぜこの人たちだけ、こんなに海外旅行をして持ち上げられるのでしょう。

管理輪様はじめ、それについては、お書きですし、今更私のようなよくわからない者が少し古めのソースで書くのも気が引けるのですが、最初に書きましたHPになんとも嫌な気分がしたので、投稿させていただきました。
おいくら? 2014/03/28(Fri)20:42:55 編集
♠ 無題
こちらのブログは東宮一家のみ賛美。
皇室のことは実に下品に言い放ってますね。
東宮一家のことを批判するブログも拝見してますが
皇室のことは一切批判はしてなように思いますが?
寧ろ護りたい一身に見えます。
徘徊公務とか不敬極まりない言葉。
眞子内親王様の公務も国民としては有難いと
私は思いますよ。
東宮の公務は?如何ですか?
どのくらい、やられてますか?

内廷費、皇族費の違いに少々びっくりです。
東宮家1億2,400万、秋篠宮家 5,490万。
これは天皇家と宮家の違いなので当たり前なので
しょうが、実質、公務をしっかりなさっている
秋篠宮家には気の毒に思います。
ドレスの件、いくらお作りになられることは出来たのでは?まあ、それにしても古いと言う前に、あまりに
保存状況がよろしくなかったのか襟元の汚れは
ダラシナイの一言でお粗末でしたね。
信じられなかったです。
wwww 2014/04/07(Mon)17:58:28 編集
♥ Re:無題
>こちらのブログは東宮一家のみ賛美。

いえいえ、三笠宮家、高円宮家も賛美してます。私はネ。

>皇室のことは実に下品に言い放ってますね。

皇室のこと、ではなく、下品な人たちについて批判してると、下品になってくるのよ。
下品な人たちを上品に批判するなんて出来ないでしょう?
下品になりたくないから、あんまり言わないでいるんだけど、それでも最低のことくらいは言わなくちゃね。

容認しているとは思われたくないので。

それからあなた、「事実誤認」が多すぎます。

>東宮一家のことを批判するブログも拝見してますが
>皇室のことは一切批判はしてなように思いますが?
>寧ろ護りたい一身に見えます。

そのブログブログでコンセプトは違って当然、一緒にならなければいけないわけはありません。

>徘徊公務とか不敬極まりない言葉。
>眞子内親王様の公務も国民としては有難いと
>私は思いますよ。

思っててくださって結構ですよ。
私がいつあなたに「思うな」といいました?

>東宮の公務は?如何ですか?
>どのくらい、やられてますか?

これはあなたが調べるべきです。
私たちが答えなくてはいけない義理はありません。
あなたが東宮の公務について反論したいならば、ご自分で調べて、のちにそれを元に東宮について論評してくださる、それがこのブログでの流儀です。

1/3管理人  【2014/04/07 21:16】
♠ 無題のwwwwさん
東宮家を慕っていますが、皇室全体を批判はしていませんよ。
一部のおかしいと思えることをおかしいと言っているだけです。

東宮家を批判するブログでは皇室全体を批判してはいないでしょうが、おかしくも無いことをおかしいと言っているようですね。

以前テレビで皇太子様の公務は秋篠宮のそれより多いとありました。
それに公務は内容によります。
瓢箪を見て夜は宴会。
動物園に行って夜は宴会。
映画、ミュージカル、あと何がありましたっけ。
とにかく楽しいものが多いですね。
そのようなものでも公務とすれば税金でお出かけになれます。


御指摘の内廷費は天皇陛下と同じ財布ですよ。
天皇皇后のお出かけが多く、お召し物の新調をなさる分、東宮家は単純に頭割りした金額より少なくなります。
東宮家には来日した王族も訪れます。庶民のようにティーバックにお徳用クッキーでお持て成しとはいきません。内廷費と皇族費の違いにはわけがあるのです。
さらに宮家は謝礼を受け取れます。
いいですね。税金で警護され収入もあるとは。

他にもっと知識のある方が多くおられるので私のような浅識な者はこれで下がりますが、一つ質問してもいいですか。
どうして知識足らずのままで平気なんですか?
もうちょっと勉強しましょうよ。
浅識非才 2014/04/07(Mon)18:22:54 編集
♠ wwwwさん、よーく考えましょう
未だに、こんなお馬鹿さんがいるとは驚き。

公務として法で認められているのは、憲法で定める国事行為だけなんですよ。
しかもそれは、天皇にのみ認められてます。
それ以外のすべては、勝手に、法を拡大解釈して行っているだけです。

公務に使う衣装など装身具代は、皇族費(私的生活費用)からではなく、宮廷費(公費)から出ます。
一般でいうと、経費で落ちる、ということです。

したがって、公務をやたらとしまくることで、皇族費と、宮廷費の二つの財布を使えるといううまみがあるわけです。
紀子、眞子、佳子、の三者はいつも公務の際も、地味なスーツを着てますが、おそらく、公務で着用した後も、私的にも着用しているでしょう。
つまり、うまく公費を使うと、自腹を切らなくていいんです。

紀宮は結婚までに、私的に支給される皇族費を一億以上預金していたと結婚の際に報道されました。
その上、結婚費用として、2億ほどが国から支出されました。皇族費は私的なものなので、一切公開義務もなく、貯金しようと使おうと自由です。
つまり、公務と称して、宮廷費をうまく使うと、皇族費を相当程度預金できるのです。

私は、秋篠宮家の皇族費は、かなり、紀子妃の実家に流れてると思っています。
まあ、それも自由なんですが。

公務っていうのは、余程きちんと考えないと、利権の温床になります。

紀子妃のわずか11ページのデタラメ博士論文、お茶大との関係、これも公務で生まれた日本学術振興会との関係から起こったことでしょう。

宮廷費の予算が、平成になって三倍に増えるってことは、その中で良からぬことが起こっているだろうと、大人ならだれでも予測できることですよ。

お金の流れについて、良く考えましょうね。

それから、内廷費ですが、これは両陛下と東宮家は一つの財布ではなかったでしょうか?
五人で、3億あまりです。
ここから、宮中祭祀の費用も出ます。祭祀は、天皇家の私的行為なんですよ。政教分離という大事な原則から、宗教上の行為は、私的な個人的な行為なんですよ。

ちょっと、知識と思考力がなさすぎです。

雅子さまの公務ですが、体調が悪いということもあるでしょうが、華やかな場には、美智子さんが出さない、あるいは、出席者はすべて美智子さんが決めると言われてます。
ドレスなんて、ちょっと作れる状態じゃないと思いますよ。


秋篠宮家は、裏口入学、デタラメ博士号、カツアゲによる停学隠し、受精卵段階での禁じ手による男子製造・・・もう、疑惑のオンパレードですよ。

よーく考えましょうね。


匿名でお願い 2014/04/07(Mon)18:52:17 編集
♠ 身を挺しての行動がお好き
>寧ろ護りたい一身に見えます。

今生陛下な世界からお越しでは、仕方がないですが、あまりにも誤字が多くて、日本人としての共通認識を有しておられるのか不思議な気がいたします。




喜び組なら 2014/04/07(Mon)18:52:21 編集
♠ アンチはやっぱり日本語がへん
>眞子内親王様の公務も国民としては有難いと
内親王様はないんじゃない?
殿下でしょ
パコちゃんなら田家でもいいけど・・・
魚茶 2014/04/07(Mon)18:58:48 編集
♠ 内廷費はなかなか大変
匿名でお願い様、有り難うございます。

>ここから、宮中祭祀の費用も出ます。祭祀は、天皇家の私的行為なんですよ。政教分離という大事な原則から、宗教上の行為は、私的な個人的な行為なんですよ。

そうなんですよね。
これは祭祀に関わる人(内掌典)の人件費もこの5億円からでていると言うことです。
人を一人雇用すれば、すぐに年900万とかになりますから、5億のうちのかなりの金額が祭祀関連での支出になりそうですね。

また、内廷皇族と違って、宮家は何らかの役職についた場合にその給与が支払われたり、ご公務で謝礼をもらうこともあるそうです。
(だから、おのずと内廷皇族にしか果たし得ない御公務がある。)

紀子妃殿下はいつもお金がない、お金がないと週刊誌記者に書かせていらっしゃいますが
一方で「女性宮家」なんて新しいものを作って、娘たちを皇室に残そうとしています。
結局のところ宮家って(特に筆頭宮家だと)それなりに役得がおありなのではないでしょうか。だから、娘たちを皇室に残そうという発想になるのでしょう。

あ、もちろん「御公務のため」は体の良い言い訳だと思います。
「御公務」はぜひとも必要なものではありません。
宮家の果たす「御公務」には、謝礼があったりする、その意味ではずっと気軽な(なくてもよい)御公務があります。
にも関わらず、皇族が御公務をなさると、「宮廷費」やそれ以外の警備etcの形で費用がかかります。

御公務のために女性宮家を作るというなら、
御公務を減らして女性宮家を作らないというのが、正しく筋の通った判断だと思います。
NONAME 2014/04/07(Mon)19:21:41 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika