Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[438]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427
励ましのお言葉有難うございました。
なかなか進みませんが、私の偏狭なw意見を入れておかしなミスリードをしないように、心がけていきたいと思います。
また、皆様のコメントを遡るのが難しい形式になっていますので、どの方がどのように考えていらっしゃるのかなかなかわかりにくくなっています。
ご不自由をおかけします。

それで、通りすがり様への追伸ですが、

>ps主観1を読みそこなったのか記憶にないのですが。また、典範の制度論など主観をお聞かせくださいませ。  

これも、私が無秩序に新規記事を貼るために、1月10日のコメントなのですが、取り出しにくくなっているのだろうと思いますので、ここに記事としてUPさせていただきます。
タイトルは「主観」となっていますが、これが三輪様がお探しのものと思います。

-----------------------------

♠ 主観
ブログ主様、いつもコメントを載せていただきありがとうございます。 

三輪様・ルビー様 
いつもご質問ありがとうございます。 
質問に答える前に。 
私は単なる庶民です。 
マスコミの暴走を止める力を持っておりません。 
東宮家を直接お守りできる立場にもありません。 
庶民の主観に過ぎませんが、読んでいただければ幸いです。 

日本の天皇は古来 
・世襲 
・政事を行っていた、あるいは政事の最高責任者を承認する立場にあった 
・対外的なことを行っていた 

この3つが天皇の重要な要件であり、旧憲法も現憲法も押さえている。 
ただ1つ、制度的にも思想的にも大きな問題を抱えており、皇位継承に女性を加えればほぼ完璧な制度に成ると思われます。 

天皇には政治的な権限はない。 
国会で選ばれた総理大臣を承認(任命)する。 
だから、居ても居なくても同じというのは少し違う。 
君主のいない国では通常、最高指導者である大統領を国民が直接選挙で選ぶ。 
議員は国民の代表とはいえ、国民の望む人間を大統領に選ぶとは限らない。 
それ故に、国民の意思を反映し責任を国民が応分するのである。 
君主制・共和制どちらにしても最高指導者の失政は、大きな痛手となる。 
ただ、天皇は命ある限り在位し、それまでと同じように儀式を執り行う、諸外国との親善を行う、国益に寄与した国民を御所に招待し励ます、国内を視察される。 
それによって、失政による国際社会で失った信頼を回復し、国民の精神的視支柱となり国家の安定と秩序をもたらすかもしれない。 
翻って、大統領制は任期があり、新しい大統領になる度に内外との信頼を構築しなければならない。

総理大臣は、政治の最高責任者として大きな権限を持つ。 
その権限を行使して国家を守り、国民生活を向上させてくれることを期待し、適していると思われる人を選ぶ。 
任期があり一定の期間内に結果を出すことが求められるから、具体的な目標を掲げる。 

その点、天皇は誕生によって生じた血縁から天皇となる定めを負い、先帝の死によって即位しこの世を去るその時まで君臨する。 
人智の及ばない、見えない力により全てが導かれる存在だからこそ特別とされ大きな影響力を持ち得る。 
そして、国家の繁栄と安定、国民の幸せを願う。 
では、繁栄や安定、幸せとは。 
どれも漠然としたもので明確に答えられるものではない。 
時代の変化に伴い日本の状況も国民の求めるものも変化していく。 
だから、天皇のあり方に決まりはない。 
ただ、明治の頃から天皇には政治的権限がなかった。 
維新は特定の権力者の支配を否定したものの君主による政治も望まなかった。 
自分たちの生活は自分たちで守る。自分たちで判断し決める。 
国民の意思は尊重されなければならない。 
例え、残念な結果が予想されても。 

人間は後悔する動物。 
やったことの後悔よりやらなかった後悔を後に引きずる。 
だから、一定の権限を持たない天皇が政府の判断を覆しても、それは一時しのぎでしかない。 
政府の判断に委ねる。 
そして、やったことの責任が取りきれない、助けを求めて来た時には自らが表に出て最善を尽くす。 
天皇とはそういう存在。 

責任をとって退くのは、具体的な役割とその為の権限を与えられ職や地位に就いた者のすること。 
唯一無二の存在に代替はない。 
過去の天皇がさまざまな事情から退いたことはあったが仏門に入って現世の者でなくなるという形をとることで成り立っていた。 
だから、昭和天皇はリアリストではない。 
天皇制度に忠実であった、賢明であった。 

昭和天皇は皇太子時代の渡欧で、ジョージ5世から帝王学を学んだと言われている。 
イギリスも国王が政治的権限を行使しない慣例があり、議会で選ばれた首相を承認する形を採っている。 
ただし、国王には、政治について 
首相から説明を受ける 
首相に質問出来る 
首相に求められれば助言することが出来る 
という3つのことが許されている。 
そして、日本でも同様なことが内奏として行われている。 
内奏は極秘とされその内容は公表されない。 
とはいっても、過去の話として昭和天皇の内奏に関して、 
しばしば鋭い質問をされた 
某元総理は当初内奏を軽視していたが昭和天皇の聡明さに触れ御所に通うようになった 
鋭い質問によって思慮が足りないことに気づかされた総理がいた 
などの話が明かされている。 
昭和天皇が聡明な方だったとはいえ、総理の説明だけで状況を深く理解し問題点をあぶり出すようなエグイ質問を即座に切り返せるだろうか。 
日本の抱える問題、政府の対応策、専門家の意見。 
さまざまな最新の高度な情報が集まっていた。 
それを分析し意見を交換する相手や機会があったとしても不思議ではない。 

今上陛下の内奏は現役だけに洩れ伝わってこないのは当然のこと。 
ただ、麻生内閣の認証式後、陛下と麻生氏の懇談は夜分にも拘らず予定を大幅にオーバーした。 
既に内政が混迷していた時期であり、陛下に対し丁寧な説明が行われていたと考えられる。 

一昨年、陛下に対し、 
「京都御所にお住まいになったら・・・」 
と進言した大臣が居た。 
天皇は政治に関わるべきではない という考えなのだと思われる。 
最近こうした意見を述べる人たちは多い。 
その背景に何があるかは人によってそれぞれで一括りには出来ない。 
確かなことは、天皇を御所に閉じ込め裸の王様にするような状況があれば、政治家が天皇に説明する・意見を聞くのは必要なしという考えでいれば、ギリギリの、政府に熟慮を促す機会も失われるということ。 

どのような人間に政治を任せるか、天皇は居ても居なくても同じという意識を良しとするかは結局、国民次第。 
天皇を支える皇太子の妃が、優秀な大学を出ているとか、賢いといったレベルではないことに強い警戒感を持ち、様々な形で牽制する者がいること。 
典範改正という切り札が国民の側にあることによって、制度的に脆弱な皇室は身動きが取りにくいこと。 

三輪様のご質問の直接的な答えにはなっていませんが、重ね合わせて考えれば三輪様の疑問に思うことの一端が、私がこれまで言わんとしてきたことがご理解いただけるのではないかと思います。 
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ あーこれがそうでした。
この通りすがりさんのコメントの時、私は「善の秘密組織(SHADO)」の存在を「仮説提案」したんだった(^^;;。
(三輪様とは論点がずれるけど、自分がこの時に書いたレス書かせていただきます。以下)

通りすがりさまへ 私は直球でお答えしたいと思います♪

・過去の話として昭和天皇の内奏に関して、
>天皇はしばしば鋭い質問をされた

>確かなことは、天皇を御所に閉じ込め裸の王様にするような状況があれば、
>政治家が天皇に説明する・意見を聞くのは必要なしという考えでいれば、
>ギリギリの、政府に熟慮を促す機会も失われるということ

昭和天皇は、ある時から「象徴天皇」になった御方で、敗戦までは政治の成り行きを間近で見ていた。それである程度、総理につっこんだ質問もできたのだ、と私は思う。また個人的にもわりあい政治感覚のある御方だったのだと思う。

麻生総理と、今上の陛下との会話も有意義だったかもしれない。あるいは文化談義だったのか、それはわからない。

しかし、天皇の資格が世襲制である限り、いつも英明で政治家へのアドバイザーになれるような方が天皇になるとは限らない。世襲制の御方に、一時的でも「政治家のストッパー」としての機能を期待し続けるのは無理だと思います。

>政府の判断に委ねる。
>そして、やったことの責任が取りきれない、助けを求めて来た時には自らが表に出て
>最善を尽くす。
>天皇とはそういう存在

江戸時代にそうだったのか、室町時代にそうだったのか、私にはそこまでの知識はない。天皇は御所に閉じこもっていて、かなり世間の事は知らずにいたような感じを受けます。
当時の政府である征夷大将軍が助けを求めて来た時に、最善を尽くす事で、状況に多少なりとも良い影響を与え得る人物がいたかどうかも私にはわからないです。

>昭和天皇が聡明な方だったとはいえ、総理の説明だけで状況を深く理解し問題点を
>あぶり出すようなエグイ質問を即座に切り返せるだろうか。
>日本の抱える問題、政府の対応策、専門家の意見。
>さまざまな最新の高度な情報が集まっていた。
>それを分析し意見を交換する相手や機会があったとしても不思議ではない。

それは問題のある考え方でしょう。!
では、日本には政党政治と官僚制以外の、何か秘密組織があって、政府や専門家の最新の高度な情報が行き来しているのですか?
アメリカで言えば、FBIやCIAみたいな組織があって、天皇に特別な情報を渡しているとか? 最新情報を、世襲制で選ばれる、人材として能力が未知数な個人である「現天皇」に渡すのですか!?

宮内庁って、いつからそんな、「謎の円盤UFO」で言えば、SHADO(シャドー、地球防衛最高司令機構)みたいな組織になったのだろう? 宮内庁の地下に基地があるのかな?

通りすがり様が、天皇を尊ぶ気持ちや、だからこそ女系天皇を認めているに違いないと思いたい気持ちはわかりますが、天皇に「日本の問題点への最新情報が集まっている」とまで考えるのは、ちょっと無理だし危険だと感じます。


(仮説小説:私はこうして秘密機関(SHADO)の一員に)

総合大学院大学で、素粒子の解明をしていた私は、ある時教授に呼び出された。
「君は良い研究者であるとともに紳士だ。ぜひ、加わって欲しいプロジェクトがある」、教授と共に高エネルギー研究所のエレベーターに乗るが、教授がカードを差し込むと、地下5階という見たこともないフロアに来た。

さらに、地下にリニアモーターカーが走っているのには驚愕した。乗車して向かった先に、エレガントに輝くクリスタルの基地のようなものがあった。
「これこそ、総合大学院大学の本当の姿なのだよ」、そう教授が語る。

その内部の会議室に案内された。
壁がいきなり開き、部屋が広がった。そしてそこには、なんと!天皇ご一家がいらっしゃられた。

「驚かれましたか?」優しく微笑む美智子皇后陛下、「私がいつも帽子をかぶっているのは、衛星との通信アンテナを入れてあるためなのよ」と、皇后陛下は少しお茶目っぽくウインクされた。
「『はやぶさ』が持ち帰った、小惑星の元素に、レアメタルを人工的に作るヒントがあるそうだ。君にもその研究プロジェクトに加わって欲しい。日本の将来がかかっている」、資料に目を通していた皇太子殿下が言われた。
「もしかしたら、生物多様性を守る事にもつながるかも知れない」、実験機器から目をあげて秋篠宮殿下が語られた。

日本の未来を守る皇室の方々のお姿に、私は深い深い感銘を受けた。
こうして、私はSHADOの一員になったのだった。
・・・・妄想が広がりましてすいません〜。

一応、配役は 情報収集エージェント:レディ・ペネロープ=美智子皇后陛下
       現場の司令塔:スコット・トレーシー=皇太子殿下
       それを支える科学エリート:ブレインズ=秋篠宮殿下 

になってます。サンダーバードからね。(^^;;

でもこういう風には日本のためになっていないし、目立つのが好きで、周囲の利権屋に巻きこまれるくらいなら、私は、皇室は京都御所に戻って欲しいです。
ルビー 2011/01/18(Tue)01:09:06 編集
♠ お手数をおかけしました
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
主観1と記載されていなかったこと、理解できなかったことから分からなくなっていました。

いえ、通りすがり様が君主制としての天皇というお考えから持論を展開されていることは理解でき、その制度論を教えていただくのは有意義なのですが、<主観>という題名とは程遠い印象を受けたので失念していました。お手数をおかけしすみませんでした。


せっく主観という題なので、ぜひ感情的な主観をお聞かせして欲しいのです。

過去の天皇陛下の愛子様へのお言葉や皇太子ご一家へのバッシングが放置されていることから、
私には女性宮家議論が秋篠宮家のためだけになされていて、愛子様については何れかの時点で梯子が外されそうな気がしてなりません(主観ですから)。
その点について、通りすがり様の主観を伺いたいと何度か質問してますが、愛子様のバッシングは班位から止むを得ないと繰り返されるだけで、このバッシングにより愛子様の名誉が傷付き、制度論としての女性宮家創設へ向け(少なくとも)愛子様についてはマイナス要因になることを考慮されていないのが気掛かりなのです。
通りすがり様は「報道では人命は損なわれないので、警備が十分な東宮家は大丈夫」とも記載されていました。しかし、時に名誉や誇りは命よりも大切なことがあります。
通りすがり様は極めて冷静に制度論を捉え客観的事実に基づき説明しようと務められていますが、その制度の中で、あるいは制度の転換期に生きているのは9歳の女の子なのです。
思えば未だ4歳の子に「笑わない愛子様」と銘打って以来、マスコミは愛子様の「子どもらしく生きる」当たり前の権利を踏みにじってきました。
それらを班位の一言で片付けていいものか?一方で重装備で保護されているお子様がいる、この違いを止むを得ないで済ませられるのか、私は理解できないのです。

海外訪問も皇太子ご一家は禁足が掛かり、親王を上げて「天皇になる日」と持ち上げられる宮家は8月15日でも批判されない。私は、どうしても理解できないのです。

結果、今ある制度論には愛子様は入っていないのではと思うようになったのです。

こちらの皆様は少しずつ考え方に違いはあっても皇太子ご一家にお幸せになっていただきたいという気持ちは一致してると思います。それは、生身の人間に対する共感や敬愛が先ずあり、そのための手段(制度)はどうであるか?というものだと思います。
しかるに、私が通りすがり様に質問を繰り返したくなるのは、あまりに制度論が先行するため、そこに御存在される方への心情的共感はどうなのか、と訝しく感じれるからです。


立憲君主制は過去の日本に合った制度だと思います。政治が不安定な現在において「お上」が存在して下さることを私は重要と思います。しかし、共和制、大統領制の国々を目にした国民にとって、絶対の制度でもないという認識は芽生えつつあると思います。
ルビー様が言われるとおり「京都御所へお戻りになれば」とは最近よく聞く意見です。「それほどまでに、血y染色体が大事なら、海部家のようにご自分達でお守りになれば」とい冷めた意見も聞きます。
皇位継承の体制が磐石でないため様々な思惑を伴った三文芝居以下のゴタゴタを晒け続けていると本当に皇室は危機的状況に陥ってしまうと思います。


祭祀の長としての天皇を模索する者と君主制を模索する者、皇太子ご一家を念頭にする者と秋篠宮家を立てたい者、それぞれの制度論の思惑の中で小学3年の女の子が傷付いているのが哀しいです。
三輪 2011/01/18(Tue)14:41:16 編集
♠ 報道について
愛子様へのバッシングには私も腹立たしく思っています。
放置していいとも思っていません。
私が度々班位や愛子様のお立場を書いているのは「東宮職にはマスコミのバッシングを止める手立てが無い」「愛子様と秋篠宮家との違いは法的な問題」ということです。

イギリスではウィリアム王子の大学入学の際に協定が結ばれています。
王子は大学へ通うため寮に入りましたから、警備が手薄になった、警備上の問題が生じた。
そのため、協定が結ばれたようです。
マスコミの自粛もあったかもしれません。

東宮職にバッシングを止める手立てがないのはなぜか。
・テレビやラジオといった放送局とその放送に関しては放送法という法律があり、
「報道は事実をまげないですること」という文言がある。
放送法という法律があるのは、電波は公共のもので、放送局は公的な役割を担っているから。
処罰は無いし、守られているとは言い難いがその役割や法律が一定の縛りにはなっていること。
それに対し、本や雑誌は公的な役割を持っていない為、事実を報道しなければならないといった法律もないし、監視する組織も無い。
事実に反する報道がある場合は名誉毀損で訴えるしか方法が無いこと。
・プライバシーの侵害については、どこまでが守られるべきものなのか、明確な基準が無く人によって感覚も違う。
また、報道は国民の知る権利や言論の自由といった国民の権利。
プライバシーは個人の権利。
報道によるプライバシーの侵害は個人対マスコミではなく個人の権利対国民の権利という権利の争いになる。
だから、法律に基づいた裁判所の判断以外、社会的にも法的にも認められない。
東宮職がこういった取材や報道は駄目と基準を作りそれを強制出来ないし、基準を示したり強制すれば宮内庁という国家権力による弾圧とされかねない。
そして、一番問題なのは、そもそも愛子様に人権があるのかということ。

天皇は憲法で象徴とされ、国民ではないと考えられています。
ですから、皇族方も国民とは異なる存在として、国民のようには義務と権利が生じないとされています。
具体的にいえば、納税の義務も無いし、選挙権、国民の代表を選ぶ権利もない。
そして、国民のように人権があるかは、意見が分かれています。
人間なんだから、人権は認めるべきとする人達と、国民とは異なる存在なんだから人権があるとはいえないという人達がいるようです。
これまでに、天皇や皇族の人権の有無を問う裁判が行われていない。
判断の基となる判例がない
政府も宮内庁もはっきりとした見解は発表していない。
と、記憶しています。
ですから、愛子様の人権を主張する訳にはいかないでしょう。
また、訴えるということは絶対にない。
だから、マスコミがこれ程酷い事をしているのだと思っています。

今の東宮職に出来る事はプライバシーへの配慮を促す発言を繰り返すこと。
悪質な報道には抗議すること。
そして、国民にマスコミ報道によって東宮家が厳しい状況に置かれていることをさりげなくアピールすることぐらいでしょうか。

本来は政府がもっとマスコミ報道に対し厳しくするべきなんですが。
政治家にとってもマスコミは非常に怖い存在なんでしょう。
期待は出来ません。
だから、マスコミの報道が本当に正しいのか見極める為の意見交換が必要だと、そして、この場をお借りしている次第です。

宮内庁にマスコミへの協力者がいれば、排除することで少し良くなるかもしれません。
私は今そういう過程にあるのではないかと思っています。
通りすがり 2011/01/18(Tue)22:27:56 編集
♠ 報道について御教示有難うございます
>東宮職がこういった取材や報道は駄目と基準を作りそれを強制出来ないし、基準を示したり強制すれば宮内庁という国家権力による弾圧とされかねない

規準を定めて強制して静謐な教育環境を確保している所があるではないかと怒りを感じますが、皇太子ご一家に関しては無理なのでしょう。
これ以上お話しても、水掛け論か哲学的論争になりそうなので、もう、よします。

今日も、酷い見出しが電車の吊広告で踊っており、これを見ながら登校するお子さんと愛子様は学校で過されるのだなと気の毒になりました。

東宮職には全力でお支えして欲しいなと度々こちらに書いてきましたが、これでは、どうしようもないですね。二月には又あちら様方だけで葉山でお楽しみでしょうし、雅子様の御回復も愛子様の通常登校も叶いそうにないし、皇室報道に疲れました。

ps管理人様 不穏とお考えになられたら掲載なさ      らないで下さいね。
三輪 2011/01/20(Thu)18:45:16 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika