Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
本文を読むにはこちらからパスワードを入力してください。
Rosa laevigata様、こんにちわ、初めまして。西田様のブログから飛んできて、皆様の書かれる事を興味深く拝読し勉強させて頂いております。特に古文関係の記事・コメントは本当に勉強になります。
さて、英王室に関するコメントなんですけれど、
最近の英王室および欧州王室のお妃選びについて分析された興味深い本があるのですよ。
以下がURLなんです。
http://www.kk-bestsellers.com/cgi-bin/detail.cgi?isbn=978-4-584-18879-8
最終章にエドワード8世とチャールズ皇太子、そしてノルウェーのホーコン皇太子とオランダのウィレム皇太子についての記述があります。向こうの視点で書かれた本なので、日本国内とは違った見方を勉強できますよ。著者はアメリカ人女性です。
 
さて、ウィリアム王子とケイトさんの結婚が決まり式の日程も決まったら、日本の皇室から誰が参列するのでしょうね。
向こうが日本の皇太子ご夫妻宛てに招待状を発送しても、こちらの都合で、特に天皇皇后両陛下の意向で秋篠宮夫妻が参列、という事になったら背筋がゾットしますよね。
ウィリアム王子の結婚式には是非皇太子ご夫妻に参列して戴きたいなあ、と今から熱望しています。
英国からの情報に拠ると、なんでも、式は7月か8月にあるみたいなので、愛子様の同伴でもいいかなあ、とも考えています。
 
いずれにしろ、宮内庁はこの件で、こそこそとした工作などしてもらいたくないです。皇太子ご夫妻に招待状がきたら、皇太子ご夫妻の参列で、と切に思っています。
 
 
私は女系女帝に賛成です。
 
一方で、「伝統」も大切だと思うので、典範改正議論前ならば、藩屏としての女性宮家にも賛成できたと思います。
しかし、周囲のほとんどの女性と同様、あのタイミングでの御懐妊に見てはならぬものを見たというオゾマシさを感じ、さらに、雅子様にご回復の兆が見られる度にバッシングが起こる、今は8歳の女の子までマスコミの餌食になっている、という現状を見るにつけ・・・こんな皇室なら見たくないと感じてます。
 
岩井氏がテレビや雑誌で語ってることを要約すると
・あの人格否定発言の頃から男児誕生へ向け産科へ通いだした。
・悠仁様はお父さん同様、25年後には数人のお子さんをもうけてるだろうから一切の典範改正は不要
 
これが弟一家の望むところなのだと思います。とすれば、愛子様は正に目の上のタンコブ状態なのだと思います。だからこそ、弟一家と親しい記者が口を極めて東宮ご一家の批判を続けるのでしょう。とすれば、愛子様はずっ~と危険に晒され続けることになる・・・などと恐ろしい心配を国民がしてしまう皇室など見たくない、と私も含めて子育て世代の女性の多くが話しています。
 
外国でも「皇太子ご一家の悲劇」という論調で報道がなされることが多いそうですが、その辺りの危険を感じ取ってのことではと思います。
 
どうしようもないところに来てしまったというのが正直な気持ちです。残念です。

------------------------------------------------

メール欄とコメント欄の区別がつかなくてご迷惑をおかけしています。
どうやっていじればいいのかわからないので(低スペックですみません)その都度対応させていただきます。
何でもおっしゃってくださいませ。
 
 おいで頂き有難うございます。
また、お返事が遅れまして申し訳ありません。

私とは違う見方をお示しくださいまして、有難うございます。
なるほど、と思うことがありましたので、反論も含めて直接文章を引用してのお返事をお赦しください。
(ご都合が悪ければおっしゃってくださいませ、すぐ削除いたします)

>秋篠宮家の第三子が男子だから男子が欲しかったと決め付けるのはどうでしょう。
>女系容認になっても皇室を継続するうえで人数と年齢に不安がありましたからね。
>愛子様より年下の血縁の近い皇族が欲しかったのではないですか?

まぁ、秋篠宮と宮内庁のコメントはそういう意味のことを言ってたような気がします。
ただ、私は自分も子供を産んでおりますので、国会にカメラが入っているところへ、いきなり6週目で「秋篠宮紀子妃殿下ご懐妊」のテロップが流されたこと、さらにその前の(当時の)湯浅宮内庁長官の(これもいきなり)秋篠宮家に第三子希望発言、続く秋篠宮ご夫婦の「コウノトリ」お歌、などの流れが頭にこびりついているので、さらにさらに遡れば、皇太子様の人格否定発言に対して、国民が忘れた頃に秋篠宮がわざわざ煽るように言及したことなどの記憶もあって、自分の中ではまだすんなりそのように思うことは出来ません。
まぁ、そういう一面もあったかも、くらいです。

>清子様が継承者とならず、清子様より血縁の遠い三笠宮家・高円宮家の女王方やそのお子さんたちが皇統を繋ぐのは法律的に難しい。
>実質的には天皇家のお孫さん達で繋げていくしかありません。

このへんがよくわからないのです。
典範改正をしなければ愛子さまも皇統には関わらないわけです。
皇統に関わるのは愛子さま世代では悠ちゃんだけです。
「実質的に天皇家のお孫さんたちで繋げる」ためには典範改正が必要ですが、そうなると典範の改正の仕方でどのようにでもなりますが?
例えば「養子を認める」ことが入ればガラリと変わります。

>エリザベス女王にも重要な公務を行いサポートしてきた従兄弟達がいます。
>内外で重視されるのはせいぜい従姉弟までですから、弟妹のいらっしゃらない愛子様にとって従姉弟の存在は大きい筈ですよ。

それはもう大きいと思います。
でも、私の本音は、愛子様立太子、そうでなければ(皇室外の)世界へ自由に羽ばたかせてあげたいですけどね。
何か皇室に入られた(入ってくださった)雅子様への償いみたいな気持ちから。
確かに皇太子殿下とご結婚なさって愛子様にも恵まれて、雅子様ご自分では幸せだと思っておられると拝察します。
しかし、やはり千代田は冷たすぎました、おつりが来るほどにね。
週刊誌やテレビくらいしか情報がなく、一庶民の私がどうこう出来ることではないですが、そういう想いを持っております。

長々と申し訳ありませんでした。
 

HN秋桜様からメールを頂きました。
メールアドレスがありましたので、転載のお願いを致しましたところ、ご許可頂きましたので、少し遅くなりましたが転載させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
name 秋桜

 はじめまして。
ガーネット様のご意見に同意です。
一度潰された皇室典範改正、どの政党が政権を取っても、今の日本の現状から、誰も手を付けない気がします。
無事皇太子さまが即位されても、秋篠宮が存在する限り、平穏な皇室には戻らないと思えて仕方がありません。
愛子ちゃんの存在は、一国民としてとても生きがいを感じていますが、命まで狙われていそうで、それならば素敵な伴侶を得て、お幸せになって頂きたいと思います。
自然妊娠では男児が生まれない皇室は、もう男系で行くには限界が来ているでしょうし、敗戦後いずれ消滅することを見据えての、皇室典範が作られたのでしょう。
LIVEで皇位継承争いを見せつけられるのは、もう絶えられなくなりました。
 
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika