Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
  

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2185451.html 

動画としては新しいものではなかったし、こんなしょーもないことをニュースになんかするな、と思う向きもあるだろうけれども。

皇太子家のご動静が、簡単でもこういう形でメディアに乗るというのはとってもいいことだと思います。

このニュースニュースしたw形式は、案外皇太子家に合っているかも。

たとえばね、つい先日の週刊女性の敬宮さまがALL学習院でチェロを弾かれたのは

>ほんとは中等科は出なくてもいいんだけど、ピンチを救うために、
>愛子さまはOGとしてかわいい後輩たちの求めに応じて参加されたのだろう

って記事。

あれ、ウソよ。

新中一までは「参加必須」なのよ。

細かいことはどうでもいいじゃない、褒めてあげてるんだからと週女は言うかもしれないけど、こちらとしては、週刊誌はどうして美談仕立てにしなくちゃ記事が書けないのか?って疑問だわ。
 

天皇、皇后両陛下は25日午前、国賓として来日したオバマ米大統領が次の訪問先となる韓国へ出発するのを前に、滞在先の東京都内のホテルを訪れ、お別れのあいさつをされた。
 両陛下は午前9時半ごろ、ホテル2階のエレベーターホールに到着し、出迎えた大統領と握手を交わした。部屋での懇談後、大統領は両陛下をホールまで見送り、天皇陛下に「素晴らしいおもてなしをありがとうございます。米国民は両陛下と日本国民に深い愛情を抱いています」と述べた。(2014/04/25-10:55)

---------------

うーん、国賓と言うのはそういうものなのか。

晩餐会を開いてもてなして、さらに皇居を出て(迎賓館でなく)ホテルオークラへ「さよなら」を言いに朝から押しかける。

いや、別に丁寧なのは結構なことだけど、尖閣についてきっぱり言及してもらったしね。

なんだか、日本は今でもアメリカの属国なんだ、って両陛下に念を押されたような気がしたよ。
宮内庁の「宮内庁関係予算」表を見ると、「宮廷費」が昭和の末年は2,541,563千円(つまり、25億)だったのが、平成になってから跳ね上がり、平成13年には6,986,511千円に達し、現在でも5,492,841千円。昭和の末年より30億ほども膨れあがっている。 
「宮廷費」とは、 
儀式,国賓・公賓等の接遇,行幸啓,外国ご訪問など皇室の公的ご活動等に必要な経費,皇室用財産の管理に必要な経費,皇居等の施設の整備に必要な経費などで,平成25年度は,54億9,284万円です。宮廷費は,宮内庁の経理する公金です(皇室経済法第5条)。 
(宮内庁ホームページより) 
つまり、平成になってから御公務が大変増えたことが推察される。 
皇族の数は減り、また高齢化が進んでいるのに、である。 
ついでに宮内庁費も、昭和の末年は8,262,891千円なのに、平成の現在は10,263,463千円にもなっている。約20億ほど増えている計算である。 
これも、宮内庁費とは 
宮内庁の運営のために必要な人件費・事務費などが主なもので,平成25年度は,102億6,346万円です。(宮内庁ホームページより) 
ということだから、全体として、皇族の活動「御公務」が、平成に入ってから昭和の末年よりも派手に大きくなり、その結果組織としても宮内庁につく予算が大きくなったと言うことである。 
宮廷費、宮内庁費、両方併せて約50億。(年間) 
こうやって膨れあがった「御公務」「皇室の活動」を維持拡大していくために、眞子内親王は卒業後就職もせず、御公務に励まれるわけである。 
なお、今後女性宮家として皇室に残ることを視野に入れるにしても、眞子内親王のお立場としては、そもそも三笠宮家の宜仁親王や、故憲仁親王と同等である。 
三笠宮家の親王方はそれぞれに御公務以外にも職につかれ、大変忙しくなさっていた。 
卒業後、何の仕事にも就かずに公務に励むというのは、直宮の方々に近い行動にも見える。 
いや、直宮の方々だって、御公務以外の御自身のライフワークを持たれる方が大半である。 
なのに、一宮家の内親王に過ぎない眞子内親王は、今後は御公務だけとのこと。 
御公務を膨れあがらせたのはこのためだったのだろうか、とすら思えてくる。


-----------------------------


今の天皇皇后両陛下の考える「新しい皇室」ってこういうことだったのね。

徘徊公務と言われて、必ずしも皇室のイメージを高めてはいないように思えるけど、精一杯考えて、天皇としてのご活動は「これだ!」とたどりついたのが、日本全国にご公務済のピン刺しと、世界一周フルムーン皇室外交。

皇太子さまが「公務の見直し」を口にされた時、一番ビビったのは両陛下だったかも。

それで、イエスマンの二男の方に後を継がせたい、となったのかしら?

天皇は眞子どんでもかまわないよって、今上陛下は言っておられた、にも拘らず、皇太子家に敬宮さまがお生まれになったら、やっぱり天皇はω付でなくちゃ、と言い出し、何でも言うことをきいてくれる御キサマが「それなら私が!」とw

へーせーって、予算獲得ということでは、たしかにやり手だったかも。

でも、皇太子妃に12年も前の着古したドレスでオランダ国王の戴冠式へ行かせるようなお金の割り振りでは、何の役にも立っていないわね。





眞子さま 卒業後は公務に重点
3月23日 18時52分
    秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、

ことし開かれる国際的な陶磁器の展覧会の名誉総裁に就任するなど、大学を卒業後は進学や就職はせず、皇族として本格的に公務に取り組まれることになりました。
眞子さまは、東京の国際基督教大学に4年間在籍し、美術の分野を中心に学んできましたが、今月26日に卒業されます。
関係者によりますと、卒業後は進学や就職はせず、皇族として本格的に公務に取り組む予定で、ことし9月12日から1か月余りにわたって岐阜県で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁に就任されることになったということです。
この展覧会は、3年に一度開かれる世界的な陶磁器の祭典として知られていて、これまで、故・高松宮妃や、桂宮さまが名誉総裁を務められてきました。
眞子さまは、イギリス留学を終えて帰国した去年7月に、初めて一人で地方での公務を経験するなど、学業に支障のない範囲で公務に臨み徐々に活動の幅を広げられてきましたが、公的な役職への就任が決まったのは初めてです。
このほか、眞子さまは、ことし6月には国際青年会議所の大会に出席するため紀子さまとともに山形市を訪問し、10月には長崎県で開かれる国体で、お一人で競技を観戦される方向で調整が進められています。
眞子さまのこれまでの公的な活動は
眞子さまは、これまでも秋篠宮ご夫妻に連れられるなどして公的な活動の経験を重ねられてきました。
中学生の時には、ご夫妻や佳子さまと、「愛・地球博」の開催に合わせて愛知県で開かれた「こども環境サミット」に出席したほか、中学生が自分の考えを発表する「少年の主張全国大会」にも紀子さまと臨み、同世代の生徒の発表に耳を傾けられました。
高校生になると、毎年ご夫妻に連れられて、各地で開かれる「全国高校総合文化祭」に出席するなどしたほか、2年生の時には、上野動物園に贈られた馬の贈呈式で公的な行事に初めて1人で臨まれました。
大学生になってからも、学業に支障のない範囲で公的な行事に携わり、平成23年10月、成年皇族となる20歳を前にした記者会見では、「公的なものを含めさまざまな行事に参加していきたいと思っています」と今後の抱負を述べられました。
また、秋篠宮さまは、翌月の記者会見で、「公的な行事を依頼された場合には、せっかく頂いた機会ですので、一つ一つを大切に一生懸命務めるようにと申しています」と述べられました。
眞子さまは、成年皇族となったあとは、国賓の歓迎晩さん会に出席したり、天皇誕生日や新年の一般参賀で宮殿のベランダに立ったりしていて、去年7月には、福岡市でアジア太平洋地域の子どもたちの交流行事に出席し初めて1人で地方での公務に臨むなど、徐々に活動の幅を広げられてきました。
その後も、紀子さまが臨まれてきた行事に代わりに出席したり、今月13日には、紀子さまに別の公務が重なるなか、秋篠宮さまとともに被災地を訪問したりしていて、今後、眞子さまが、秋篠宮ご夫妻の公務を手助けされる機会も増えていくものとみられます。
女性皇族の大学卒業後の進路
平成に入って成年を迎えた眞子さまを除く6人の女性皇族も、全員が大学を卒業しましたが、卒業後の進路は就職や進学などさまざまです。
このうち、天皇皇后両陛下の長女の黒田清子さんは、卒業後、公務に臨むかたわら、非常勤職員として山階鳥類研究所に勤務し、去年大学を卒業した高円宮家の長女の承子さまも、日本ユニセフ協会に常勤の嘱託職員として勤められています。
また、三笠宮瑶子さまも、卒業した年に日本赤十字社での勤務をはじめられました。
三笠宮彬子さまと高円宮家の三女の絢子さまは、大学卒業後、留学したり大学院に進学したりして学問を続ける道を選ばれました。
一方、高円宮家の次女の典子さまは、卒業後、進学や就職はせず、皇族としての公務に臨まれています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140323/t10013177621000.html
 

皇室関係の本は、ドス子をソースに書いた本もあれば、完全に個人の好き嫌いでことがらを取捨選択して書かれた本もあるので、信じられるものが少ないのだけれど、少なくとも、皇學館大學の学長までされて今は名誉教授でいらっしゃる田中卓博士が書かれた本なら、信ずるに足りるのではないかと思うのです。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika