Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
  

♠ あら、ポストの皇太子を摂政に立てるかってそんな内容だったのですか(ビブラート様 wrote)


皇位継承は、憲法第2条,皇室典範第1条・2条によって、 
皇統に属する男系の男子たる皇族が継承 
皇位は世襲する。 
とあり、皇太子様が第1位となっています。 

また、国事行為(天皇が行う行為)について憲法第4条で、国事行為の臨時代行が規定されています。 
天皇は,精神・身体の疾患か事故があるときは,摂政を置くべき場合を除き,内閣の助言と承認により,国事行為を皇室典範の規定により摂政となる順位にあたる皇族に委任して臨時に代行させることができる。 

国事行為の代理は、天皇の意思があればよいとされています。 

摂政を置くとなると、皇室会議を招集し、そこで議決される必要があります。 
羽毛田宮内庁長官が、皇室会議の開催も視野に入れる。と発言したのは、皇太子殿下に摂政になっていただくということも考えにいれているということでしょう。 

憲法を改正するとしたら、天皇が高齢になった場合、天皇を退位する自由を規定すべきだと思います。今の法律では、崩御以外に天皇を退位することはできません。 

こういうことが法律で規定されているのは、お家騒動になることを避けるためであって、天皇が後嗣を指名できるなどと述べる神田秀一は、皇室典範の意図を全く解していない、おばかさんとしか言いようがありません。 

ただいやらしいのは、秋篠宮派(というのが誰なのかは知りませんが)皇室会議のメンバー 

1 議員・・・10人(皇族2方,衆・参両院の議長・副議長,内閣総理大臣,宮内庁長官,最高裁判所長官・同判事1人) 
2 予備議員・・・10人 
3 皇族及び最高裁判所の判事たる議員及び予備議員の任期は4年 

に働きかけて、多数派工作をしようとしているという噂があります。 
工作をして何をしようというのか。 
皇室典範改正を秋篠宮家に有利にということでしょう。



あんまり、(憲法だって法律だって、改正できるやんということで)トンデモ話へ飛ぶと、グラス君につっこまれるので、まじめに意見を書いてみたいと思います。
ビブラート様のご意見に同意します。

要するに天皇も長生きするようになった。
国事行為・それに準ずる公務などが高度化し、かつ増えた(増やした)ので、高齢化とともに負担が大きくなった。


第十六条 天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、國事に関する行爲をみずからすることができないときは、皇室会議の議により、攝政を置く。

高齢化というのは、第十六条に書いてあるのとは、ちょっと違うわけで、だから摂政ではなく、まぁ現役を降りる自由を天皇に認めようということなのだが(所先生の定年制みたいなものも含む)、それなら「天皇の退位」という言い方でよいだろうと思うのだが、橋本がわざわざ「譲位」という言葉を使ったところに、後に続く

「誰に渡すのかについても、陛下ご自身がお決めになればいいと思う」

これが重要なのだろうということがわかる。
つまり「譲る」という言葉には、本人の意思が入っているからで、私には「摂政」がどうのこうのではなく、むしろこの「イメージ操作」が重要なのだと思えるのである。



そして、もう一つ(教えてくれた人がいたのでコピペしますが)


来日するブータン国王夫妻の歓迎行事が16日に皇居・宮殿で予定されているが、皇太子さまが代わりを務める方向。15日に予定されている勲章受章者の拝謁(はいえつ)などの行事は、秋篠宮さまが代わりを務める。

http://www.asahi.com/national/update/1114/TKY201111140104.html


 皇太子さまは、入院中の天皇陛下の「名代」として山梨県を訪問し、式典で陛下のあいさつを代わりに読まれました。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211113033.html

↑これっておかしくないですか?
なんで名代を二人でやるの?
天皇は一人、名代は皇太子殿下一人でいいんでない?

2chにはこんなレスポンスがあったそうです。

去年の日程を見たら勲章受章者の拝謁って何日も続いていて 
今年も基本的には名代の皇太子様が受章者に接見しているけどご都合のつかない15日だけ鯰が会うんだよね? 
受章者の中でも明日拝謁予定だった人だけ残念ながらハズレってことなのか… 
 
 
平成23年11月4日(金) 皇太子殿下 茶会(文化勲章受章者及び文化功労者等)(天皇陛下のご名代として)(宮殿) 
平成23年11月7日(月) 皇太子殿下 国事行為臨時代行(平成23年秋の勲章親授式)・天皇陛下に代わり,ご接見(平成23年秋の勲章受章者)(宮殿) 
               皇太子殿下 天皇陛下に代わり,ご接見(平成23年秋の勲章受章者)(宮殿) 
平成23年11月8日(火) 皇太子殿下 天皇陛下に代わり,ご接見(平成23年秋の勲章受章者)(宮殿) 
平成23年11月9日(水) 皇太子殿下 天皇陛下に代わり,ご接見(平成23年秋の勲章受章者)(宮殿) 
平成23年11月10日(木)皇太子殿下 天皇陛下に代わり,ご接見(平成23年秋の勲章受章者)(宮殿) 

↑でも、これでも鯰が15日名代になるっていう理由にはならないような気がするんです。
だって、天皇陛下は両方自分が出るつもりだったんでしょう?
じゃぁ、15日はどうするつもりだったんでしょ?

天皇の入院はさすがに偽ではないと思うけれども、名代を皇太子殿下お一人にはせず、秋篠宮もイッチョカミさせるために、どうやっても皇太子様が帰ってこれないように、公務の日程を1日重ねさせたやつがいる、ということになりませんか?

ところで、陛下ご自身が「天皇の名代」というものについて、かつて熱く語っておられるわけですが。
そう、平成19年、天皇の名代として外国へ行ったことにつき、「相手国には名代でも天皇としての接遇を求める」「名代としての苦労」「自分を厳しく律し」etc.「天皇の名代」というものは、とても重いお役目であるということをるる語っておられるのです(皇太子夫妻への当てこすり添付)。

 

時として天皇の名代を勤められることがあるからこその皇太子なのであり、次の天皇であるわけで、それならこのように姑息な手段を用いて、こそっとでも皇位継承券を自分と息子の分2枚を持っているからといって、ただの宮家の当主なんかに名代をさせるべきではない。
たった1日だから問題なのだ(もっと何日もだったらよけいに問題だけどw)
1回くらいいいじゃないか、券2枚あるんだから、名代のほとんどは皇太子なんだし、という言い訳は利かないです。
天皇が入院、皇太子殿下も急病、そういう時は仕方がないから鯰に行くとしても、今回の山梨行きはどうもおかしい。
こうやって鯰にも、皇太子と同等であるかのようなことをさせるから、橋本のような「陛下の意思で天皇の譲位先を決める」なんてことをいうやつが出てくるのです。

こう言っちゃなんだけど、天皇陛下が悪い。
皇族は「例外」なんだから、どんなことで例外であるか、きちんとわきまえて、例外らしく例外を行なってほしい。
はためにも「次男一家がご贔屓」とわかるようなことをしているから、皇位継承はちゃんと規定があって、天皇だって口は出せないにも関わらず、「秋篠宮が天皇になる日」を夢見て、有象無象がいつのまにか当の宮家夫妻を取り込んで、宮妃は臆面も無く「しょーらいのてんのー」を口に出す。

だって、怪しげな坊主が祈祷と称して、貴い方のお気持ちを乱したり、御簾の向こうで天皇が息を引き取られる直前に「アーヤ」って言ったのを確かに聞いたと皇后が「遺言だ」と強弁したり、そういうことがないように、皇室典範を作ったんでしょうに。

なにゆえ、マスコミは、乱れのもとになりかねないイメージ操作に、わざわざ加担する?

勲章受章者の拝謁は秋篠宮が天皇の名代として出席するって、亭主に教えてやったら「世も末だ」って言いましたよ。
こういうトップの乱れって、国が乱れている証拠みたいなもんだと、私も思います。

---------------------------------------------

でもね、この頃「皇室典範改正問題」で、声高に「男系男子」「女系女子」など、大きいくくりで皇統問題を言う人は少なくなりましたね。
何故か、まず「秋篠宮家」へ皇統を持ってこよう、あるいは「マコカコの女性宮家(三笠宮系は無視)」「とりあえず養子を認める」とか、皇室典範改正もえらく細かく具体的に(でも秋篠宮家に関係することばっかり)なりました。
悠ちゃんの噂とリンクするようにね。


 

よしりんというよりゴー宣のファンだったのは、薬害エイズくらいまでで、一番面白がったのはオウム真理教事件の、麻原彰晃の「隠れんボックス」の時くらいか。
あれから20年余り、私は相変わらず北朝鮮は嫌いだが、中国の方はちょっと微妙になってきた。
靖国参拝に中国が要らざる干渉をする、と怒っていたら、亭主の会社は中国へ進出していくは、娘の研究室には中国からの留学生が入ってきて、一緒に研究をすることになったと言うはで、「よしりんの言うことはわからんでもないが、そうも言っていられない」状態になってしまった。

事実、このサイトにもwenrouさんという中国の方がいらしてくださり、中国にも、日本の皇太子ご一家を好意を持って見ていてくださる人が少なからずおられる、と聞くに及んでは、考えを変えざるを得ない。

お隣の国である。
大国中国と仲良くやっていくという選択肢しかないのである。
ならば、次の「日本国の象徴」である皇太子殿下と皇太子妃殿下について、このまま捏造された皇太子像をマスコミに垂れ流されてたまるか、と言う気になる。
相手方の中国も北京オリンピック・上海万博に向けて変わったと思う。

もっとも、wenrouさんには悪いけれど、今のところ、中国産のにんにくより青森にんにくを買う。
自動掃除機はルンバを買った(このたび2台目も迷ったがルンバにした)。
パナソニックのフードプロセッサーを買ったら、台に「中国製」とシールが貼ってあったが、これはNo Problem である。

まぁ、そんな関係で、よしりんの国防論の中に書かれてある愛子内親王についても、まったくもってその通りだし、

愛子さまが将来皇太子殿下になれば日本の閉塞感は一気に払われるだろう。

には、両手をあげて賛成するけれども。

「けれども」の後にいろいろ心配事が連なるのだ。

私はよしりんと違って、今上陛下は、「天皇と国民で成り立つ【国体】」とは思っていないと考えてるからね。




  

敬宮殿下はそのご誕生を、本当に多くの人々に祝福された。
うちの亭主も、皇室のことは、たまたまニュースで流れたのを見る、程度しか知らない。
それでも敬宮という宮号は知らないが、「愛子さま」というお名前は知っている。
今年は「愛子」というトマトの苗を見つけて、買ってきた。
あの「愛子ちゃん」(うちの亭主は不敬にも敬宮殿下をこう呼ぶ)の名前をもらったトマトだというと、「そうだろうなと思って買った」と言っていた。

つい2,3日前、女性セブンの「かまぼこトラウマ」の記事を読んでいた時、コーヒーを淹れてくれと降りてきたので、お泊り行事に雅子妃殿下が同行なさるというので、学習院関係者が不満をもらしているという話を振ったら、「そりゃぁ、将来の天皇陛下だからな、仕方ないだろう」と言う。

ちなみに筆頭宮家が男の子を「わざわざ作った」ことは、ニュースを見ただろうが、全然覚えていない。
男系男子とか典範改正なんてことも、あんまり知らないようだ。
天皇を継ぐのは皇太子で、皇太子を継ぐのは皇太子さんちのお子さん、すなわち愛子さま、と単純に思っている。
その愛子さまがイジメにあわれて「不登校」(実際は不登校ではない)になり、お母さまである皇太子妃殿下が毎日お付き添いをしておられることは知っているようだ。
ついでに天皇皇后が「誰も傷つかないように」と言ったおかげで、いじめっ子をやめさせることができなくなってしまった、ということも知っている(私がしゃべった)。
それについては「なんで?傷つかないようにやめさせればいいんでない?」と、非常に脳天気な答えをした男である。

そういう男が、雅子妃殿下のお付き添いを「仕方ないだろう」という。
なぜだと聞いたら、「万が一のことがあったらどうする?その時は誰の責任にもしない、責任は親がとる、そういうことだろ?学習院の院長を切腹させるわけにいかんじゃないか。将来の天皇陛下だからな、万が一にもそういうことがあってはならんけど、万が一なんだよ。皇太子さんは、そういう意味で、雅子さんを付き添いに出してるわけだ、偉い人だねぇ。」

学習院は本当は雅子妃殿下の付き添いを迷惑に思っているのではないか(←実際は迷惑だなどと思っていない、と聞いている)と、反対のことを言ってみたら、

「ばっかだなぁ、学習院が迷惑に思うわけないわ。万が一、何かあっても『母親が付いている時に』ということになるし、だいたい一番有難いのは『最終的に責任をとってくれる人間』がいることだぞ。東電を見てみろ、政府を見てみろ、言うだけで、誰も責任をとらないだろうが。」

なんだかあんまりお気楽な意見のような気もしていたが、ちょっと人とは違う意見で、ここ2,3日、一人で反芻している。

実際、敬宮殿下は学校で大層お元気だと聞く。
授業中、妃殿下がお教室の後ろで見守っておられた時期もあったようだが、随分前から、妃殿下は応接室の方で、ご自分のお仕事をなさったり、調べ物をなさったり、時には学習院の先生方に「ご進講」のようなものを受けられたりしておられるようだ。

まぁ、別に妃殿下のお付き添いの理由が、たった一つということもないように思われるし、妃殿下が付き添われないことで、「万が一のことがあったら」を心配するのは、学習院側であり、東宮家の職員であろう。
「私たち(皇太子ご夫妻)が責任を持ちますから、今まで通り(敬宮殿下を学習院で学ばせること)よろしくお願いします」
ということもあるのではないか、と思うようになってきた。

たぶん、皇太子ご夫妻が全面に出ないと、先生も職員さんたちも、何かあったらどうしようとビビるばかりで、前に進まなかったと思うのだ。

「イジメ」などという「万が一にもあってはならないこと」があったわけだから、トラウマがあるのは学習院の方ではないか?
敬宮殿下が「将来の天皇陛下」(これ、気に入ってしまった)で、天皇という方が「誰も傷つかないように」と口を出したのだから、イジメ問題で、たいていの学校が取る措置が取れなくなってしまっている。

双方のトラウマが払拭されない限り、皇太子妃殿下のご病気を押してのお付き添いは続けられるだろう。

-----------------------*----------------------

写真は、敬宮殿下がお生まれになった時の、国民の熱狂。
男だとか女だとか、そんなことはあんまり考えなかったように思う。
「皇太子さんとこにお子さんが出来た」そんな素朴な喜びだったように記憶している。

今見ると、やはり特別なお子様だと思う。
  

「こどもの国」と言うだけあって、小さい子には特に楽しいところだと思うんだが。
これはどうやっても「悠仁親王」をメインにした企画なのだと思ったんだが。

あら、雅子妃殿下の「国母陛下」としての資質を、あますところなく、国民に伝えるためだったのね。

  

昭和86年の正月写真、並び方はこんなですが。
敬宮様の扱いを少しずつ下げていってますね。

眞子どんと佳子どんは赤ん坊の時を除きずっと天皇皇后の間で写ってきました。
敬宮様がお生まれになってから後列へやられた。
親王が生まれたら、また前へ戻ってきた。
でも、天皇の前にあんまり横幅の広いのはまずかったのか、翌年はまた後ろへやられて、皇太子家の敬宮様か秋篠宮家の親王かと対抗するような形になっている。
ところが去年22年は、敬宮様はご両親の間ではなく、雅子様の横、一番端に転げ落ちそうに座っておられる。
もう一つ椅子を用意して、どうしてゆったり座らせないのか?
私は実は、これは敬宮様を後ろへ行かせるための前哨戦ではないか、と思っていたのだ。
やっぱり!さすがに「翌年、即」とは思っていなかったけれども。

まぁ、今年の敬宮様はお小さいながら、ど真ん中に立たれて、そりゃぁ、オーラがあった。
キコさんはよっぽど敬宮様が気になるらしい。
息子が変顔して映っているのに、気がつかない。
写す方もなんだかいいかげんだね。

天皇の新年の写真だというのに、皇太子ご一家以外は、全然緊張感ナッシング。




カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika