Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2726]  [2725]  [2724]  [2723]  [2722]  [2721]  [2720]  [2719]  [2718]  [2717]  [2716
♠ 眞子さんの手話公務(バースデーフラワー 様 2014/08/30(Sat)22:34:40 wrote)
(一部抜粋)
この手話公務、当初、母の紀子さんと二人で出る予定だったのが、紀子さんドタキャンで、眞子さん一人になったみたいです。 
スーツケースのカギ事件が尾を引いてるのかな? 
それから、眞子さんの手話スピーチ、たった1分半でしたが、何度もご進講として手話の先生を呼びつけてたらしいですね。 
完全なやっつけ仕事なのに。 
来月から、何が目的か知りませんが(典子様ご結婚から逃げるため?)留学するので、手話なんてきれいサッパリ忘れてしまうでしょう。 
しかし、特に皇室に関心のない人は、こうした偶然目にした写真報道なんかにコロッと騙されるんでしょうかね?そんな馬鹿ばかりじゃないと思いたいですが。 
ホント、美智子さん譲りで、上手くパフォーマンスやってりゃ、国民なんて簡単に騙せるっているのを受け継いでるわね。

----------------------------------

私たちは、もう26年もこういうやっつけ仕事を見せられてきたわけですが、いつまでたっても違和感ありまくりですね。

昭和はそうではなかった。

明仁皇太子と美智子さんは、昭和天皇・香淳皇后のなさりようを学んではくれなかった。

これはとっても不幸なことだと思います。

時代によって公務の形は変わることはありますが、変わらぬものもあるはず。
この変わらぬものは、その人の資質に左右されるものなのだと、この頃はあきらめ始めていました。

被災地訪問まで定型化・定量化して、公務回数にカウントする。
これは、平成の新しいスタイルで、美智子さんによって完成されたと言えるでしょう。
果たしてそれを次の天皇皇后が受け継ぐかどうか?
自分のやりようを「伝統」として受け継がせたくて、そしてそのたびに「明仁・美智子賛美」をさせたいのだけれど、どうも受け継ぎそうもないので、「けしからん」と天皇とその周辺、考えることなく乗せられている人、おばかさんなのでこういう「形だけ」の方がわかりやすい人、そんな人たちが皇太子ご一家バッシングをしているのだと、考えるようになった矢先、「昭和天皇実録」ができあがりました。

編年体で書かれた12000ページには新しくわかった事実も出ているそうですが、徳仁皇太子殿下に引き継がれているであろう昭和という時代の記憶が、新しい時代の公務として、1代飛び越えて、実現する日が近くなったことを感じます。

---------------------------


たとえば「リンネ協会」

明仁さんは、ちょうど節目の時にあたって、式典だけには何とか呼んでもらえることが多いようですがw(なんと寒々しい写真でしょう!)

リンネ生誕300年記念行事での基調講演(平成19年5月29日(火),ロンドン・リンネ協会)

  

この前年に、皇太子殿下が国連の水フォーラムで皇族として初めて「基調講演」をなさり、大層評判になったのと関係があったのではないかと思っています。

(徳仁皇太子殿下、第4回国連水フォーラムでの基調講演)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/koen/koen-h18az-mizuforum4th.html



国際会議での講演に先鞭をつけられたのは、もちろん革命者美智子さまですがw(IBBYでの基調講演1998年)しかしこれは、収録されたものでした。

嫁はともかく息子が生講演したのだから、学者のチンも国際会議で「基調講演」なるものを一発やっておかねば権威が保てない、とでも思われたのか、読むとまことに急ごしらえの講演という感じがしますがw
(話があっちこっち飛んで、というかいろんなことを寄せ集めて、ご自分の行動としては「皇后と小石川植物園へイチョウを見に行った」)

この時期、天皇陛下はハゼから離れて、皇居のタヌキの論文もものされて、それに紀子妃の弟がいっちょかみしているということがありました。

http://ikimonotuusin.com/doc/416.htm 

[文献2]
「皇居内に移入されたハクビシンとタヌキについて」
(国立科学博物館専報 Vol.35、遠藤 秀紀、倉持 利明、川嶋 舟、吉行 瑞子、2000年)

皇太子さまの水の研究は、オックスフォード留学時代から地道に続けられて、折にふれてのご活動で多くの国民が知っている今日ですが、博士にはしてもらったものの、何とかそれを公務にしたい秋篠宮の学者ごっこに天皇を引っ張り出すことに成功し、拍車がかかった時期でありました。

皇太子さまの水の研究は「私的活動」と位置付けられておりますが、ただご自分で学問されるだけでなく、多くの対外的な交流が生まれ、国際的な人脈が形作られているわけです。
昭和と平成の違いは、ここにあると思います。


リンネ生誕300年に呼んでもらって、基調講演が出来たのだって、昭和天皇の ↓ こういう真のご交流があってこそのものなんですけどね。
今生さんたちにはわからないでしょうねぇ。
だって、ご招待を受けて基調講演をさせてもらっても、その人脈とか交流のエピソードとかその後のご研究の様子とか全然ないじゃないですか。

  

昭和天皇には素敵なのがありますよ。

ある国際学会で学者さんのひとりが「分類学なんかあんなもの学問とか研究とか言えるものじゃない、バカでもできる」

ところがそばに昭和天皇がおられて、アッとなった学者さん、コソコソ逃げたそうです。

昭和天皇はそれについて何もおっしゃらなかったそうですが、常々分類学についてはこう言われていたそうです。

「誰かがやらなくちゃいけないから」
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ パネルシアターかと
マコさんの身体がデカすぎて、大きなパネル(ブラックパネル)に見えた。
そのせいか、手はよく映えてたけどw。
結石 2014/08/31(Sun)08:28:33 編集
♠ 「ヘイセイ皇室」は、エライでしょ、凄いでしょとうるさくってしょうがない
違和感ありまくりというのでいうと、まさにそうです。
そのくせ、見てしまうと大したことないんですよね―
聴くに堪えない英語とか。

なんでこんなに皇室報道が多いのかと思います。以前はめったになかったよね。
かわりに、特番で「皇族御一家のほほえましい交流」が時々あったような気がする。
うーん、でもこれも平成の初期だったかも。

いまは「ほほえましい」のは全然なくって
(だって、皇太子妃がご病気だから。それはどう見てもみんながいじめているから。でもそういう文脈では語らないとなると、何も報じられなくなる)
かわりに通常のニュース報道で、エライでしょ、すごいでしょ、って感じで次々報道が。

なんでそっと静かにそこにあって
でも時々、例えば高円宮妃久子さまのオリンピックでの基調演説のように、」ああ、こんな風に皇族の方はわれわれの知らないところで人脈を築き、繫がりを持って下さっているのだなと感じ入るような、ご公務がある。
そんな程度で良いのに。
そういう風にならずに、やっつけ風お出ましばかりで、しかもそれが褒め称えられるんだろう。

そういえば、高円宮久子さまのこういうスポーツ形の御公務は、マスコミを使って批判的でしたよね。
妃殿下が出すぎだとか
不倫ではみたいなイヤらしい書き方でしたよね。
あああ。
ペリドット 2014/08/31(Sun)09:18:48 編集
♠ 劣等感。
美智子皇后。
秋篠夫婦。
ずいぶん劣等感が強いのね。自分で自分を大切に、誇りに思っていれば、
「私は高貴!
私は慈悲深い!
私は偉い!」
と、がなりたてる貧しい心はないでしょう。
幼児の作品として、どう見ても不自然な切り紙を出したり、
幼児の親王にもっともらしい黒のスーツを着せて、伊勢神宮訪問を「伊勢神宮正式参拝」の如く報道させたり、
皇太神宮の次は沖縄慰霊碑なんて、歴史を考えたらメチャメチャなパフォーマンスして見せたり。
地道な努力を重ねないと、劣等感は克服できませんよ。
射手座 2014/08/31(Sun)10:27:07 編集
♠ 本の紹介・・・アカヒが良心的だった時代
実は、アカヒ、1991年に以下の本を出版しています。
科学朝日編「殿様生物学の系譜」(朝日選書)
です。
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784022595218

この本には、江戸時代から現代にかけて、殿様や旧皇族・旧華族が生物学・・・・特に博物学謂ってみれば分類学・・・・に親しんできたかが書かれてあって、昭和天皇にも多くのページが割かれています。
昭和天皇が何故、この分野に入って来られたかも述べられています。
貴重な良書です。今生が即位してからまだ2年の本ですから、今生中心の本ではないですよ。

最後にちょっとだけですけど、昭和天皇崩御後一週間も経たないうちに、サーヤが当時在籍していた学習院大学の生物学の後期試験があったようですけど、サーヤは生物学を選択科目として履修していて好成績を収め、教授を驚かせたというエピソードが書かれています。
ウィルヘルミナ 2014/08/31(Sun)11:10:59 編集
♠ 手話
>眞子さまも手話に関心を持っていて、今年はお一人での出席となりました。
>同コンテストには昨年まで、3回臨席されている
>「私は、現在、手話を学び始めたところです。出場される皆様には、自分の思いや考えを豊かな手話で表現して頂きたいと思います」
>一部を手話通訳者に任せた


要約すると手話には興味がなかったけれど、手話ができないとさすがにやばいというのでお母様にどやされて何とか短いスピーチを覚えました。でもやっぱり馬鹿で覚えきれなかったので通訳者に任せました。
と言うことですね。

3回臨席しておいて学び始めたところって、出席者をバカにしていることに気づかないところがこの一家のバカなところ。
バク 2014/08/31(Sun)11:24:33 編集
♠ み~んな中途半端なのよね
今上さんは 「ハゼの分類をされている」 と報道されていた。。
ところが、それがいつのまにか (ハゼ → 魚の1つだよね → 魚にしちゃえ! と考えたのかどうかは不明ですが) 「魚類学者」 になり、最近では 「生物学者」 とか 「動物学者」 なんて書かれるようになった。

ハゼの分類学、どうなっちゃったんだろう?


同じように変遷したのが鯰殿下。

この人は 「鯰の研究をしてる」 と大々的に報道されてて、都内にある鯰専門料理店の大将が 「当店に来て下さった」 とTVインタビューで答えてたほどの 「ザ・鯰」 だった。
ところが、いつのまにか 「鶏の研究」 だの 「家禽類」 だのになっていった。

鯰の研究、どうなっちゃったんだろう?


鯰の女房も 「心理学専攻」 なんて宣伝されてたけど、そのうちに 「結核がどうのこうの」 と書いた、それも会場に来ている人達のアンケートを使ったショボいレポート出して 「博士様」 なんて祭りあげられている。

手話も出来ると言いながら、本当の聾唖者さん達と手話だけでコミュニケーションしている映像は無し。
壇上からのスピーチだけだから、そんな事しないのかな?


鯰夫婦の長女は、交換留学先の大学で単位を落としたのに、なんと大学院へ留学するとか。
大学でも駄目だったのに院へ進む、お笑いの道へ進むのかしらん?


うん、み~んな中途半端なのよね! 
ガーネット 2014/08/31(Sun)14:32:59 編集
♠ 出しゃばりがアダに
美智子さんの、児童図書に関する英語でのビデオメッセージ、ずいぶんニュースなどで取り上げられて私も見ましたが、一番の印象は、「この人、全く英語が堪能じゃないんだな」ということ。

この方、語学もできると持ち上げられていたけど、大嘘だな、とわかりました。

単語を一つ一つ区切り、我々日本人にはっきり聞き取れる発音の仕方、普通の学生が、英語の教科書を読んでいるような感じでした。

大したことないのが丸バレだったのに、当人は、得意満面だったようです。

一般の海外駐在員のサラリーマンの奥さんなんかの方が、おそらくずっと上手ですよ。
それこそ、雅子さまのお母様などは、けた違いに高レベルでしょう。

だから最近、皇族の語学力についての記事でも、あまり美智子さんを取り上げず、昭和時代の秩父宮妃殿下がパーフェクトな英語の使い手であったとか、話を亡くなった方にそらせてました。

他に、美智子さんの英語について、褒めるに事欠いて「ヴィクトリアン調の優雅な英語」という表現には、吹き出してしまいました。

手話も英語も、地金が見えてしまうと興ざめですよね。
大したことないなら、出しゃばらないほうがいいのに。
夏の終わり 2014/08/31(Sun)17:22:53 編集
♥ Re:出しゃばりがアダに
>美智子さんの、児童図書に関する英語でのビデオメッセージ、ずいぶんニュースなどで取り上げられて私も見ましたが、一番の印象は、「この人、全く英語が堪能じゃないんだな」ということ。
>
>この方、語学もできると持ち上げられていたけど、大嘘だな、とわかりました。
>
>単語を一つ一つ区切り、我々日本人にはっきり聞き取れる発音の仕方、普通の学生が、英語の教科書を読んでいるような感じでした。
>
>大したことないのが丸バレだったのに、当人は、得意満面だったようです。
>
>一般の海外駐在員のサラリーマンの奥さんなんかの方が、おそらくずっと上手ですよ。
>それこそ、雅子さまのお母様などは、けた違いに高レベルでしょう。

昔、皇室番組で美智子さんがどこかの大学で(アメリカの聖心だったかな?)講演した時のを流したことがあります。
それを見て「皇后ってずいぶん癖のある英語を話すんだね、あの人たち海外要人とも話さなくちゃいけないから、レッスン受けてるんじゃないの?」と話題にした友達がいたのを思い出しました。
「習ってはいるんだろうけど、ご挨拶くらいなんじゃないの?」
「天皇はきっと全然しゃべれないわね」
なんて、意見が一致しました。
ニコニコして手を振っていれば過ぎていく、そんな認識でしたね。

戦前の皇族たちの猛勉強ぶりを知ったのはこのブログを始めるちょっと前くらいです。

美智子さん、自分はかなりレベルが低いってことを自覚してなさそうなんですが、何なんですかね?
かなり、競争心の強い方とお見受けするんですが、雅子さまや久子さまに対しては、どんな風に思ってるんでしょう?

まさか、自分の方が上だと思ってはいないですよねw
1/3管理人  【2014/08/31 17:43】
♠ Re,Re:出しゃばりがアダに
re:1/3管理人
>まさか、自分の方が上だと思ってはいないですよねw






思ってますよ、あの方なら。

「わたくしは留学したことがないので。」
に続くのは、
「たいしたことはないと思われているでしょうけど、わたくしのほうが美しい英語を話しますし、わたくしのほうが勉強できますのよ。ですから、わたくしは全てにおいて、東宮妃よりも上ですよ。」
という自慢です。

背の君が、「浩宮の赤ちゃん言葉がよく分からないですね。」と会見で発言した時、あの方は「いえ、分かりますよ。」と笑いながら断定して、次の天皇たる背の君をバッサリと否定しました。

あの方は自分より上の人間が許せないので徹底的に叩き潰して、自分が上だと示すのです。
初秋 2014/08/31(Sun)23:04:23 編集
♠ 友を見れば…
>思ってますよ、あの方なら。

内心では気付いてて、事実から目を背けているのだと思います。
だからそれが露呈する場面を必死に潰している。
「久子も雅子も頭は私より上かもしれない。だけど私は男児を挙げた。それを無意味にする典範改正は通してはならぬ」と、あの懐妊劇を仕組んだ。
キコさんなら男児を産ませても、自分の方がスペックは上だから。

美智子さんは劣る人を傍に置けば自分が引き立つと思ってる。
世間は付き合ってる人を見て、その人のレベルを知る。

久子妃、雅子妃と20年親しく付き合えば、ご自身の知識も相当増えたのに。
ヨイショする人としか付き合わないから、自分が高くならない。
中秋 2014/09/01(Mon)08:55:17 編集
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika