Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
もうずっと以前から気がついていた方いらっしゃいますかぁ?>背面ブローチ。

月兎さまから画像いただきました。



前からやってるんだw


でも、なんで普通に皆様がしておいでのつけ方、イヤなんでしょうねw

ハグする時、ひっかかるから?

自分の顔くらいの大きなコサージュつけて、サーヤにピアノ教えていた(ふり)のにね。

でもやっぱり背中にブローチは





(´゚`c_,´゚` ) プッ

-------------

そうそう、こんなの見つけた。

皿さまにおかれましては、壁タイル柄がマイブームなのかな?

  

この間、クマテツ見に行った時のお洋服。
壁タイル柄のバイアス使い。
ぼかしはやはりはずせない(アテクシの歴史だから)

遊びの時のテイストを歓迎式典とか、晩餐会ドレスなどフォーマルに取り入れるのが




アテクシ流。


チェックやストライプはカジュアルなんて言わせないわよ。

  


だーって、アテクシは、神になって祠に入るのよー!

何でもアリなの(壁タイル柄 ウスバカゲロウ片羽根流し 裏ブローチ付き)












うちのお風呂にそっくりなんですがw
白い大きいタイルで、目地はグレーです。
皇太子さまの帝王教育を調べているうちに、建武中興やら太平記やら出てきて、それならと図書館で太平記を借りてきた。
太平記は、むかしむか~し、少年少女世界文学全集というのがあって、日本のものの中にそれがあったのを読んだだけだけど、かなりおもしろかった覚えがある。
なんせ講談のネタ本だと言うからね。

講談社の少年少女世界文学全集は今でも本棚の奥の方にあるけれども、今さら少年少女でもなし、太平記の原文(注釈つき)を借りたのだけれども、のっけから、謀議の席に、うすものをまとった美女を20人くらい呼んでなにやらかにやらと書いてある。
(おいおい、ハカリゴトするのにコンパニオン呼んだのかよ)

太平記ってどっちかと言えば南朝寄りに書かれていると思っていたけれども、さらにパラパラと見て行くと、建武中興って良い時代だったけど、3年しか続かなかったんだよねー、と書いてある。
後醍醐天皇のご親政は最初良かったけどさ、なんせこの人は女癖が悪く、最初の御后は周りも「さっすがー」とうなるほどの絶世の美女だったけど、何が気に入らないんだか、最初っから手つかずで、かわいそうに一生お手がつくことなく飼い殺し、御面相はそれよりちょっと落ちる二番目に何人か子を産ませ、それだけでは足りずに女あさりが激しくて・・・なんて、南朝寄りなんだかどうなのかよくわからなくなってくることが書いてある。

やっぱりちょっとは北朝をヨイショしないといけないんだろうな、なんて思いながら、あの少年少女版のワクワクドキドキした大塔の宮が唐櫃に隠れるところを探したら、もうちょっと先だった。

あかん、根気が続かない。
こうなれば、吉川英治の「私本太平記」に頼るしかない、確か亭主が吉川英治全集を持ってたはずだ。

とまぁ結局、無教養の庶民は、「すらすら読めておもしろい」方へ走ることになる。

--------------------------------

皇太子殿下に史学科進学を勧めたのは、ご自身もオリエント史学者として歴史にご造詣の深い三笠宮殿下だったようで、(もちろん週刊誌や平成の天皇・皇后age本には、お父上のご英断だと書いてありますがねw)最初は「平家物語」のご希望を持っておられたそうだが、安田先生が鎌倉時代を勧められたのだそうだ(理由はまた別の機会に)。

--------------------------------

寒くなったが、良いお天気にふらふらとワンコを連れて、太平記の舞台を歩いて来た。

篠村八幡宮、足利高氏の倒幕挙兵地として知られる。
高氏が願文とともに鏑矢を供えたことから、多くの武将がそれに倣い、鏑矢が山のようになったのを埋めた矢塚や、旗揚楊など、太平記ファンには有名なところだが、京都亀岡の町にこじんまりとあるお社で、特に観光地として売り出しているわけでもない。



びっくりしましたねぇw
浩宮さまがお成りになった石碑が建っておりました。
いつ頃のことかわからないけれども、皇太子になられる前でしょうね。
昭和の時代、私は「桜井の別れ」の歌で「逆賊足利尊氏」なんてすりこまれてましたがw



浩宮さまの帝王教育:7歳にしてお一人で地方ご視察

 

おみかんの値段はどこで決まるのか?と鋭い質問をされていらっしゃいますが、さすがですね。

----------------------------------

今週の週刊女性では、ショーライノテンノーも帝王教育として沖縄へおいでになったと書かれているようですね。
後でチェックしなくちゃ。
浩宮さまと同じ7歳なんですよね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_56157/


----------------------------------

あ、おまけです。
前にワンコ連れで遊びに行ったところですが、こんなのがありました。

足助八幡宮というところです イイナ o(^^o ) ( o^^)o イイナ


   


 


・国際秩序は主権独立・内政不干渉を前提

まぁ、どっかの国に聞かせてやりたいわ。
難しいけど、頑張って読みます。



女性宮家の、マヤカシや日本国への悪影響を思うと、里人さま皆さまの意見に、大いに大いに同意いたします。 
 
自分は本日気づいた「ウソっぱちマスゴミ」につきまして。 
 
今週号のサンデー毎日(2012年5月6・13日合併号)において「皇族間格差」として、愛子様に警護20名、高円宮絢子様に1人というウソが書かれていました。 
新潮の写真を見てもそうですが、愛子様に20人警護なんて実態はない。明らかに水増しです。 
 
さらに、サンデー毎日では、偽物と思われる「学習院関係者」が、「浩宮さまの頃は、警護は目立たないところに2?3人でした」などと、これまた、とんでもない捏造の過去話をしています。 
 
「浩宮さまの中・高校生時代」の警護の様子は、武者小路実昭氏著の「メイド・イン・学習院」にも書かれていますが、校外学習のおりには、出発点から到着先の遠方まで、沿道20m置きに警官がずううううっと配備されていた、という凄い物です。 
 
さらに、自分が目撃していた学習院大学時代は、屈強なSP10名程度と、事務方のおつき1名が、勝手知ったるキャンバス内でもバッチリ警護していました。 
 
このため、休校で授業が無くなっても、浩宮さまは喫茶店に入ることもためらわれ(物々しくなるから)、履修外の授業に出ていたのは有名な話です。 
ですので、当時の教授達は、まず学期の始めに履修者に「殿下がいるかどうか」を確認し、いたとしたら休講はなるべく慎まなければならず大変だった、という話も、教授から聞いております。 
 
ネットも無ければ、無差別テロ・通り魔・サリンもなかった1970年代(学生運動はあったけれどね)に、このような警備がされていたのはれっきとした事実です。 
どの口で、この偽物学習院関係者は警護2?3人などと詐称するのか! 
 
さらに初等科におきましては、例えば、私が当時ドッチボールのボールが茂みに入っていたのを追って園庭の茂みの先に行くと、屈強なおじさんが立っていました。殿下とは学年も違った私でも、護衛という存在は知っていましたよ。 
侍従のようなソフトな人は他に数名来ていましたから、それ以外に護衛のプロが園庭に数名以上居たと思われます。のどかな60年代にです。 
 
池田小事件も起きる今、「誰でも入れるオール学習院の集い」で、警備をそれなりにして何が悪いというのでしょう。 
そもそも、文春、新潮、毎日、週女、自身、フジテレビ、NHK、etc、すでに警備人数より多いじゃないの。
「毎日」も「朝日」と同じで、悪質プロバガンダをしております!
 
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika