Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941]  [940]  [939]  [938]  [937
  

日本ハンディキャップ論というのは別に小和田氏の持論でもなんでもなく、小沢一郎も同じようなことを言ってたことがある(日本改造計画を書いた頃だったかな?ちょっとウロですが)。
中身を読めば、大半の人は「そうだろ」と言うようなことである。

しかし、ネットの特に皇室関係では、なぜだか真摯な国論とはかけ離れて、小和田氏を叩く道具にされている。
しかも、論の中身がめちゃくちゃ。

これについて考察している人がいるので、そのサイトをお教えしよう。
「うふ」と笑ってしまう,絶対。

http://sassasa1234.seesaa.net/article/113918447.html

要するに「日本ハンディキャップ論」とは、もともと雑誌『プレジデント』の対談(1993年)において、小和田外務次官(当時)が東京芸大の平山郁夫氏に「日本の今後行くべき方向は?」と質問されて答えた「3つの選択肢」


(1)極東の特殊な国として生きる
(2)普通の国として生きる
(3)ハイディキャップ国家として生きる


のうちの一つなわけで、


簡単に言ってしまえば「『吉田ドクトリン』(軽軍備・経済発展重視)を今後も続けていくという発想」に過ぎないわけです。



つまり、「日本ハンディキャップ論」とは、湾岸戦争当時の「国際貢献」を思い出せばわかるように、「日本は軍事による国際貢献の代わりに経済による国際貢献をします」というだけの話。


軍備によって国際的発言力を持つことはしないが、その代わりに経済力で国際的発言力を持つようにする、ということであって、「中国・韓国への謝罪賠償」なんぞ一切関係ナシ。

----------------------------------------------

海竜社 タイ の話もおかしいw

ま、そんな繋がりもあるのかしら?

ともあれ、
小和田氏の講演や著書をきちんと読めば、殆どの人は小和田氏がドス子の事件簿で言われているような馬鹿馬鹿しい論を主張するような人ではないことがわかる。
こんな知恵も学歴もない婆さんでも、「そんな簡単なことではない」というくらいはわかるのだから、ましてここに集う真の皇太子ご一家ファンに於いてをや。
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ なるほど
マスコミを使うのが上手、というのの具体例というか、
タイ・ネットワークの一環とでもいうか。



綾川 2011/12/29(Thu)23:44:03 編集
♠ はじめまして
ここ最近の皇太子ご一家に対する、捏造妄想バッシングブログに、本当に怒り心頭の日々です。
小和田家のことも、散々な言いようです。
こちらのブログに出会えたこと、幸せに思います。
まいこ 2014/07/21(Mon)03:38:44 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika