Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2775]  [2774]  [2773]  [2772]  [2771]  [2770]  [2769]  [2768]  [2767]  [2766]  [2765

 岩佐美代子著「宮廷の春秋」


昭和天皇実録は確かな史料から、天皇が実際に行われたこと仰ったことを時系列で並べられているらしいが、河井弥八日記も淡々と事実が述べられていて、わたし的には入江相政日記の方が断然おもしろい。

しかし、例えば皇居に水田があることについて、入江氏は他の随筆の中で明治からあったと書く。
「いつのまにか作られなくなって、草ぼうぼうになっておりましたな」
入江氏にとって、滅んだ為政者の居城に皇室が入り、今や面影もなくなった城の中の栄枯を語りつつ、水田があることのおかしみが重要らしいのだが、河井氏は、裕仁皇太子に「もっと民のことを知らねばいけません」と言い、民の苦労を経験するために同じようにコメ作りをやってみてはどうか、と勧める。
裕仁皇太子は、やってみようと日本各地からいろいろな種類の稲の苗を取り寄せ、秋にはどれがどれほど収穫できたか、また日本各地の現況はどうか、情報を集められる。
「なぜ、このイネは収穫率が悪いのか、天候のせいか?現地ではどのようであったか?」と専門家にお尋ねになる。
ご自分でも作付けの仕方を工夫したりなさる。

この水田は、皇居の生き字引入江相政氏の言う水田ではなく、今も昭和帝にならって今上陛下が田植えをなさり、秋には稲刈りをされ、その収穫米は新嘗祭に用いられる。

この律儀な侍従次長について、岩佐氏はこう述べる。

>大正天皇崩後の昭和新時代の内廷改革、特に第一皇女照宮さまのご教育の在り方について、根本的方針を立て、その実現に尽瘁された方でございます。

明治帝の女のお子さま方は、宮中で女性皇族としての教養を女房たちから習っておられ学校へは通われなかったし、大正天皇は男のお子さまばかり、昭和天皇のお子さまから、皇族女性への近代教育が始まったわけです。

岩佐美代子氏の父親は

>敗戦直前の昭和20年8月10日に東宮大夫に就任、戦後の皇室の新たな方向付けと、GHQへの対応とに苦慮しつつ、現天皇の中学時代のご教育に当たった、父、穂積重遠

彼は、バイニング夫人とは考え方が違っていたようで、しかし、夫人のやり方はいつも東宮大夫の頭越しになされて、昭和天皇の信任厚い人ではあったけれども、3年半で教育参与の座を小泉信三に渡している。

考え方としてはなかなか中庸かつ公平な見方をする人で、尊属殺人罪(刑法200条)(1973年まで通常の殺人罪(刑法199条)とは別に設けられていて刑が重くなっていた)は違憲だと主張した。(1950年に尊属殺人罪は違憲というのは、画期的な考えなんですよね。)

曰く「「孝は百行の基」であるのは新憲法下でも不変であるが、かのナポレオン法典の「子は年齢の如何にかかわらず父母を尊敬せざるべからず」や、殺親罪重罰規定によって、親孝行を強制せんとするは、法律の限界を越境する法律万能思想であって、かえって孝行の美徳の神聖を害するものといってよかろう」


これを読むと、今生さんが対馬丸のゴコームで

>「護衛艦は、そういう時には助けないという、そういう決まりになっていたんですか?

などと、質問したことが思い出され(法律万能思想)、今生さんがバイニング夫人ではなく穂積さんの考え方に共鳴していたら、今頃どうなっていたかな、と思ったりする。

まぁ、戦前のものは何でも悪いことにされたし、アメリカがブイブイ言わせていた頃だから、仕方ないかなー。

穂積さんはまた文化面でも造詣が深い教養人で、第一高等学校の校歌を作詞したりしている。

シベリア・シベリアと日露戦争に勝利してもロシアの脅威はなかなか去らなかったと見えるけどねw

http://www.youtube.com/watch?v=vXsUWvCsJnY (都の空に東風吹きて)

二、
さはれ皆人心せよ 春は都にたちぬれど
シベリア未だ冬にして 猛鷲獨り羽を搏つ
七、
経世の策胸に在り 降魔の劔腰に鳴る
東亜の天地三千里 健児飛躍の舞臺ぞや
八、
北シベリアに風暴く 西黄海に浪高き
今年の春の紀念祭 健児無限の慨(おも)ひあり


(つづく)
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 照宮様の作文
私の父方母方、双方の実家には昭和天皇の御真影と照宮の写真が掲げられていたそうだ。
この第1皇女の聡明さは国民の知るところであったようで、昭和天皇香淳皇后、さぞや頼りにされていたろう。
前に照宮10代半ばと思われる作文全文を載せてもらったけど、また蒸し返します。素晴らしい内容なので。
「私はどういうめぐり合わせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。
いつどこにおいても私は優れていなければならない。
私は皇室を背負っている。
私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。
どうして安閑としていられよう。高い木には風が当り易い。
それなのに高きにありながら多くの弱点を持つ自分を見るとき、この地位にある資格があるかどうか恐ろしくなる。自分の能力は誰よりも自分で一番よくわかっている。ともかく私は自分で自分を育て、築きあげていかなければならない。
この炭鉱の奥深くで、来る日も来る日も働き続け世間から忘れ去られ、そして人知れず死に行く運命をもった人々の前に立った時、護衛の警官やおおぜいのお伴をひきつれている自分の姿に、いたたまれぬ申し訳なさを感じた。」
射手座 2014/09/23(Tue)18:45:44 編集
♠ 岩佐美代子さんは穂積重遠氏のお嬢様だったんですね
岩佐美代子さんは照宮さまのご学友としての経験、とりわけ照宮さまへの深い敬愛の念をさまざまな著書に書いていらっしゃいますね。

また、「穂積」ってなんか記憶にあったとググって見ると、渋沢榮一氏の長女の夫が穂積陳重氏(重遠氏の父)だったんですね。
渋沢榮一の伝記では、不肖の(というか、偉大な父の期待に押し潰された凡人というべきか)長男篤二の養育に意を砕いたしっかりものの長姉夫婦として、穂積氏の名が出てきます。
ずっと年上の姉が聡明なしっかり者で、待望の後継ぎの長男が軟弱で、長男の子(孫)が後継ぎになっていくって、あれ、って気もしますが。

ともかく、学習院の人脈ってそういうものなんですね。ふむ。
NONAME 2014/09/24(Wed)01:59:03 編集
♥ Re:岩佐美代子さんは穂積重遠氏のお嬢様だったんですね
>岩佐美代子さんは照宮さまのご学友としての経験、とりわけ照宮さまへの深い敬愛の念をさまざまな著書に書いていらっしゃいますね。
>
>また、「穂積」ってなんか記憶にあったとググって見ると、渋沢榮一氏の長女の夫が穂積陳重氏(重遠氏の父)だったんですね。
>渋沢榮一の伝記では、不肖の(というか、偉大な父の期待に押し潰された凡人というべきか)長男篤二の養育に意を砕いたしっかりものの長姉夫婦として、穂積氏の名が出てきます。
>ずっと年上の姉が聡明なしっかり者で、待望の後継ぎの長男が軟弱で、長男の子(孫)が後継ぎになっていくって、あれ、って気もしますが。
>
>ともかく、学習院の人脈ってそういうものなんですね。ふむ。

昭和天皇が「重遠ならばヨシ」と言われたのはなぜか、と言うことを考えてみました。
法学を学んでいる人の中では、重遠は知らないけれども「穂積と言えばチンチョーさん?」という人がいる。

ウィキを見てみましたら、父・陳重は日本の民法の大元を作った人、法実証主義、進化論を勉強し日本の習俗を研究し、天賦人権説を批判し、法律も変化していくべきと考えた人なんですね。
戦前の昭和で天皇を神に祭り上げ、軍による全体主義を図るようになり、祭り上げられていた昭和天皇ご自身が日本の法体系をどう考えていらしたか、終戦まじかに息子の重遠を教育参与兼東宮侍従にしたことは、非常に意味のある事だと思うんです。

少なくとも、皇子皇女の教育に関しては、皇室は民主主義の意味をよく考えて学ばせようとしていたと言えると思いますし、学習院もその法体系に沿って先生を用意した。
どなただったか東宮侍従になってくれないかと学習院から話が来たと書いています。
学習院は宮内庁の教育人事に深く関与していたということがわかるエピソードです。

私は、その名残は昭和時代には多く残っていたと思うんですよ。
学ばんやつが多すぎただけでね。

とにかく、敬宮さまと学習院に期待しています。
1/3管理人  【2014/09/24 06:53】
♠ 穂積陳重
お名前は知ってましたが相当な方だったのですね。
尊属殺人を違憲と主張された息子の重遠さん、「孝は百行の基」と親孝行の大切さを認識されています。
それは強制するものではないと、強制したら美徳が侵害されると、かなりのロマンチストと感じました。
バイニング夫人がダメというのはこういう方を辞任させたことでもよく分かります。

対馬丸のゴコームは全体的なお考えを持って当たって頂きたいです。

brubru 2014/09/24(Wed)09:39:13 編集
♠ 師だけが立派でも
学習院が皇族教育については多くのノウハウを持っていることはわかりましたが、秋篠宮家全員が学習院を離れたのはいいことだと思いました。
立派な先生を用意してもらっても生徒にその資質がなければ邪魔になるだけです。
前の方の記事で授業中おしゃべりして注意された礼宮が「好きでいるわけではない」と口答えしたことが書いてあったように思うのですが、好きでないなら出て行ったらいいと思います。
ただ困るのは秋篠宮家の殆どが自分の関わっているものを権威化させようとしていることです。
権威化は利権に繋がります。

それに天皇皇后が手を貸してる。
こんなこと汚すぎます!
フレッシュバジル 2014/09/24(Wed)10:09:35 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika