Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
  

昭和天皇にとって、皇太子時代の欧州訪問のご旅行は、プリンスからキングへの道を歩まれる「帝王学開眼」の第一歩であった。
父君、大正天皇をはじめ、元老西園寺公望公、原敬首相の熱意によって、世界に目を向け、見聞を広めるためのご旅行が実現した。
大正10年3月、お召艦「香取」で横須賀をご出発、大正天皇がご静養になっておられた葉山御用邸沖を通ってまず香港へ。
ポーツマス軍港外に碇泊する「香取」までお出迎えいただいたエドワード皇太子とご一緒に鉄路でロンドンへ。
英国王ジョージ5世陛下(エリザベス女王のお祖父さん)は、昭和天皇(当時皇太子殿下)をお孫さんのようにかわいがられ、バッキンガム宮殿にご案内された。
ロンドンでは王室の賓客として3日間、政府の賓客として5日間、あわせて8日間の国賓としてのご滞在であった。
     (サンケイ出版 皇室の昭和史)

昭和46年9月、敵となった大戦を挟んで50年後、香淳皇后を伴われて、ヨーロッパご訪問。
ロンドン、ビクトリア駅にはエリザベス女王夫妻がお出迎え。
近衛騎兵隊の護衛で白馬の6頭立て馬車でビクトリア駅からバッキンガム宮殿までパレード。

今回、エリザベス女王即位60周年のお祝いに、皇太子殿下がご出席になれば、お孫さん同士。
ご長命の女王陛下には3代続いた日英関係の証としてとても良いお祝いになったと思うのだが・・・。

政府は「私は貴女の戴冠式に出席したんですよー、60執念(もとい周年)にも出た人なんていないでしょ、私だけですよ、すごいでしょうニコニコ」の方を選んだのね。


--------------------------

追加(只今、Rosa wichuraiana さんからメール)

記事「女王陛下の対日戦略」ですが、明仁・美智子コンビは英国からのご招待のようです。
検索したら、こんなのがありました(四国新聞)。
皇太子さまでなかったことは明仁さんのせいでも政府のせいでもないので、訂正した方がいいですよ。


 敗戦国日本からやってきた19歳の青年皇太子を、老宰相チャーチルは手厚く遇した。歓迎レセプションでは、慣例を破って女王への乾杯の前に皇太子に杯を捧げ、長い歴史に培われた日本の優れた文化と芸術をたたえた。1953(昭和28)年4月のことである。
 
第二次大戦の終結から8年。戦争で疲弊した英国はまだ物資の配給制が残り、敵国だった日本への嫌悪が強かった。
 
チャーチルは接遇の陣頭指揮を執り、対日感情を和らげるのに腐心したという。大の親日家だった母ジェニーの影響があったと、「チャーチルが愛した日本」(関栄次著)に書いてある。
 
随員だった吉川重国氏(故人)の著作「戴冠紀行」にも「あたかも孫を扱うようにほんとうに打ちとけて」と、チャーチルへの感謝が記されている。この日を境にメディアの反日キャンペーンは収まり、6月2日、皇太子はエリザベス2世の戴冠式に参列、天皇の名代として大役を果たした。
 
初の海外歴訪で親愛に満ちたもてなしを受けた記憶が皇太子の胸に深く刻まれたことは想像にかたくない。きょう、皇后とともに向かわれる英国は8回目の訪問。心臓手術から日の浅い今回も「ぜひ」と希望されたという。
 
59年前の戴冠式に参列し、今回の祝賀行事にも招待されているのは陛下とベルギーのアルベール国王だけ。86歳の女王と78歳の陛下。お二人だけに通じる滋味深い会話がきっと交わされるだろう。よい旅になることを心からお祈りする。(L)
 
  

「女性自身」(平成24年5月1日号)の記事について
平成24年4月19日
 
「女性自身」(平成24年5月1日号)の記事「雅子さまご病状”暗転”の訴えに美智子さま下された『涙の決断』」の中で,事実に反する記載が見られます。事実関係及び宮内庁としての対応は下記のとおりです。
 
 
4月10日の天皇皇后両陛下のご結婚記念日に際し,今年は御所にお子様方ご夫妻がお集まりになって夕食会を行い,お祝いをなさったことにつき,宮内庁が事前に異例の発表をしたと記載されておりますが,記事にも書かれているように”私的な行事”なので,例年通り今年も宮内庁からは一切発表しておりません。
 
当庁においては,女性自身編集部に対して,速やかに同記事についてしかるべき訂正処置を取ることを求めました。


-----------------------------

えー!

「宮内庁記者」が「発表されたよ」と記事中で言っているのだから、訂正処置より、その「宮内庁記者」に厳重注意するのがいいんじゃないの?
それとも、そういういい加減なことを言う記者は、出入り禁止にした方がいいよ、宮内庁さんw

でも、2ページに渡る記事中の一番最初のところ1,2行に対し、なんでそんなに必死こいて反論するの?

当庁においては,女性自身編集部に対して,速やかに同記事についてしかるべき訂正処置を取ることを求めました。

女性自身は、どうするのかな?
 
最初の宮内庁発表については、錯誤がありましたが、記事本文の内容については宮内庁からの反論・指摘はございませんでしたので、事実と認定されました。
よって、
 
「皇后さまの涙の決断の記事を読めよ、皇后さまがいかに公務しない嫁にも気を使ってやっているか、降嫁したサーヤ様が手助けをしているか」
   ↓
「だからァ、皇太子妃が役に立たないからさぁ、(愛子様の送り迎えはできるのに公務は出来ないって書いてあるだろ)女性宮家創設は必要なんだってば、サーヤ様がお戻りになれるようにしなくちゃいけないんだってば」

という、宮内庁の意図を読者の皆様には的確にお汲み取りくださいますようお願い致します・・・とかw


-----------------------------

上は卜部日記。

美智子さんが歌会始で、会場から退出する際、参列者にヘコヘコしたのはイクナイ、と侍従職の一部(つまり天皇側だね)がケチをつけた。それを文春が「東宮職と侍従職との確執」として記事にしたらしいが、当時の侍従職は

「週刊誌に抗議しても泥仕合になる」と

記者に直接応対したらしい。

平成の主は、とにかく国民に周知させねば承知できないんだね。
それがどんなにくだらない様に映っていることか。
 

  


初等科2年の「たんきょりきょうそう」と言う詩。
いかにも少年らしい短く強い詩だ。
文章でも、非常にさっぱりとした感じを受けるので、こういう文学関係は、すぐに歌詠み巧者である美智子皇后のお血筋だ、となるが、美智子皇后の文章は、もうちょっとねばっとくどい味がする。
歌でいうと「地球の春」とか「歳時記に見ず」とか、ちょっと普通の人では使わない言葉が使われていて、それはそれで、非凡な才能なのだろうけれども、これは勉強した大人が創り出したとも言える言葉の使い方である場合もあって、浩宮様の感性とはちょっと種類が違う。

少年が日常の中で見出した普通のものが持つ美、あるいは平凡な中に潜んでいた美、それらを意識なく取り出して言葉に出来るそういう感性は、母親のものとはちょっと違う、と常々思っていたので、雅子さまを叩くにっくき松崎であるが、物書きとして美智子賛美の範疇に入らないものを、鋭く感じたのかもしれない、と思ったりする。
ある意味、文章に対する感覚は鋭敏である証拠かもw

しかし、昭和天皇似とは驚いた。

昭和58年発行の松崎敏弥著「皇太子・美智子さまのご教育」という本の一節である。


  

左斜め15度から撮りなさいよ、という指令は出ていない模様。
お顔も見えないし、長靴履いて、でもお人柄と仲の良さがあふれでています。
  

やんわりと「美智子妃age香淳様sage」をたしなめられた昭和天皇。
やーーーぱり、この手の捏造報道って多かったんだ。
写真雑誌のこんな小さな囲み記事で言い訳したりして・・・バカ毎日。
お詫びの全面広告でも出せばいいのに。

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika