Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792]  [1791]  [1790]  [1789
  

この人、自信あったんやなー、とちょっと引いたお写真。
あのテレビ会見の消え入りそうな声は何だったんだろうと・・・

この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 雑感
勝ち気で自信家な女性の表情そのもの。
不安な気持ちなど皆無の口元。
完璧、という彼女の声が聞こえてきそうではないか。
自分の全てに満足している表情だ。

鏡に写ってこそ、レンズを通すからこそ、被写体の本性が表れる時がある。
この写真はまさにその一瞬と言える。

彼女は弱くなどない。その逆で非常に強く、プライドもかなり高い。




可能ならこのカメラマンに、この時に感じた本音を聞いてみたい。




富士フイルム 2013/07/13(Sat)13:49:39 編集
♠ 「ルートヴィヒ」
イタリアの偉大なる映画監督ルキノ・ヴィスコンティには「ルートヴィヒ」と言う作品があります。19世紀末のバイエルン国王の数奇な生涯を描いた映画です。
この正田美智子さんを捉えた構図、「ルートヴィヒ」における主人公ルートヴィヒⅡの登場場面と全く同じなんです。
まず、若いルートヴィヒの正装の背中を映し、宝石の首飾りがかけられ、シャンパングラスと震える手。緊張する青年王の表情。そうです、戴冠式寸前から物語は始まるのです。
しかし、正田美智子さんは戴冠はしません。残念でした。彼女のホロスコープ天頂には、闘いの火星と人気の海王星があります。が、肝腎の本人の太陽は「秘められた12室」にいます。縁の下の力持ち。向かない向かない。
「ルートヴィヒ」の日本における副題は「神々の黄昏」でした。
まさか、美智子妃との成婚が「皇室の黄昏」なんて、冗談じゃない。
射手座 2013/07/13(Sat)15:43:30 編集
♥ Re:「ルートヴィヒ」
>しかし、正田美智子さんは戴冠はしません。残念でした。彼女のホロスコープ天頂には、闘いの火星と人気の海王星があります。が、肝腎の本人の太陽は「秘められた12室」にいます。縁の下の力持ち。向かない向かない。

結局は天皇より1歩引いた位置にしかいられない皇后を理解していなかったと?
彼女は一生その1歩の差にイライラするのでしょうか?
1/3管理人  【2013/07/13 16:24】
♠ 美智子さまと華子さま
華子さまの、婚約から結婚の儀の朝、御実家をあとにされる写真をみたことがあります。

美智子さま→映画・海外の王室を参考に
華子さま→お身内のかた(入江侍従長・徳川侍従長など)のお話しをもとにお支度をされる

私が、この世に生まれる前のことなので、皆様のお話し・写真などでしか判断が出来ませんが、あの時代あのように胸元をあけたドレス、日本に受け入れられたのが不思議です。
大和三山 2013/07/13(Sat)21:03:22 編集
♥ Re:美智子さまと華子さま
>私が、この世に生まれる前のことなので、皆様のお話し・写真などでしか判断が出来ませんが、あの時代あのように胸元をあけたドレス、日本に受け入れられたのが不思議です。

雅子さまがあれくらいの胸のあいたドレスだったら、叩かれてると思います。
なんででしょうか?
日本はどんどん保守的になってきた?
ハリウッド女優があんな服をよく着ていたわね。
でもグレースケリーもウェディングドレスは総レースだけど肌の露出は少なかった。
http://lifeloveandlace.onsugar.com/date/2011/4/28
1/3管理人  【2013/07/13 23:40】
♠ 宝石は着けてないけど
ああーっ、なんてきれいなの、鏡の中のわたし~♪

って歌が聞こえてきそうですね。

でも脚が太いなあ。雅子様の脚に嫉妬するはずだ。
カスタフィオーレ 2013/07/13(Sat)21:44:23 編集
♥ Re:宝石は着けてないけど
>ああーっ、なんてきれいなの、鏡の中のわたし~♪

そう言えば近所のおばちゃんたちが集まって、美智子さんのこと
「この人、きれいだけど、足が曲がってるのが難だよね」
って言ってた。
当時はおばちゃんたちの間では「O脚」って言葉はなかったのかな?
1/3管理人  【2013/07/13 23:54】
♠ 拡大しよう!
200%といわず、思いっきり拡大して見て下さい。

ほんと、もうね、凄いッス。
女帝の片鱗どころか 女帝そのもの! って顔ですよ、これ★
ガーネット 2013/07/13(Sat)22:14:09 編集
♠ Re:美智子さまと華子さま
大和三山さん
>あの時代あのように胸元をあけたドレス、日本に受け入れられたのが不思議です。

私が知る限りでは、受け入れた方はおりません。
胸元が開きすぎていると云うことの前に、皆さん、「あの時間で、なぜあのドレスなのか。」と呆れておりました。


匿名でお願いします。 2013/07/14(Sun)09:30:35 編集
♠ 管理人様へ
コメント、ありがとうございます。

雅子様は、派手なもの・地味なもの、それぞれご自分にあわせて、お召しになる。

参考になります。

馬車より、お車のパレードのほうが、お顔をながめやすいと思うのは、私だけでしょうか。
大和三山 2013/07/14(Sun)11:10:58 編集
♥ Re:管理人様へ
>馬車より、お車のパレードのほうが、お顔をながめやすいと思うのは、私だけでしょうか。

確か、馬車でのパレードを進言した議員さんがいましたね。
もし実施されれば、数倍華やかだったと思いますが、費用はかかるし、馬を揃えたり、訓練したり、美智子さまの時より、大変だったと思います。
今は交通量がはんぱでないですものね。
パレード直前まで降っていた雨があがって、しまいには日も射してきました。
お美しかったですねぇ。
私はどちらもテレビで拝見してましたが、美智子さまの時は、モノクロで、映像もそれほど綺麗じゃなかったので、なんか途中で飽きてしまった覚えがあります。
顔の広い人だというのが印象でしたねw

雅子さまご成婚の日の新聞を取っておいたのに、亭主が犬の散歩に使ってしまって、とても悲しかったです。


1/3管理人  【2013/07/14 13:51】
♠ 匿名様
匿名様、はじめまして。
大和三山と、申します。

コメント、ありがとうございます。

やっぱり、そうでしたか。

華子様・容子様・信子様・久子様と、皆様ご自分の立場にあわせた、御召し物だったので疑問におもったのです。

雅子様の、御召し物も素敵でした。
ビタミンカラーで、さまざまなものを吹き飛ばそう、てかんじで好きです。

皆様に、おしえて頂くばかりで恐縮してしまいますが、よろしくお願いいたします。

大和三山 2013/07/14(Sun)11:22:08 編集
♠ 私はテニスウェアに「?」。
幼稚園の頃に読んだ「おそ松くん」に「皇太子と美智子妃はテニスで知り合った」との台詞がありました。
後年、正田美智子さんは軽井沢をテニスウェアで歩き回った、と知りました。真偽のほどは知りませんが。
映画「太陽の季節」「狂った果実」の時代でしょう?そうとうの不良娘でも、スカートは膝下。それをテニスウェアで歩き回るなんて、お嬢様なのに凄いなあ…と。
射手座 2013/07/14(Sun)12:55:43 編集
♠ 馬車といえば
馬車の話し・テニスの話しは、かならず皇室特集で出ますね。

皇太子様・雅子様のパレードは、印象が強いですね。

朝・雨、昼・小雨、パレード・晴れる。
まるで、今をあらわしているような。

「雨降って地固まる」
雅子様が着ていらした、上着も「雅子様らしいな」と、思いました。

襟元をはずせば、いつどこでも着れる。美智子様のような羽織りもだと、使用する場所が限られて、せっかくの布地がもったいないと思ったしだいです。

考え方が、古いかな?
大和三山 2013/07/14(Sun)14:49:37 編集
♠ ローブ・デコルテ?
こういう、胸元の広く開いているスタイルって、18時以降の、夜会とか観劇会とかのための衣装ってこと?

婚約会見って、まあ、昼やるものですよね。

そういえば、次男のところの、「結婚の約束しましたー」会見、まだ昭和天皇が亡くなられて1年も経っていないもんだから、地味な濃紺の衣装でしたね。

「喪中じゃない」「正式な婚約は年明けてから」って、またまた変なのが駆けつけてくるでしょうが

さすがにネックラインはふつうだったけど。

まあ、あの時期に「結婚決めました―」って会見スルの自体が非常識だから、衣装ぐらいは抑えたってことかな。
婚約会見さまざま 2013/07/14(Sun)15:58:50 編集
♠ パレードで
私は即位の礼の後のパレード、美智子さまのお顔が忘れられません。
重石がとれてスッキリ、自身に満ち溢れ、ついに来た我が世の春といったお顔つきでしたので。
あの当時は今ほどなんの疑問も持っていませんでしたが、それとは真逆の違和感を初めて覚えました。
淡水パール 2013/07/14(Sun)23:28:36 編集
♥ Re:パレードで
私は美智子さんがあまりに老けているのにびっくりしました。
しばらく見ていなかったというより、皇室にあまり興味なかったので。

うちの母はすごい教育ママだったので、浩宮さまが赤点をとったという記事が出てから(「おかあさまお点が赤いざぶとんを敷いてます」というナルちゃんはユーモアがあるという美談記事)急激に皇室話から遠ざかった。
母曰く「美智子さんのような頭のいいお嫁さんを入れてもダメなんだね」

母の教育に対する考え方がそもそも違っていたことに気が付いたのは、私自身が子育てに失敗してからですw
1/3管理人  【2013/07/15 12:43】
♠ 嫌な予感。
平成の即位の礼。
私は、まともにテレビも新聞も見ませんでした。
今上の(失礼ながら)腑抜けた龍顔。
得意満面の皇后。
あまり見たくなかったからです。
しかし、それだけではなく、嫌な予感がしたのです。昭和天皇崩御のお悔やみの記帳をした夜、見上げた銀座の空のあの暗さ。喪に服した、ネオンサインのない東京の夜空。
(ああ、なんて暗いんだろう)
平成は暗い暗い世の中になる、そんな予感がしたのです。
実際、当たっちゃったじゃないのっ!まったくもう!
射手座 2013/07/15(Mon)10:54:49 編集
♠ 大和三山さんへ。
大和三山さん、レスポンスありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いします。

私など何も分かりませんが、今感じる疑問こそ真実に近いのではないかと…。




匿名でお願いします。 2013/07/15(Mon)13:26:46 編集
♠ 嫌な感じだった。
昭和天皇の喪が明けないうちでの婚約発表が、昭和天皇が軽く扱われているようで、嫌な感じだった。

「暗い中での明るいニュース。」と無理矢理すり替えられたけど、嫌な感じだった。

「マスコミが押し掛けるので。」と言い訳していたけど、嫌な感じだった。

あと1年と少しなのだから修了してから結婚してもいいのに、嫌な感じだった。

平成は全てにおいて嫌な感じでスタートした。
Rose Edouard 2013/07/15(Mon)23:41:24 編集
♠ 不明を恥じつつ
なんだ、まだ大学院生&留学中の気楽な身分のくせに結婚かい、両親(両陛下)に甘やかされたバカボンだなとは思った。

黒い服を着て、しなしなべたべたしたしゃべり方を気持ち悪いなとは思った。

でもまあ、地味で落ち着いた人で、バカボンが選んだにしては、変なドキュンでもなくて、これも良いんだろうと思った。

だからその後、人づてに2回○○○の果てに御所に乗り込んできた父上の○ウ○ツによって結婚にこぎ着けたんだよ、って聞いても、全然信じなかった。
そんな噂が身近で立てられているなんて、お気の毒にとしか思わなかった。

そんなこんなで、おかしい、異様だという気持ちは薄れていった。
むしろ、明るいニュースが出てきて良かった。
これも開かれた新しい皇室の形なんだと思っていた。

実家が映る度に、ド庶民と言って良いようなつまらない様子を、恥ずかしいとは思ったけれども
まあ、これも新しい皇室の形なのかなあと思っていた。

ああ、自らの不明を恥じるこのごろ。

確かに皆さんのおっしゃるとおり、いったいどんな裏話があったんだろうと思えてしまうような、あんな結婚があんな時点で決まってしまうと言うところに
平成皇室の情けなさは、すでにどうしようもなく集約していたのだった。
NONAME 2013/07/16(Tue)13:59:09 編集
♠ 興味があるのは自分のことだけ?
鏡の中の、自分に見入っている美智子さん、現在までずーっとこのままなんですね。
自分さえ美談の主人公になれれば、どんなに皇太子妃を痛めつけてもいい気分になれる。

皇后としては最低じゃありませんか。
皇室の未来のことなど眼中に無い。

今度の参院選の東京地方区の候補者のなかに、「象徴天皇制の廃止」だけを訴えている人がいました。当選の可能性は限りなくゼロに近いけど、今まで見たことのない主張なので、この人がどのくらいの票を集めるのか、興味があります。

以前、イギリスの小説で、国民投票の結果王制が廃止され、その後の王室の人たちのドタバタぶりを書いたものを読んだことがあるけど、贅沢が出来なくなってヒステリーおこすダイアナ妃、裏庭に逃げて畑を耕すチャールズ皇太子、鬱々とするフィリップ殿下などいろいろな中で、一番毅然として現実を受け入れるのがエリザベス女王でした。

もし、日本で象徴天皇制が廃止されたら、さしずめ美智子さんは「贅沢できなくてヒステリー起こすダイアナ妃」と同じでしょうね。

それにしても、たとえフィクションでも王室廃止の小説が堂々出版できるなんて、さすがは大人の国ですね。


マキハハ 2013/07/16(Tue)14:21:58 編集
♠ 皇族ラベルを剥がしたら。
老夫婦は、年齢相応に家で暮らします。あの旦那では大した年金はもらえないでしょうから、やりくり大変だわね。
長男は環境コンサルタント、長男妻はエリート外交官、長女は秀才の令嬢(今と同じ)。
次男と次男妻は「ヤバい」ことになってるかも。次男家の長女は近所の弁当屋でパート。次男家の次女は16才でデキ婚、現在2人目妊娠中。次男家の長男は東京都立北療育医療センター城北分園で幸せな毎日。
長女はバツイチ、老親と同居の身。現在求職中。
元OL 2013/07/16(Tue)15:22:46 編集
♠ A家の調査報告書
A家


世帯主

博士号だけは多く持っているが、担当教官による主筆であり本人は殆ど関与していない。
仕事は受け身で、指示されても的確に行動できない。
行動しても全てにおいて遅い。
毎年のようにタイに行っているが、タイ語どころか英語すら出来ない。



配偶者

世帯主と同じで、博士号だけは多く持っているが、その内容は博士号取得レベルに達しておらず。
四字熟語や諺を誤使用することが多い。
世帯主と同じで、仕事は受け身であり指示されても的確に行動できない。
仕事をしても数分間すら続かない。



長女

未成年の時、スキー合宿中に仲の良い男子学生と飲酒。
写真撮影時はピースする癖あり。
一緒に写った男子学生は地方出身で、絵馬に「働きたくないでござる」と書いている。
半年ほど英国留学しているが、英語能力が伺える映像は皆無。
帰国前に楽しんであろう欧州旅行での様子が、全くの不明。



次女

韓流グループによるダンスが得意。
学校での文化祭でセクシーな振り付けのダンスを踊り、初等科の父兄が子供達に「見ないように。」と言ったのは有名な話し。
来月頃から米国でホームスティするという噂あり。
母親の友人宅を訪問するという話しだが、母親にそんな友人がいたのかと驚く声が多数あり。



長男

約10年ぶりに誕生した男子であるが、表に姿を見せる事は稀であるため、何かしら問題を持っているので人前に出せないのではないかと噂されている。


NRI(なんでも リアルに 言いますよ。) 2013/07/16(Tue)16:29:03 編集
♠ 桜蔭会vs常磐会
 ふと思ったのですが、皇后陛下は御成婚に当たっては聖心女子大出身ということで華族子女の「巣窟」たる常磐会から平民出身ということでいぢめられたとよくいわれますが、本当に平民出身というだけでいぢめられたのでしょうか。じゃあお茶の水や東大へ進学していたらどうなったでしょうか。東大は無論お茶の水といえば、現在でも我が国女子大の最高峰ですし、同窓会には桜蔭会という常磐会に勝るとも劣らぬ会がありますので、桜蔭会vs常磐会というバトルロワイヤルになっていたのでしょうか。(桜蔭会vs常磐会なら後者側にも本人や子弟が進学といったしがらみがありそうで、会長不信任や分裂騒動といった「場外乱闘」や内通者がありそうですし、東大なら宮内官僚はもちろん官僚はほとんどが先輩となりますので「われらのヒロインを守れと」官僚vs常磐会となり正田家官僚連合軍の圧勝か「女だてらに」とばかりに常磐会官僚連合軍となるか妄想は尽きません)大変失礼な表現で申し訳ありませんが、東大、お茶の水なら学習院ごとき歯牙にもかけず、逆に初めから常磐会側から「下手に」でていたとなったやもしれません。それはそれで世間から「可哀そうなお方」との同情票も得られず。「気の強い」「生意気だ」とばかりに英国のシンプソン夫人のような塩梅になっていたやもしれません。
 昭和20~30年代当時のお茶の水と聖心の社会的評価と現在のそれとは大きく違いますのでなんともいえませんが、かのお方は、「御幼少時より御聡明」としばしばつたえられますので、「じゃあ、なぜ国立いかず内部進学したんだろー」と疑問に思っており、「国立に行ってたらどんな具合になったたんだろー」と愚考していた次第で、この際吐き出してみようとこれまた愚考した次第です。
 
へへ人の酋長ムクワワ 2014/08/19(Tue)14:02:11 編集
♠ Re;桜蔭会vs常磐会
>かのお方は、「御幼少時より御聡明」としばしばつたえられますので、
>「じゃあ、なぜ国立いかず内部進学したんだろー」と疑問に思っており




かのお方の聖心大学での成績表が、ここ台所だけでなく、ネット海でも漂っています。

その成績表を見ると「オールAではないし、こんな成績でも首席卒業と言えるのか?」と誰もが (°Д°)ハァ? になると思います。

実際、かのお方は国立へ行くほど賢くなかったんじゃないかな。

かのお方の母君も「学者とか外交官の妻にさせたい。」と思ってたそうだから、特別に優秀ではなくても「まずは外面」に重きを置いたんじゃないかな。

そういうのが、鏡の中に映っている表情になったんじゃないかな。

ランドサット 2014/08/19(Tue)15:50:30 編集
♠ 拝復ランドサット様
>かのお方の母君も「学者とか外交官の妻にさせたい。」と思ってたそうだから、特別に優秀ではなくても「まずは外面」に重きを置いたんじゃないかな。
早速のお返事ありがとうございます。
 自身がが学者や外交官になるのではなく、「の妻」ですか。時代なのか本人の能力なのかわかりませんが、こちらも大変なんですけどねえ。ぜぇーーーったい内助の功などせんでしょうなあ。(自称学者の妻であり、本人も自称学者の義娘様もそういうところがありますが。むしろ、もう一人の義娘様の方が学者を始めた方がいいでしょう。元外交官ですし)
 それはさておき、ある意味お母上のご希望は叶いましたねえ。義父と夫はちゃーんと論文のある「学者」なのですから。ついでに義理ですが「学者や(元)外交官の母」にもなりましたねえ。ご本人がどう思っていらっしゃるか知りませんが。

へへ人の酋長ムクワワ 2014/08/19(Tue)22:28:02 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika