Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1086]  [1085]  [1084]  [1082]  [1081]  [1080]  [1079]  [1078]  [1077]  [1076]  [1075
  

立ち読み専門様、ガーネット様、
そのへんにバラバラと置いてある本から拾い出しているので、「まとまって、きちんと」は無理ですが(すみません)「正田家は美智子様と絶対会わなんだ」の第一弾を。

前にも出しましたかね、この写真。
(元「女性自身」カメラマン・清宮由美子「美智子妃誕生と昭和の記憶」)
浩宮様の大きさ?からいくと昭和36年の1月19日、「6回目の里帰り」と書いてあります。
同じ東京にいながら年平均3回は少ないかな?

でもうちの兄嫁は、姑さんが死ぬまで、年2回(盆と正月)しか実家に帰れなかったです。
それも婚家へまず「ただいま帰りました」と行って帰ってきて、2日目くらいに「それでは、里へ(車で15分くらいの同市内)行かせて頂きます。ご不自由をおかけして申し訳ありません。」と挨拶してから。
帰りは、また婚家へ戻って一晩くらい泊まって、赴任地へ帰る。
挨拶は「行ってまいります」
休みが少ないと里へは帰れないことも。
義兄もうちの亭主も、一度も嫁さんの実家に泊まったことがないです。
姑が禁止してました。

庶民で、しかも美智子さんよりうんと後の世代の兄嫁でもこんなだから、婿さんの皇太子が日清製粉のテニスコートでテニスやって、風呂も入って、なんて間柄で、年3回の公式里帰り(母親のフミさんはオペルに乗って、よく東宮御所へ出かけたというし)ならマシなんじゃないでしょうかw

この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 三宅爺は、官房機密費から金を貰ったという話をされると、ファビョります
管理人 様、ありがとうございます!

>6回目の里帰り

正田家と美智子は、結婚してからもガッツリ会いまくってましたよね。

正田家のご近所さん達によると 「美智子さま、今日もまた里帰りしてるわよ」 「里帰りさせてくれないなんてウソよね」 「うちの嫁より里帰りしているわ」 と評判だった。
でもマスコミは 「里帰りできない、おきゃわいそ~~なミチコさま」 ばかり垂れ流すので、正田家のご近所さん達は不思議に思いつつ (私達がウソをついているみたいじゃないの!) と嫌になってしまい、終いには沈黙するようになったそうです。



他に、ミチコ様お涙頂戴エピとして有名なのは、美智子さんが実家会社関連の工場だかを視察した時の話ですね。
美智子さんの後ろに、白衣だかを着た富美さんが写ってて 「こういう状況でしか会えない母娘」 と、そりゃもう涙ボロボロ話になっている。
でも、明仁&美智子と従業員さん達との記念写真には、富美さんも (お父さんもだったかな?) チャッカリ入ってるんだよね。
直に喋らなかったとしても 「会えない」 なんて大嘘!


私が以前にも書かせていただいたけど、正田夫婦が全く表に出て来なかったのも大嘘!

昭和35年 10月7日 朝日新聞
羽田空港には、天皇皇后両陛下のお使いとして、三谷侍従長が出向くほか、各皇族、ご親戚や正 田 英 三 郎 夫 妻、池田首相以下閣僚、外交団代表など、約100人がお出迎えされる。

昭和63年 5月29日 中日新聞
紀宮さまの日本舞踊の発表会に足を運んだり、浩宮さまの初めてのビオラのソロを疲労されたコンサートにも姿を見せていた。

旧軽の正田家別荘に毎夏、明仁一家が来るので、正田夫婦は玩具など用意して、浩宮さまと遊ぶのを楽しみにされた……と書かれた皇室本も出ている。


本当にね、三宅久之と勝谷誠彦、他の屑連中にも 「ちゃんと調べてから発言しろ! 私みたいなオバチャンだって、これぐらい知ってるよ!」 って怒鳴りつけてやりたいですよ。


ところで 「官房機密費から100万円もらった三宅という爺さん」 についてですが、この話が某委員会で出た時の三宅久之の反応ってのは、そりゃあギャンギャン喚き散らして凄いファビョりようでしたよ。
その時のゲストに、犬猿の仲と言われる田嶋陽子さんがいたんですね。田嶋陽子さんは機密費の話について、その時はまだ、三宅久之には全く何も聞いていなかった。ところが、田嶋陽子さんが 「ねぇ、三宅さん」 と普通に話しかけただけなのに、三宅爺が 「じゃかぁしい!」 って怒鳴り返しました。その時の田嶋陽子さんは、驚いたような呆れたような表情になって、それから田嶋陽子さんは100万円話について三宅爺には話しかけなかった。
それを見て私は (三宅爺、ホントは貰ってるんじゃね? だからこんなにファビョってんじゃね?) と思いましたです、はい。
ガーネット 2012/03/15(Thu)00:24:00 編集
♠ マスゴミにくい
さっそく、ありがとうございます。

自分は明仁皇太子御夫婦をリアルで関心持って見た年代と違うんで、この御夫婦については知らんことが多いんですけど、秋篠夫婦のオツツシミは絶対嘘やと思ってました。
夏休みはいっつも寝坊しながらも、原爆の日は記念式典の黙祷には間に合うように起きて黙祷をしてました。で、中継が終わってチャンネルを変えると、
軽井沢でテニスやったり「い~ぬ~」とたわむれる秋篠一家が映ってて、元号が変わるのはこういうことかーて感じました。

それがなんですかいな。
ぜーんぶ、自分らのしてきたことはお忘れですか。
あそこん家の記憶力はともかく、マスゴミにはいっぱい記録残ってるはずなのに、よくもまー嘘ばっかり書けますわ「両陛下のオツツシミの日を受け継ぐ秋篠一家」なんて。

こんな悪意と嘘にまみれたマスゴミのせいで、最近ご体調が悪い雅子様が可哀そすぎます。
立ち読み専門 2012/03/15(Thu)01:39:07 編集
♠ Re.「両陛下のオツツシミの日を受け継ぐ秋篠一家
鯰家はしっかり受け継いでいますよ。
茶皿さまが東宮時代、ガーネット様がおっしゃったように軽井沢でお過ごしでした。
テニスの合間に1分ほど黙とうされたかもしれませんが
鯰んちも遊びまわっています。
軽井沢は、万平ホテルで1週間余り過ごしたり、那須も自分たちが使えるように職員が利用するところを改装したし、しかし放射線量が高かった去年はお腹さまと♂は那須へは行かなかった。
東宮家では春スキーに、アンチが叩きまくっていますが、何もできない馬子ちゃんが唯一、人並みにできるスキーは小さい時から毎年何回も行っているからでしょう。
スキーが大好きな鯰が結婚後行かないはずがないw
茶皿さまの時は華麗なholiday(夏は避暑、冬はスキー)は美談として女性誌を賑わした。
何をされても批判される東宮ご一家がお気の毒です。
トルコ石 2012/03/15(Thu)07:57:03 編集
♠ 皇室特番
昭和の頃も、ミテコ様を中心とした皇室特番はよくやっていましたが、アゲアゲな中にも事実そのまんまを流してくれていたのを覚えています。

ミテコ様は「制服の上着のデザインを変えていた」と不良もどきの行為が良い事のように語られたり、同窓生の御婦人が「(ミテコ様は)目立ちたがり屋なので(プロポーズを)受けると思いました」と遠慮ない言葉で話したり、「良子様が具合が悪くなられ奥に入られてから、(ミテコ様が)お元気になられた」と皇室評論家が話したり。
白衣でチョロチョロする「会えないフミさん」も同時進行でやってましたけど(笑)。

そんなまんまトークの中に、正田英三郎氏がインタビューに答える姿もあり、「しょっちゅう会えるんですよ、軽井沢なんかでね」としっかり語っているものがありました。

あれだけ番組打ったんだから、国民の記憶をなめてもらっちゃ困るわよ。
ピンクトルマリン 2012/03/15(Thu)19:49:30 編集
♠ 天皇が手術しても、追悼式典があっても、妃殿下、妃殿下って騒ぐ週刊誌
今週の文春も新潮もアホ—。
どうせ「天皇陛下がこんなに大変なのに、雅子妃はダメ」という書き方をするだろうと思ったけれど、あまりにーーーもそのまんま。

っていうか、明仁天皇の情報にリアリティがない。
細かに病状とか、「それでも固い信念をお持ちで」とか書いているけれど、読んでも目がすべって行くだけで、印象に残るエピソードが無いし、結局、雅子妃叩きの前振りとしての、天皇陛下の症状に過ぎない。つまり、雅子妃叩きがメインで、天皇情報はオマケ。

文春は、「まるで、天皇陛下は退院後の御所に、皇太子ご一家をお招きしていなかったように見られるが、実際は違ったのだ」って、宮内庁の「美智子の反論コーナー」が、文春紙面に出張したかのようだし。

大震災の追悼式典で、への字の口をしている明仁天皇をグラビアに載せて、「陛下はこんなに辛く、不機嫌だった」と伝えたいみたいなんだけど、被災者に思いーーーーーっきり失礼だと思います。
ルビー 2012/03/15(Thu)21:56:10 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika