Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
  

美智子妃が「お里帰りもままならなかった」という伝説は、もっと後になって出てきたのかもしれないね。
美智子妃を称えるための捏造?
私は雅子妃やキコさんがすぐお里帰り出来たのは、美智子皇后のおかげという記事を読んだ覚えがある。
たぶん、渡辺帽子あたりのコメント。
「美智子様はご自分がなかなか里帰りさせてもらえなかった経験から、お嫁さんたちの実家のことも気にかけて、お勧めになった」みたいな。

当時は正直に書かれていたんだね。
「お里帰りは6度目」だって。
ナルちゃんは1歳のお誕生前。
6度なら・・・そんなもんじゃない?

 

「わが青春の美智子妃殿下」
「女性自身」の水野泰治氏の小説である。

女性たちは競って、お一人でのご婚約会見の時の美智子妃の羽つきヘアドレスなどをまね、ミッチーブームが沸き起こったというけれども、案外男性軍の中でも、こちらは深く静かにミッチーブームが起こっていて、それは「美智子様オカワイソー」「姑小姑にいじめられて、やつれてしまわれた」「実家へ帰らせてもらえなかった、美智子妃の実家も遠慮に遠慮を重ねて、遠くから見守ることしかできなかった」伝説とともに、「昭和天皇に比肩する美智子女帝」へと変貌し、今では「美智子教」とも言える宗教になっているのではないか、と思う。

要するに女たちのミッチーブームは具体的だったから、一時のものでしかなかったけれども、男たちのミッチーブームは「理想の女性」という幻想だったがゆえに、今も心のなかで息づいているのではないか?

私は意地悪だから、美智子さんが「里帰りさせてもらえなかったが、耐えて明仁皇太子に仕えた」という話を男の皇室評論家たちが週刊誌に書くたびに、「この人は自分の奥さんにも里帰りさせへんのかなぁ」と思っていた。

明仁さんのお嫁さん候補として、週刊誌の記者に追いかけられていたお嬢さんたち気の毒に。
雅子様は同じようにして叩かれたけどね。

「皇太子様、ご卒業」なんて、テキトーに書いてあるねw
今なら「明仁って単位足りなくて卒業できなかったんだよね」「そうだよ、聴講生ってwikiに載ってる」と学歴詐称だと騒ぐヤツが出てきそう。

   

あんまり記憶にないのだが、紀宮さんも慰問に行ったらしい。

  

美智子さんのお父さんは、非常に温厚な企業人である。
型にとらわれない人のようでもあり、その知性に裏打ちされた自由な発想が、日本の製粉業のトップに上りつめる一因ともなったであろうが、別に跡取り息子というわけでなく、ご本人も出身の一橋大学へは漠然と入っちゃったと仰っている。
上二人のお兄さんが学者になってしまったので、何となく「会社を私が継がなくては」という気もあっただろうと思うが、当時は一橋大学は東京商科大学といい、日本で初めての単科大学で、しかも商学部だから、おそらく近い将来を見据えての選択だったろうと思う。
オーナー企業と言っても、小さい時から跡継ぎだと言われて育ったわけではない。
また、親と子の関係において
「(父親は忙しいので)ほとんど没交渉と言っていいくらいね。ただ父親が非常に忙しく動いてるっていうのは子供に良い影響を与えると思いますね。教育と言ったって別に具体的なものがどうこうってあるわけじゃなし、一生懸命働いているってのはいいことじゃないでしょうか」
と言っているのは、ちょっと注目である。

美智子妃のことは、体が丈夫、どこへでも積極的に出ていってなじむことができる、努力する、というようなことを長所としてあげている。

初めての民間からのお妃というので心配はつきないが、娘の美点が必ずや道を開くであろうと、企業人としての楽観的な見通しも見受けられるような対談である。
  

美智子さんのお母さん、富美さんは、美智子さんとは別な意味で有名だった。
頭がよくて美人でしかもつつましく、女性週刊誌では香淳様よりもてはやされていた存在だったのではなかろうか。
しかし、美智子さんが胞状奇胎で流産の処置をした後、幸いにも鯰をもうけられたにも関わらず、具合が悪く葉山に8ヶ月間静養のため引きこもった時、付き添ったのはお母さんではなくお父さんの方だったそうだ。
どうしてお母さんではなかったのか、それはよくわからないが、公人たる皇太子妃の社会性に実父の影響がないはずはないと思い、ちょっと英三郎氏の言葉を探してみた。

ちょうどご成婚前の三鬼陽之助(経済ジャーナリスト)との対談が見つかったので、ご披露します。

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika