Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1351]  [1350]  [1349]  [1348]  [1347]  [1346]  [1345]  [1344]  [1343]  [1342]  [1341

  

ヒワイ・カツミビッチが宮内庁担当になったのは昭和61年(1986)2月 38歳の時、と自分で書いている。
そして平成6年(1994)に朝日新聞編集委員皇室担当。
これは1990年の週刊朝日だから、むろん執筆者にヒワイはいないが、いかにも左翼系らしいw天皇批判で、いっそサッパリしている。
文春だけではなく、週刊朝日でも結構美智子批判(天皇の在り方批判)を書いているのがおもしろい。
病人やイジメられている小学生を叩くなどと言う、気持ちの悪い記事ではないからだろうと思う。

--------------

ヒワイは「天皇家の宿題」で代替わりを↓このように書いている。

新たなる密教のアイコンとしての「人間天皇」は、入江侍従長ら側近がエッセイやマスメディアを通じて積極的に演出しました。学者であり、温かい家庭の慈父であり、災害や作柄を案じるヒューマンな天皇の顔が前面に出るようになりました。そして昭和から平成へ---「象徴」のキャストは、平民女性とのロマンスと現代性に彩られていた明仁皇太子、美智子妃の世代へと引き継がれたのです。

「象徴」のキャストwww、ヒワイが憲法に記された「象徴」の意味を、耳垢ほどにも頭に入れていないことがよくわかる文である。
ヒワイの目には、当時の朝日(新聞や週刊誌を含めて)の立ち位置からでは書けない「象徴」の姿が映っていた。
「平民女性とのロマンス」これが真っ先の手柄になる「象徴」を追って、ヒワイ自身も、新しい皇太子夫妻のベッド・鯰嫁の舅姑への献身、と「女性週刊誌路線」をばく進していくのである。

ヒワイが皇室担当となって20年余、「女性宮家創設」の話なんか出ようものなら、戦後朝日の輝かしい「伝統的左翼記事」が一度くらいは書かれてもよさそうなものだが、なぜか、皇太子妃を貶めるチラシをもらったの、皇太子家の娘は不登校の、付き添いはけしからんの、と「秋篠宮家だけの、み栄えを祈ります」の片棒担ぎに変わってしまっていたのである。


この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 左翼というより硬派だったと思う
右翼から見れば朝日は左翼かもしれんけど私なんかは硬い週刊誌て感じだったな。
喫茶店でコーヒー飲みながら週刊朝日読んでるのはたいてい背広にネクタイの紳士だった。
イメージはインテリだな。
朝日のレベルが落ちたのは世の中変わったということもあるけど、やっぱりいい人材がいなかったってことだな。
Rosa wichuraiana 2013/01/27(Sun)18:24:20 編集
♥ Re:左翼というより硬派だったと思う
>朝日のレベルが落ちたのは世の中変わったということもあるけど、やっぱりいい人材がいなかったってことだな。

社民党が4人になって本来なら質問はできないけど(5人以上)、自民党のお情けで質問をさせてもらってる。
旧社会党からの党のビルは取り壊し。
あんまり左すぎるといわれた天皇は右へ舵取りしたかのようだし、でも美智子皇后メインの皇室番組はゴールデンタイムからはずされ、消えかかってる。
1/3管理人  【2013/01/27 18:41】
♠ 反論
皇室は右の左のというのとは違うと思う。
今の天皇皇后は質素を売りにしてるけど、最初からバブリーだったよ。
サーヤの成人式の祝いを何度も開いたけど、昭和時代にはなかったと記事にも書いてある。
週刊誌に書かれていることを気にしてチェックするわりには、今でも誕生日だ結婚祝だと祝宴を開かせてるのは美智子さんでしょう。
そういうダブスタに庶民が気づいたんだよ。
Rosa wichuraiana 2013/01/27(Sun)18:49:02 編集
♥ Re:反論
>皇室は右の左のというのとは違うと思う。
>今の天皇皇后は質素を売りにしてるけど、最初からバブリーだったよ。
>サーヤの成人式の祝いを何度も開いたけど、昭和時代にはなかったと記事にも書いてある。
>週刊誌に書かれていることを気にしてチェックするわりには、今でも誕生日だ結婚祝だと祝宴を開かせてるのは美智子さんでしょう。
>そういうダブスタに庶民が気づいたんだよ。

そうだわね。
1/3管理人  【2013/01/27 19:11】
♠ そんな知性。
今上ご夫妻に、右翼左翼を思考の芯にするほどの知性と言うか、胆力があるとは思えません。
1960~70年代、左翼っぽいのが流行して「拝啓天皇陛下様」なんて映画もできたから、ちょいと乗ってみたんでしょう?
でも、女児しか生まれない皇室の現実に直面しパニック起こして、伝統の男系男子に執着し、禁断の受精卵判別をしてしまった。
遺伝について多少の知識があれば、無理に男児を作ることの危険性は充分理解できたはずなのに。
単に、流行りもの好き、外出大好きの身勝手老夫婦。
ああ美智子様。若さが剥げ落ちたら、地金はあの程度の方でしたのねーー。

扇屋の羊羹食べたい。
射手座 2013/01/27(Sun)19:18:34 編集
♠ 能ある鷹は爪を隠す
狐ヒデンカの苦手なことわざをタイトルにしました。

平成皇室内でもこのことわざがピッタリ当てはまりますね。

学者だ研究者だとやたらアピールされる神聖不可侵サマやヒットウミヤケ当主サマの実情は皆様ご存じの通り。

かたや学習院学部生時代から大学院、オックスフォードご留学時代を通して歴史を専攻、現在も時々大学の教壇に立たれるなど本物の歴史学者であられる東宮殿下。そして学習院理学部や東大の研究室で学ばれ、現在も癌研究をライフワークとされる常陸宮殿下。
お二方とも、ご自分のご研究について声高には語られませんが、地味にコツコツと継続されています。

狐ヒデンカ様、準備段階の研究者枠なんて姑息な真似しても、ことわざを理解できる普通の日本人なら、何かおかしい、と気付いてますよ。


射手座様

>遺伝について多少の知識があれば

あのご夫妻、お若い頃からゴコームと称した出歩きばかりしてたから、それぞれの学問分野での最先端なんて何もご存じないでしょう。「ご進講」の機会があっても、お二人とも講義内容など右から左へと流れていくばかりだったと思われます。

流行りもの好きも、今ではすっかり時代から取り残されていることに気付かれない。
現憲法下でのご自身のお立場も理解不能だからこその最近の頻繁なる「ご意向」炸裂状態。

以前にも書きましたが、昭和あるいは平成初期レベルの言論の自由が懐かしいです。「週刊朝日」でさえこんな批判的記事が書けたのですから。
手白香 2013/01/27(Sun)21:20:05 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika