Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1322]  [1321]  [1319]  [1318]  [1317]  [1316]  [1315]  [1304]  [1314]  [1313]  [1312

 

とおっしゃったかどうかはわからないが、美智子妃がお召しになられたご婚礼の装束は、華子妃のご装束と全く同じ。

むしろお身丈が華子妃の方に合っていたのか、文様が打ち合わせのところでピタリと合っている。

同じ物を二具作ったということもありえないではないけれども、ちょっとね、やっぱり華子さまは美智子さまのお古を着られたのでしょう。

明仁・美智子両殿下は4月、常陸宮同妃両殿下のご婚礼は9月なので、常陸宮さまのご装束は夏物だが、華子妃は袷、まぁ、衣紋道研究家の仙石宗久氏によると、十二単は基本は袷であるらしいので、別に夏物でなければいけないと言うことはないのだが。

で、今では華子妃のご婚礼の儀服として所蔵されているらしい。

美智子皇后は、結婚時のお衣裳はいらないのかしら?

一説によると、香淳皇后がご成婚の朝、久邇家の玄関に姿を現された時お召しになっておられたもの(つまり、ご実家で調製されたもの)を使われたという話。

姑さんのものなんか着たくなかったのかしらね。

 

-----------

美智子皇后(当時皇太子妃)の写真の説明文

皇太子妃であられた皇后陛下の十二単は、下から白小袖、濃蘇芳(こきすおう)の長袴に単衣(ひとえ)。五衣(いつつぎぬ)は「萌葱匂(もえぎにおい)」。表着(うはぎ・表衣)は紅地二重織、地文は繁菱で、上文は六か(=穴かんむりに果)八葉菊(ろっかにはちようぎく)。唐衣(からぎぬ)は紫地の二重織、地文は亀甲、上文は向鶴丸文(むかいつるまるもん)。白地三重襷文(みえたすきもん)の裳をつけて、檜扇を持たれた。

 

華子妃の写真の説明文

妃殿下の十二単は、紅色の表着、地文は菱、上文は六か(=穴かんむりに果)八葉菊。唐衣は紫、地文は亀甲、上文は向鶴丸文(むかいつるまるもん)。白地に桐竹鳳凰の描き絵をほどこした裳を着け、手には檜扇を持たれた様子が展示次第にうかがわれる。

 

えっ、桐竹鳳凰の描き絵?

「桐竹鳳凰」と言えば、

 

*
天皇の袍(ほう)に織り表される文様。泰平の世を治めた君主を褒め、天上から鳳凰(ほうおう)が舞い降りてくるとされる。その鳳凰は地上の梧桐(あおぎり)に栖(す)み、六十年に一度稔る竹の実を食して現世に栖まうとする。しかし、乱世と共にたちまち天上へ還るとされ、善君の世の証しとして天皇の袍に織り表されてきた。大儀には黄櫨染(こうろぜん)の袍を、小儀や行幸(ぎょうこう)には麹塵染(きくじんぞめ)の桐竹鳳凰文の袍が用いられた。後代、麒麟(きりん)を加えて桐竹鳳凰麒麟文とし、筥形の構図に纏められる。

 

なのですが?

もっとも、雅子妃の御裳は「(夏用で)穀織(こめおり)に桐竹鳳凰の描き絵」です。

美智子妃は「白地三重襷文(みえたすきもん)」としか説明書きがないのですが、華子妃に桐竹鳳凰の裳をつけさせた方はいったいどなたなのでしょう?

この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 謎が解けた気分です。
前から美智子さまの結婚式での十二単の写真を見て、違和感が拭えませんでした。
「どうして、晴れの結婚の日なのにこんな目つきをしていらっしゃるのだろう」と・・・。

お姑さまのお古を着ていらしたという情報を今回の記事で初めて知り、やっと納得しました。
この刺すような目つきは新しい世界へ飛び込む緊張と不安からというよりは、
せっかくの結婚式なのに、義母が袖を通したものを着せられることへの反発と不満から、と考える方が自然かもしれませんね。
俗っぽく言えば「ぶうたれていた」ということでしょう。

そう考えると隣の華子さまの穏やかでうれしそうな表情が、本当にありがたく思えてきます。
日本一の旧家に嫁ぐ嫁として、皇室の風習を謙虚に覚えようとする姿勢が伝わってきそうです。
東子 URL 2013/01/08(Tue)22:02:59 編集
♠ Re : 謎が解けた気分です。
東子 様
>この刺すような目つき

私はその昔、まだ洗脳されてた時は (美智子様って本当に美しい!) と思いながら拝見していました。でも、今になって (それなりに人生を過ごた後) 見てみると、まさに
     刺すような目つき
ですよね。ハッキリ言っちゃうと、
     怖いよぉぉぉぉ~!
です (脳内に 「我こそは玉梓が怨霊~~~!」 ってのが鳴り響きます)

それに比べて華子様は、超庶民的な表現で申し訳ないけど、
     とても可愛い!
視線も姿勢も笑顔もピュアで真っ直ぐで、清らかさが溢れています。


>華子さまの穏やかでうれしそうな表情が、本当にありがたく思えてきます。
>日本一の旧家に嫁ぐ嫁として、皇室の風習を謙虚に覚えようとする姿勢が伝わってきそうです。

この時の華子妃殿下の笑顔と、雅子妃殿下の笑顔って、同じですよね。
謙虚、純粋、が伝わってきます。

でも美智子さんの、下から掬い上げるような刺すような目つきの笑顔は ★ 宮中大革命絶対断行 ★ 宮中乗っ取り作戦遂行 ★ って感じの戦闘モードで、十二単の下に飛び道具とか隠し持ってそうに見えて仕方ない ……… のは私だけかしらん (^^;)
ガーネット 2013/01/09(Wed)00:08:43 編集
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika