Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[848]  [847]  [845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838]  [837
  

皇后の夕方からの祝宴で、皇太子ご夫妻が9時10分に帰った、一応辞去の時刻は9時30分くらいだろうと見当をつけていたのに、20分も早く帰った、秋篠宮・黒田両夫妻は10時過ぎくらいまで、お話をしておられたのに!
20分も!早く帰った、早く帰った。
その上、皇后は「あちらとは途絶」と言っているそうな。
ちゃんと祝賀に来てくれてるのに「途絶」とはこれ如何に?

皇太子様は、昔から宴は、早くに帰ることにしておられるようだ。
遅くなってはお付きの方に悪いと思われているらしく、むしろお付きの方々が気の毒がって「私たちなら大丈夫です」と言葉を返すこともあると、いろいろなエピソードで言われている。

こういう方が、夕方6時から始まった自分の母親の祝宴を9時10分に辞去して、何がいけないのかね?
後でわかったことだけれども、もう天皇は疲れがたまって、具合が悪かったそうじゃないか。
当日の主役の美智子さんも朝から祝賀につぐ祝賀で、いくら喜寿だからと言っても、大概にしておいたほうがいいと、国民は思いますが、息子が20分早く帰ったことが、そんなに許せませんかね?

酒井美意子さんの「皇室のマナー」に照らしてみると、家族の集まりとはいっても、皇太子夫妻・秋篠宮夫妻・黒田夫妻の中で、格からいえば皇太子ご夫妻が主賓。

鳳凰文庫、酒井美意子著「皇室に学ぶマナー」には、「主賓は他の方たちのためにも、辞去のタイミングを自らつくりださなければならない」とある。
弟と妹はその後2時間くらいくっちゃべっていたそうだから、自分の好きにしていたのであり、別に何の不都合もなさそうなのに、なぜ20分くらいのことでマスコミに垂れこんで叩くのか?

あ、そうか、酒井美意子氏の言う「皇室」は「昭和の皇室」であって、平成皇室にはそぐわないんですね。
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
♠ 大失点だったよね、美智子さん
>20分も!早く帰った、早く帰った。
>その上、皇后は「あちらとは途絶」と言っているそうな。
>ちゃんと祝賀に来てくれてるのに「途絶」とはこれ如何に?

>後でわかったことだけれども、もう天皇は疲れがたまって、
>具合が悪かったそうじゃないか。

この「ご自分の誕生日会の『皇太子ご一家20分早く帰宅』で、ご不満事件」は、痛かったねえ、美智子さんには。

次男ちや、サーヤんちと夜遅くまでワイワイやっていたのがはっきり判ったし、しかも、ご自身もノリノリだったからこそ、皇太子ご夫婦のマナーを批判しちゃった。
早くHPで否定とかしておけば良かったのに。

とうとう天皇陛下が、体を壊しちゃったじゃない。

「被災地慰問疲れ」のせいになっているけど、誰だって、10日ほど前の「朝から晩までお誕生会」を、思い浮かべますよ。
それに、夕方6時に行ったのに7時に帰ったとかならともかく、ご老人との祝宴を9時過ぎに退出するのって、まったくもって「マトモ、常識、良識」的な行いですもの。

そして、管理人様が教えてくださったように、上流社会のマナーでもあったんのですね。

そうだよね、学生コンパの二次会じゃないんだから。
結局、美智子皇后さんは、上流社会がわからず、ほお染めたお孫さんみたいに、コンパの方がお似合いだったってことなのかなあ。
ルビー 2011/11/13(Sun)01:16:03 編集
♠ 美智子と紀子こそがマナー違反している恥知らず女ども!
管理人様、いつも確かな資料のアップありがとうございます!


酒井美意子さんにも様々な評価ありますが、生まれながらの姫君なのは事実で、戦後になって 「マナー」 というものを庶民にも分かりやすく教えて下さった第一人者。
酒井さんは皇太子殿下と雅子妃殿下がご結婚された前後にはテレビによく出演されて、皇族という世界を語り、庶民にも勉強になりました。

その中で今でもハッキリと覚えているのは
「紀子さんの方が早く結婚していようと、紀子さんはただの宮妃です。
皇太子妃殿下とは格が違います!」
と、それはキッパリとお話になったこと。

この酒井さんこそが 「美智子さんが、聖心出身の令嬢を常陸宮様に紹介している」 と言った旧華族の女性だという記憶あるのですが……記憶違いだろうか?

まぁ何にしろ、美智子さんと紀子さんは、酒井美意子さんのマナーを完全否定したのは事実ですね。
美智子さんと紀子さん。酒井美意子さん。
身分としては美意子さんは一般民間人になってしまった女性だけど、その出自や教養、マナーの知識などは、美智子と紀子より遙かに上のレベルの女性。
皇太子ご夫妻は 「皇室のマナーにのっとって」 早く辞しただけなのに、叩きまくる美智子と紀子のマナー知らず。



管理人様
>酒井美意子氏の言う「皇室」は「昭和の皇室」であって、平成皇室にはそぐわないんですね

平成皇室は、開かれすぎて庶民以下の礼儀知らずになってしまいましたね(ため息)
ガーネット 2011/11/13(Sun)01:35:05 編集
♠ 庶民的ではなく、庶民皇室
美智子様は皇室になじめず、自分のレベルに合うように皇室を変えちゃった人。
そういうイメージがあります。
結局、お金があって、派手な庶民なのでしょう。

ボロが出たして、あわてて取り繕っては次のボロを出していく。
そんな悪循環が始まり、国民がしらけていくのです。
月兎 2011/11/13(Sun)09:18:16 編集
♠ アテクシの宴、9時10分に帰っていいってことですの?
皇太子様が主賓として「辞去のタイミング」を作られたのだとすると
結局そこがミチコさんに気に入らなかったのね。

ほんと、延々と二次会三次会と続いて、最後は帰れなくなっちゃう学生の飲み会みたいだ!

このヒトたち、いくつなんだろう。
翌日の仕事ってのも、要は大したモンじゃないわけね。
ペリドット 2011/11/13(Sun)10:53:59 編集
♠ そう言や思い出した、リンゴとラーメンの話
平成のミチコ皇后バッシングの火つけになった、大内ナントカの記事に「友達を呼んでいつまでもお開きにしない。その間従業員は休むことができない。夜中になってリンゴ剥けとかラーメン作れとか命令される」と書かれて、話題になったっけ。「天皇もインスタントラーメン食べるのか」とかもね。

その頃はまだミチコ教信者だった私は「女房だって亭主の客が来たり、遅く帰ってきたら、寝ないで待ってて夜食くらい作る。あんたら給料もらってる職員だろうが。それも天皇家に仕えるのに、そんなことで文句言うのか」と思った。

あれは「内部の者がリークした。外の人の知らないことが書かれている」と言われたんだよ。
それが例のH氏で、それで彼の葬式にもいかなかったとか。
その頃の皇后さまの年頃になったけど、夜中にラーメンなんか食べたら、翌日もたれて大変だよ。夜更かしも堪える。かなり丈夫な方なんですねえ。


それから20年もたって、もういい歳なのに相変わらず宵っ張りなんだねえ。
皇太子さまだって、鯰やサーヤだって、タクシーで帰るわけではない。警備の人が前後を固めて走るんだよね。御所の職員だって先に寝てるわけにはいかない。
皇太子さまって警備の人が「我々にもすごく気を使ってくださる」と言ってた。

両親も病気持ちで、しかも今年は色々あってお疲れの様子。9時過ぎに帰るというのはちょうどいいタイミング。一緒に倣わなかった鯰とサーヤが非常識。
記者だって判ってるよね? なんで礼儀を守った方を叩くのさ。
姥桜 2011/11/13(Sun)13:02:01 編集
♠ サーヤって
美智子さんの誕生日パーティに遅くまでいたようですね それって自分の実家だからじゃないの それが黒田さんの家にお呼ばれしてたら21時前には帰ってますよ(^o^;
ドロ子 2011/11/13(Sun)17:40:28 編集
♠ Re:サーヤって
とゆーか、サーヤが黒田のお義母さまのところに足しげく通って、一人暮らしの寂寥をお慰めしたり、家事を手伝ってあげたり、「なかなか孫の顔を見せてあげられなくてすみません。努力してるんですけど」と謝ったとか、全然その手の話を聞きませんねえ。

貴子さんと麻子さん、少しサーヤのことも記事になさったら?
36年間も税金で最高の暮らしをしたのは、何だったのと。
姥桜 2011/11/13(Sun)19:31:29 編集
♠ Re : サーヤって
1 長男の嫁なのに、男の子を産まない
2 長男の嫁なのに、実家ベッタリ
3 長男の嫁なのに、姑に尽くさない
4 長男の嫁なのに、仕事していない
5 長男の嫁なのに、弟一家と交流してない

サーヤこそ黒田家に、というより嫁という立場そのものに適応してませんね。

1 男の子どころか子供すら生まないなんてダメな嫁ですから、基礎体温表を出すべき
2 いつも実家に帰ってばかりで、昼食どころか夕食も実家両親と食べている
3 地震の後は両親のもとへ他兄弟よりも早く駆け付けるし、夏野菜カレーは姑ではなく実家の両親に作るなんて…… 黒田家のお母さん、おかわいそう!
4 結婚したら仕事を辞めるんなて、結局は腰掛け程度の感覚での仕事だったのでしょうね
5 弟一家とは途絶しているのか、結婚式に来てなかった


サーヤの、黒田家の方々との心温まるエピソードって、本当に全く漏れ聞こえてきませんよね。
悠ちゃんのお茶の水附属話と全く同じだわ。
ガーネット 2011/11/14(Mon)00:25:13 編集
♠ Re:サーヤって
ヒサ君の「 着袴の儀」風味の七五三。
なんでこの日の「内輪のお祝い会」に、黒田夫妻がいたのかねえ?

川嶋夫妻だって、いるべきじゃないけれど、まあ、ジジババとして招かれたっていうのは、まだ判る。
黒田氏に至っては、義理の甥のお祝い会という縁の薄さだし。民間人だし。

だったら、なんで常陸宮ご夫妻とかに声をかけないのよ。
サーヤを見ていると、平成皇室のグダグダさがことさらわ良くかりますね。ため息。
ルビー 2011/11/14(Mon)01:20:23 編集
♠ Re.庶民的ではなく、庶民皇室
まるでちゃぶ台を囲んでの誕生会かと私も思いました。
同じテーブルに3時間いや10時までだから4時間、ありえないですね。
高貴なお方なら夕食に2~3時間
まだ話が盛り上がるのなら、場所を変えてお茶やお酒などを交えながらパーティを続けるのではと思っていました。
あのメンバーが中心だと気の利いた会話など無くくだらない話題をエンドレスに話ていたんでしょうね。
3時間過ぎで切り上げられる東宮ご夫妻は正しいと思います。
ご自分が仕切る前に、お暇された東宮ご夫妻に不満があり、女狐誘導に愚痴って、それから2時間近く、欠席裁判をしたのではないでしょうか?
ど庶民以下のそんな雰囲気を誘導したのは・・・ですよね。

一日中、お祝いに暮れた女王様はそんなお茶の間パーティがお気に入りなんでしょうか?
市井のお茶の間の方がもっと上品ですよ。
トルコ石 2011/11/14(Mon)08:30:43 編集
♠ 落とし穴
>ど庶民以下のそんな雰囲気を誘導したのは・・・ ですよね。

キコさん、5時間もニシャニシャ、イヒヒヒとやってたら顔の筋肉が過労死ですよ、またお直ししなくては。

雅子さまが病まれる前からこうだったんだろうなと思いました。
ど庶民以下の雰囲気で、さりげなく皇太子殿下と雅子さまを疎外していく。

今回は、皇后陛下もご自分の仕掛けた罠にはまって、陛下へのお気遣いが吹っ飛んでしまったのかしら。
キコさんは気づきません、雅子さまを出し抜くのに必要なら気づきますが。

11時のお開きまで、週刊誌の見出しを思い浮かべてはワクワクだったのでしょうか、みなさま。

シニカルマミー 2011/11/14(Mon)10:09:45 編集
♠ 無題
NONAME 2011/11/14(Mon)11:43:19 編集
♠ 皇后さまの晩餐会は
6時から10時ごろだったようです。
私の勘違いでご迷惑をおかけしたしたかと思いますが、訂正いたします。
トルコ石 2011/11/14(Mon)15:06:00 編集
♠ 無題
NONAME 2011/11/14(Mon)15:29:16 編集
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika