Admin / Write / Res
がんばれ東宮職!
[1]  [2]  [3]  [4
  

女性セブン3月8日号「天皇陛下心臓手術秘話」は、宮内庁から訂正命令が出たみたいですね。
 
「前回9年前の前立腺癌の手術の時には,皇室医務主管から診断をきく過程で,セカンドオピニオンを求めてもよいものかと尋ね,東大側がこれを受け入れて下さいました。今回は,永井東大病院教授が,手術の可能性を検討する段階で,すでに順天堂の天野教授にセカンドオピニオンを求めて下さっており,陛下や私はこれを求める必要はありませんでした。両大学病院の合同チームによる手術を陛下も私も納得しており,その後に私が外部の専門医に更に意見を求めるようなことがあれば,それは医師と患者側との関係を損なうばかりでなく,執刀医に対し礼を欠くことで,するべきではなく,私はしません。」と美智子皇后は言っておられるとか。

まぁ、いちいち週刊誌をチェックなさるとは、細かいことで(皇后ともあろうお方が、とゲンナリするぜ)。
セカンドオピニオンを求めるのは、庶民の間でも否定的に言われていることではなく、その上叩き記事でもないし、いちいち否定しなくちゃいけないことなんかね?
「外部の専門医に更に意見を求めるようなことがあれば,それは医師と患者側との関係を損なうばかりでなく,執刀医に対し礼を欠くことで,するべきではなく,」とまで言われては、庶民がセカンドオピニオンを求めにくくなるってこと、思わないのかしらん?

-------------------------------------------------------

この「お嬢さまと呼ばれたい!!」は、どうやら生まれついてのお嬢さまでなくても「お嬢さまになれますよ」のノウハウ本のようで、紀子さんが美智子さんの真似をするごとく、紀子さんの真似をすればいいですよ、という構成になっている。
それで、美智子さんが戦前の本物のお姫様の真似をしなかったことを「宮廷革命」と位置づけて、マンセーしているところを見ると、美智子さんこそ「元祖本物のお嬢さま」ということなんであろう。

美智子様には二つの大きなハンディがあった。ひとつは平民出身であること。もうひとつは聖心出身であること。かぞくと学習院だけの世界である皇室のなかで、この二つの点は”美智子妃イジメ”となってはねかえってきた。「可愛げがない」「平民出身のくせに宮中のしきたりに従わない」と事あるごとに女官や宮家の指弾にあい、「学習院でないから仕方がない」ともいわれたという。

私見ですが、美智子さんのお輿入れ近辺の写真は「可愛げがない」よw

美智子妃イジメは、お妃教育のときから始まったといわれる。
当時の皇室関係者が明かすことに、こんなことがある。
「お妃教育係になった松平信子さんは、秩父宮妃の母君で昭和天皇の義妹にあたる方。当時、松平さんは東宮職参与でしたが、女性は口が軽いからと最後まで皇太子妃に美智子様が決まったと知らされなかった。知らされたのは発表の3日ほど前で、そのとき松平さんは、当時の侍従や小泉信三さんに向かい、『責任はすべてあなた方にあるんですからね』と憤慨して、職を辞してしまったんです。
そんないきさつがあった方が美智子さまのお妃教育係になり、その方から、皇室のしきたりを学ばれたんですから、美智子さんの苦労は並大抵ではなかったんです。
皇太子妃になってからも、有名なエピソードに帽子事件があった。
「あるとき、高松宮妃殿下が美智子さまの帽子が曲がっていると、少し直して差し上げたところが、美智子様は、5分もたたないうちにそれを元通りに直してしまったので、高松宮妃殿下は『もう二度と、何も教えてあげない』と激怒されたんです」
美智子様は聡明な女性だった。そして聡明な女性が常に持つ気の強さがあった。


なんかムチャクチャな文章です。
昭和天皇の義妹にあたる方が「皇室のしきたり」を教えてくれる係になったら、いくら嫌な人でも「しきたり」については、普通従うんでないかなぁ?
でも「平民出身のくせに宮中のしきたりに従わない」と言われたんだよね。
松平さんがウソを教えたとでも?
曲がっているからと帽子をなおしてくれた高松宮妃、でも美智子さんはすぐまた元に戻したんだよね。
高松宮妃が曲がってもいない帽子をわざと直すふりをして、よけいに曲げたとでも?
それを「美智子様は聡明な女性だった。そして聡明な女性が常に持つ気の強さがあった。」と褒めるのはどうかと思うけど。
美智子さんって何でも人を悪く取るのね、と普通は思っちゃうよ。
もっとも松平さんは「気に入らないからではすまされない、皇太子妃に恥をかかせるわけにはいかないから、必死でお教えしましたわよ」と語っておられるけれどね。

対極に香淳さまの帽子のエピソードがある。
ヨーロッパへ行かれることになった(香淳)皇后さま。出発前のご挨拶にやってきた帽子デザイナーの市瀬?さんにお会いになった。
よくお似合いになっていて嬉しかった、と同時に、似合っていると褒められた皇后さまも嬉しそうだったと。
そのデザイナーさん、「よくお似合いだけれども、この帽子はこの角度が一番美しく見えます」とちょっと微調整してさしあげたら、皇后さまはそれから出発までの数時間、ずっとそのままでいらしたそうだ。香淳さま、68歳。

さて、次、

ところがそこに突如起こったのが聖書騒動だった。
昭和37、38年のこと、常陸宮様がまだ義宮様の時代、
(中略)
この当時が、美智子さまの最もどん底の時代であった。葉山の御用邸にこもって物思いにふけり、一日中口もきかない日もあったといわれている。
しかし、美智子様は立ち直られる。旧態依然たるしきたりは、自分の力、自分の家族で変えていくしかない、と決意されたのだ。
まもなく、現在の皇太子浩宮さまが誕生すると、美智子さまの「宮廷改革」は着手された。
「皇位を継ぐ皇太子の誕生は美智子さまに勇気を与えたんです。皇后や直宮妃、女官という皇室の女の世界のなかで、やはり後継ぎに恵まれたということは、力関係を変えていきます」と、皇室関係者。


おいおい、いい加減だね。
昭和37~38年に聖書騒動があって、美智子さんは葉山にこもって、その後立ち直り、浩宮様が出来たので、力を取り戻し「宮廷改革」を自分の家族から始めた、ということになるけど、

浩宮様がお生まれになったのは昭和35年2月23日です。

この美智子さんが昭和天皇の前で土下座して謝ったという聖書事件は、橋本明が書いてるけど、昭和天皇は後に全否定されているんだよね。
「そんなことがあったことなども知らなかった、美智子を呼びつけて謝らせたことなどない」

ただ、

「皇位を継ぐ皇太子の誕生は美智子さまに勇気を与えたんです。皇后や直宮妃、女官という皇室の女の世界のなかで、やはり後継ぎに恵まれたということは、力関係を変えていきます」

これは、真実だと思うわ。
現に今、目の前で、女の子しかいない平成の皇太子妃イジメが繰り広げられてるから。
  

「お嬢さまと呼ばれたい!!3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて」

と言う本に、川島家の間取り図と納采の儀の時の見取り図が載っていたんだけど、実際の写真では、川嶋夫妻と紀子さんは壁を背中に立っていて、お台所やトイレを背中にしている本の図は、写真と合わない。
壁紙を張り替えたとあるけれども、実際の儀式が行われた壁は破れが目立つ。
どこを張り替えたんかね?
普通は、儀式の行われるところを綺麗にすると思うんだが。

まぁ、適当にかる~く信じられないことばっかり並べられている本(750円もするのに!)

一例をあげると

ロイヤル・ウェディングひと口知識
 ・紀子さんの婚礼道具は?
  美智子さまの場合、当時・正田家として役3千万円(いまになおすと約3億円)かかったといわれ、
  その量はトラック3台分。愛用品のグランドピアノと平形のピアノも含まれていた。
  これに対し、紀子さんは「美智子さま」ほどではないにしろ、それでも約1億円はかかるといわれる。


川島家は1億円も用意したんだ、信じられん。

あ、しっかり「香淳皇后さまの美智子さまイジメ」と、「美智子さまの紀子さんへの慈愛の心遣い」もちゃんと書いてありますw

自分では買わない本なので、なかなかおもしろいのですが(鳳凰様有難うございます)、川嶋紀子さんという人が何を意図してこのように持ち上げられていたのかと考えると、その後の秋篠宮家とマスコミの関係の片鱗が窺われヒジョーに興味深いです。
(秋篠宮家はウソついてでもマンセーされ、皇太子家はウソを捏造してまで叩かれる)

  

「愛子さまのお持ちもの」より。

この本に載っている「愛子さま」は、とっても可愛い。
週刊誌もこういう写真を選んでくれればいいのに、悪く書かないといけないからか、毎回とんでもない写真を持ってくるね。

これは皇后から渡された砂まみれの海藻をポイした頃かな?
たしか海藻はポイしたけど、皇后陛下の方へ手を伸ばして抱っこされたげだった。
こんな可愛い子をなんで抱いてあげないのか、また持たせようとして海藻を波打ち際で洗っている皇后を見ながらふと思った。

  

「皇室ご愛用 こだわり銘品図録」より

この器は案外有名だと思うんだけど。
茨城県の笠間へ皇太子ご夫妻がいらした時に、雅子妃殿下が購入されたと何かの報道があったように思う。
というのは、不肖この管理人婆もほどなく購入したから。
孫がいるわけではないが、ある日、一人でご飯を食べている時に、木地のお椀に渋めのお皿、おかずも茶色に突然嫌気がさした。
以来、自分だけ「ひよこの器」でご飯をいただいておりますw
三つの脚がついた小鉢がまた可愛いいんですよ。
  

深川製磁が拝命したようですね。
「官窯吉祥文様 お祝い揃え」だって。

「愛子さまのお持ちもの」より。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
HN:
1/3管理人
性別:
非公開
職業:
30代~50代の主婦
趣味:
ネット
自己紹介:
某掲示板で知り合って、メールをやりとりするようになった仲良し?人組です。
考え方はそれぞれですが、皇太子様御一家を陰ながら応援したい気持ちは一致しています。
ブログ内検索
バーコード
コメント
[10/16 NONAME]
[10/16 NONAME]
[10/14 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/10 NONAME]
[10/05 brubru]
[10/05 h]
[10/05 h]
[10/04 h]
[10/04 brubru]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/03 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 射手座]
[10/02 Oakley]
[10/02 射手座]
[10/01 h]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 射手座]
[10/01 h]
[09/30 NONAME]
[09/30 NONAME]
なう記事
(09/30)
(11/17)
(11/06)
(11/06)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/05)
(11/02)
(11/02)
(11/01)
(11/01)
(11/01)
(10/31)
(10/31)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
(10/30)
忍者カウンター

Copyright (c)Mrs Oakley Fisher の台所から All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika